sparx logo
Pro Cloud Server

Proクラウドサーバは、作成したモデルを多くの人の間で共有し、モデルの内容についてディスカッション・レビューを効率的に実施できるようになります。

Proクラウドサーバは、次のいくつかのコンポーネントで構成されています。

機能拡張されたクラウドサーバ
クラウドサーバは、Enterprise Architectのプロジェクトを外部のサーバに配置し、ネットワーク経由で複数人で共有するための仕組みです。無料で利用できるクラウドサーバの機能に加えて、Restful OSLCに対応します。
WebEA
WebEAを利用すると、クラウドサーバで管理されているEnterprise Architectのプロジェクトの内容をWebブラウザで参照し、コメントなどを追加できます。
その他の追加機能
上記のコンポーネントの他、「拡張フローティングライセンス」「エンタープライズライセンス」「行レベルセキュリティ」の機能を利用するためのコンポーネントが含まれます。

このページでは、それぞれのコンポーネントの概要とメリットについて紹介します。

Floating license Server Row level locking WebEA
Webコラボレーション

WebEA

WebEAは、クラウド上のリポジトリ(プロジェクト)に格納されている内容の最新情報を、スマートフォン・タブレット・パソコンのWebブラウザで参照するための仕組みです。

WebEAの位置づけ

WebEAはEnterprise Architectの利用範囲や使い方を拡張するための仕組みであり、Enterprise Architectを代替・置換するものではありません。Enterprise Architectで作成したモデルを場所と端末にとらわれずに参照し、コメントなどを追加することができます。

モデルの作成やダイアグラムの編集には、Enterprise Architect コーポレート版あるいはEnterprise Architect Suiteが必要です。
WebEAの説明の動画を見る(英語)

主な特徴:

  • 作成したモデル全体を簡単に関係者と共有できます。
  • 関係者は、常に最新の内容をWebブラウザで確認可能となり、モデルの参照・レビューができます。
  • Webブラウザからは問題点・テスト項目や要求・ユースケースなどの要素の作成も可能です。
  • モデルの作成者は、レビューの結果を基にモデルを修正します。修正結果はリアルタイムにWebからの参照が可能です。
  • ウォッチリスト機能で、モデル内の変更点の把握も容易です。

要素の作成

Webブラウザからは既存の要素に対して問題点・テスト項目・作業(タスク)などの項目を追加したり、要求・ユースケースなどの要素の作成が可能です。こうした機能を通して、モデルの作成者にレビュー結果やコメントをフィードバックできます。

変更点の把握

ウォッチ機能を利用すると、モデル内の変更の個数やその内容を把握できます。ウォッチする対象はカスタマイズ可能です。ウオッチの結果は、機能の実行時点でのモデルの内容に対してリアルタイムに確認した結果となり常に最新情報を得ることができます。

デバイスに依存しない

Webブラウザで表示される内容は、スマートフォンやタブレットからの利用も考慮しています。パソコンからの利用ではない場合でも、モデルの内容を効率的に参照することができます。

モデルの探索支援

表示している内容のプロジェクトブラウザ内の位置や、過去に表示した内容の履歴を参照できます。これにより、上位の内容や既に見た内容などに容易に移動できます。

ディスカッションとレビュー

それぞれの要素に対するコメントなどは「ディスカッション」として参照・追加できます。ディスカッションはEnterprise Architectのサブウィンドウとしても表示可能であり、Enterprise Architectからの利用者とWebEAを通した利用者との間でのやりとりを行うことができます。

Webブラウザでの表示例

スマートフォンでの表示例

WebEA: サンプル


URL: http://cloud.sparxsystems.jp/WebEA/
プロジェクトの選択: Proクラウドサーバ サンプル

タブレットでの表示例

WebEAの説明とデモ(英語)

技術的な背景

Proクラウドサーバは、社内ネットワーク(イントラネット)でもパブリッククラウド環境でも配置できます。

拡張予定機能 (詳細は後日掲載)

拡張フローティングライセンス

Proクラウドサーバにライセンスサーバも結合され、複数の拠点からのEnterprise Architectの利用の管理が容易になります。

エンタープライズライセンス

エンタープライズライセンスは500人から10万人規模でのEnterprise Architectの利用を想定したライセンスです。

複数のProクラウドサーバでのモデル管理や、一元化されたライセンスサーバで、大規模な環境での利用を支援します。

行レベルセキュリティ

今までのクラウドサーバやDBMSリポジトリでのモデル共有では、プロジェクトを利用可能な人はプロジェクト内のモデルの全ての内容を参照することができます。Proクラウドサーバで提供される行レベルセキュリティ(Row-Level Security)の機能を利用すれば、モデルの一部の情報については権限がある人のみが参照できるように設定することができます。権限がない利用者は、バックエンドDBの直接アクセス(SQLの実行)でも権限がない情報を参照することはできません。

行レベルセキュリティはリポジトリとして利用するDBMSとして、OracleかSQLServerを利用することが必要です。

エディション

Proクラウドサーバには以下の3つのエディションがあります。

エディション名作成可能なプロジェクト数作成可能なプロジェクトの形式
(Proクラウドサーバのバックエンドに配置するプロジェクト)
スモールビジネス版3プロジェクトまでファイル形式のみ (FEAPファイル)
チームサーバ版5プロジェクトまで制限なし
エンタープライズサーバ版制限なし制限なし

全エディションで共通の内容

  • PCやスマートフォンなどのWebブラウザから参照可能な人数には制限はありません。
  • ご購入後、1年間動作する年間ライセンスです。継続利用する場合、ライセンスを再購入する必要があります。
    (1年間経過後は利用できなくなります。)
  • 1台のサーバに複数のライセンスを設定することはできません。
  • Proクラウドサーバから利用するプロジェクトとして、EAPファイルは利用できません。既存のEAPファイルの内容を継続利用したい場合には、その内容をFEAPファイルかDBMSリポジトリに転送して利用します。
  • Enterprise ArchitectからProクラウドサーバのプロジェクトに接続する場合(プロジェクトを編集する場合)には、別途Enterprise Architectコーポレート版あるいはEnterprise Architect Suiteのライセンスが必要です。

製品体系見直しのため、Proクラウドサーバの販売は一時的に中止しています。2017年10月中に再開予定です。

必要システム構成

ProクラウドサーバおよびProクラウドサーバ設定ツールは、Windowsのサービスとして常駐し動作します。Proクラウドサーバの必要システム構成はEnterprise Architectと同じです。

WebEAの必要システム構成は以下の通りです。下記条件を満たす環境であれば、Proクラウドサーバと同じマシンで動作させることもできます。

  • PHP 5.0以降が利用可能なWebサーバ (Apache か IIS)
    (XAMPPのバージョン7.1.1に含まれるApacheおよびPHPで動作確認済み)
  • Proクラウドサーバと通信できること
  • 各利用者は、HTML5 / CSS3に対応したWebブラウザが必要です。WebブラウザでJavaScriptが動作する必要があります。
評価版

ProクラウドサーバおよびWebEAを評価するには、以下のいずれかの方法があります。なお、いずれの方法も、Enterprise Architectをご購入済みで、サポートが有効な方が対象です。

  • スパークスシステムズ ジャパンが用意する環境での評価
    • 評価にあたり、ProクラウドサーバおよびWebEAのインストールは不要です。
    • 評価期間の制限は原則としてありません。
    • 評価を希望の他のお客様と共通の環境となります。
    • モデルの編集には、Enterprise Architectコーポレート版あるいはEnterprise Architect Suiteの各エディションが必要です。
    • Enterprise Architectを起動する環境から、HTTPで評価用サーバまで通信ができることが必要です。
  • お客様ご自身で用意する環境での評価
    • 評価期間は30日です。評価開始日から30日間で利用可能なキーをお渡しします。
    • 評価期間の延長はできません。また、お客様番号ごとに1回のみご評価可能ですので、まずは上記の弊社環境を利用した評価を行うことをおすすめします。
    • 評価のためのキーを開発元より入手する必要があるため、すぐに評価することはできない可能性があります。
    • モデルの編集には、Enterprise Architectコーポレート版あるいはEnterprise Architect Suiteの各エディションが必要です。

評価をご希望の方あるいはご質問のある方は、サポート窓口にお問い合わせください