Enterprise Architect 必要システム構成 (システム要件)

Enterprise Architect日本語版の必要システム構成は次の通りです。

Enterprise Architect バージョン 15.2

OS

  • Windows: 以下のいずれかのバージョンの日本語版Windows
    • Windows 7
    • Windows Server 2012 (R2含む)
    • Windows 8.1
    • Windows 10
    • Windows Server 2016
    • Windows Server 2019
  • Linux
  • MacOS X
    • Intel製CPUあるいはApple M1を搭載したマシン
    • MacOS 10.8以降
      • Wine 3.0以降あるいはCrossover Mac (最新の安定版の利用を推奨)
      • MacOS Catalinaで利用する場合、CrossOver Mac 19.0以降が必須です。Wineは利用できません。
      • MacOS Big Surで利用する場合、CrossOver Mac 20.0.2以降が必須です。Wineは利用できません。
    • インストール手順はヘルプページをご覧ください。Youtubeに、MacOS Catalinaで利用する場合のインストール手順の動画も掲載しています。(14分29秒・音声あり・Big Surの場合も手順は同じです。)

OSによらない共通の条件

  • Core i5か、同等以上の性能を持つCPUを推奨
  • 2GByte以上のRAM
  • 1GByte以上の記憶装置の利用可能領域 (SSDを推奨)
  • 1280x768以上の解像度のディスプレイ (1920x1080以上の解像度のディスプレイを推奨)

フローティングライセンス ライセンスサーバ・ライセンスマネージャ バージョン2.3.4

  • 以下のいずれかのバージョンの日本語版Windows
    • Windows 7
    • Windows Server 2012 (R2含む)
    • Windows 8.1
    • Windows 10
    • Windows Server 2016
    • Windows Server 2019
  • 10MB程度の記憶装置の利用可能領域

注意・補足事項

  • 利用するOSには、それぞれ、最新のサービスパックやアップデートを適用してください。
  • それぞれのOSについての対応履歴につきましては、よくある質問(FAQ):インストール・アップデートについて「それぞれのOSについて、対応履歴を教えて下さい」をご覧ください。
  • Enterprise Architectおよびライセンスサーバ・ライセンスマネージャは32ビットアプリケーションです。64ビット版Windows環境ではWOW64上で動作します。
  • 下記プラットフォームでの、上記対応OSでの利用も製品サポートの対象に含まれます。
    • Hyper-V・VMWareのゲストOS
    • Amazon Web Services・Microsoft Azureのインスタンス
  • インストールにはAdministratorsの権限が必要です。