サポート更新・再開について

スパークスシステムズジャパン製品のサポート(保守)サービスの更新・再開についてご案内いたします。サポートの内容はこちらをご覧ください
(LemonTreeについてはこちらをご覧ください。)

サポートの更新・再開とは

  • 製品の新規購入時には、12ヶ月間のサポートが含まれています。
  • サポート期間が終了するまでにサポート費用をお支払いいただくことで、さらに12ヶ月間のサポートを受けることができるようになります。サポートを継続せず、終了することもできます。
  • サポート期間の計算は月単位で行い、常に月末が終了日となります。
    • サポートが有効な期間中にサポート更新を行った場合には、現在有効なサポート期間の終了日の翌日から12ヶ月となります。
      (サポートが途切れることなく継続できます。)
    • 中断後のサポート再開の場合には、サポート期間は再開した月を含めて月単位で12ヶ月ですので、実質的には12ヶ月未満になります。
  • サポート期間の終了の2ヶ月前になりましたらサポート更新を行うことができます。
    (例: 2016年9月末でサポートが終了する場合、2016年8月1日からサポート更新を行うことができます。)
  • サポートを終了後に再開することもできます。ただし、サポートが終了してから3年が経過しますと、サポートを再開することはできません。3年経過後にサポートが必要となる場合には、新規にライセンスを購入し直す必要があります。

ご購入の全てのライセンスのサポートを延長せずサポートを終了した場合には、そのライセンスは継続して利用することができます。ご購入のライセンスの一部のみをサポート更新する場合、サポート更新しないライセンスを継続して利用することはできません。

サポート更新方法の概要

  • サポート期間(保守期間)が終了するお客様には、サポート期間が満了する月の前月初め頃(終了2ヶ月前)と、満了する20日前頃にメールを送付いたします。
    (パッケージ購入されたお客様は、必ずパッケージのユーザー登録を行ってください。サポート期間満了をお知らせするメールを送付できません。)
  • サポートの更新をご希望されないお客様は、特にお手続きや、弊社へのご連絡は必要ありません。自動的にサポート終了となります。
  • 更新の手続きは、弊社から直接更新を行う方法(ダイレクト購入)と、流通を通して更新を行う方法(パッケージ購入)があり、更新費用やお見積もりの依頼先が異なります。両者のサポート更新方法の比較は、こちらからご覧ください
  • 利用していないライセンスがある場合や、追加でライセンスを購入している場合のサポート更新については、こちらをご覧ください
  • サポート更新を行うと、更新後のサポート期間に対応する新しいサポートIDが発行されますので、新しいサポートIDをご利用ください。
    • パッケージ購入の場合(流通を通してサポート更新を行う場合)には、納品される書面にしたがってお手続きを実行すると、新しいサポートIDを発行します。
    • 一部の製品は、新しいサポート期間に対応したライセンスキーが発行されます。そのライセンスキーをご利用下さい。
  • システムエンジニアリング版およびビジネスモデリング版は、ユニファイド版としてのサポート更新となります。
  • デスクトップ版は、プロフェッショナル版としてのサポート更新となります。

サポート更新費用について

サポート更新費用は、ダイレクト購入(弊社から直接サポート更新を行う場合)とパッケージ購入(流通を通してサポート更新を行う場合)で異なります。サポート更新方法の詳細は、こちらをご覧ください。

サポート更新方法 サポート費用
弊社から直接サポート更新を行う場合
(ダイレクト購入)
「ダイレクト購入 価格一覧表」に製品ごとに掲載
(それぞれの製品ごとの表の最下段に掲載してあります)


サポート更新のお見積もりのご依頼
流通を通してサポート更新を行う場合
(パッケージ購入)
対応する製品の「サポート更新」製品を、ライセンス数分ご購入下さい。価格はオープン価格です(流通経路等により異なります)。

※:更新に関する書類パッケージの送付費用および流通を通すことによる諸費用により、弊社から直接更新するダイレクト購入の価格とは異なります。
お見積もりおよび発注につきましては、お取引のある流通業者様に直接お問い合わせください。

サポート更新例

2017年の4月末日でサポートの有効期間が満了する場合で説明します。

2017年の3月1日から2017年の4月末日までに更新した場合 (継続更新)
サポートが有効な期間中に更新した場合には、現在のサポート終了日の翌日が開始日となり12ヶ月の延長となります。この例では、2017年5月1日から2018年の4月末日まで、12ヶ月の延長となります。

2017年5月1日以降に更新した場合 (中断後、期間を空けて再開)
この場合には、ご入金のあった日を含む月単位で12ヶ月のサポート期間となります。月単位の計算となりますので、5月1日のご入金でも5月31日のご入金でも、2018年4月末日までのサポート期間となります。つまり、「最大12ヶ月」となりますので、継続の場合と比較するとサポートの対象期間は短くなります。

よくある質問

こちらのページをご覧ください