パートナー連携セミナー
「プロダクトライン開発のバリアント管理について」
(オンライン開催)

2021年6月から11月にかけて、スパークスシステムズ ジャパンのパートナーと連携し、さまざまな情報を提供して参ります。弊社主催の第3弾は、富士設備工業株式会社様による「プロダクトライン開発のバリアント管理について」です。

ご参加にあたり、Enterprise Architectの購入有無・サポートの有効無効は問いません。ご興味のある方はぜひご参加ください!

「プロダクトライン開発のバリアント管理について」
現在の状態 現在、お申し込み受付中です。
日時 2021/9/28(火) 15:00〜16:00
会場Zoom Webinarを利用したオンライン開催
参加条件法人・企業に所属する方
(ただし、弊社製品の競合他社・競合製品を扱う会社・講演企業様の競合他社に所属の方は、参加をご遠慮ください。)
内容以下の「セミナー内容」欄をご覧ください。
参加費無料
主催スパークスシステムズ ジャパン株式会社
準備
  • Zoomに接続できる環境
  • スピーカーまたはヘッドホン (マイク・カメラは利用しません)
お申し込み お申し込みは、こちらからお願いします。

セミナー内容

「プロダクトライン開発のバリアント管理について」

プロダクトライン開発では、バリアント管理を通じて、製品系列で共有する資産を体系的に再利用します。これは派生開発で継続して行われる改善や工夫を、上手に情報管理して役立てるということです。そうすることで、複雑さが増大する製品開発を加速すると同時に、品質が改善され、トレーサビリティが高度に確保でき保守性も向上するなどの相乗効果も得られます。

このセミナーでは、プロダクトライン開発とバリアント管理について説明します。Enterprise Architectとバリアント管理ツールとの連携もデモで紹介します。既にプロダクトライン開発を知っていて現実的な実現方法を知りたい方だけでなく、プロダクトライン開発を知らない人もぜひご参加ください。派生製品の開発で、以下のような苦労をされていないでしょうか?

  • コードを再利用するつもりが、同じバグの対応を何度も繰り返すことに
  • ブランチとバージョンの組合せ爆発ですべてが複雑になり、メンテナンスも困難に
  • 顧客からのバックポート要求も多い
  • ...

プロダクトライン開発はこのような状況を改善する強力な支援となります。

(ご講演後、質疑応答の時間を設けます。当日、Zoom WebinarのQ&Aシステムにてご入力いただいたご質問にご回答いただきます。)

ご講演者

富士設備工業株式会社 代表取締役
浅野 義雄 様

備考

このセミナーの内容は録画されますが、参加者の皆様に関する情報は含まれません。

オンラインでのセミナー開催について

セミナーのオンライン開催のためのシステムとして「Zoom Webinar」を利用します。オンライン開催における追加情報は以下の通りです。

  • 参加にあたりZoomへのユーザー登録は不要です。
  • 参加者の方の音声での発言はできませんので、マイク・カメラは不要です。
    (ご質問はQ&A機能を利用し、文字で受け付けます。)
  • セミナーに参加する際には、接続先となるURLとパスコードが必要です。これらの情報は参加申し込みをした方に連絡します。

スパークスシステムズ ジャパン開催のEnterprise Architectに関する定期セミナーの場合には、所属組織の規則・制限などでZoomを利用することができない場合は出張セミナーの実施条件を満たせば、ご希望のツールを利用した個別開催が可能です。