サポート更新・再開

スパークスシステムズジャパン製品のサポート(保守)サービスの更新・再開についてご案内いたします。

  • LemonTreeの永続ライセンスのサポート更新・再開は、LemonTreeサポート更新・再開をご覧ください。
  • 一部の製品は年間ライセンスです。年間ライセンスのサポート(保守)の更新・再開はありません。年間ライセンスを継続利用の場合、ライセンスを再購入してください。

サポートの更新・再開の概要

  • 製品の新規購入時には、12ヶ月間の標準サポート(以下、サポート)が含まれています。
  • サポート期間の計算は月単位で行い、常に月末が終了日となります。
  • サポート期間の終了の2ヶ月前になりましたらサポート更新の購入が可能です。
    (例: 2020年9月末でサポート期間が終了する場合、2020年8月1日からサポート更新の購入が可能です。)
  • サポート期間が終了する月の前月初め頃(終了の約2ヶ月前)と、終了する約20日前頃にライセンス管理者宛にメールを送付いたします。
  • サポートの延長は原則として12ヶ月単位となります。12ヶ月よりも短い期間の延長はできません。
  • 追加購入している場合で異なるサポート期間のライセンスがある場合は、「サポート期間の異なるライセンスのサポート更新」の内容もご覧ください。
  • 利用していないライセンスがある場合に限り、購入したライセンスの一部のみのサポート更新が可能です。
  • 海外での購入など、スパークスシステムズ ジャパン以外が発行したライセンスはスパークスシステムズ ジャパンでは更新できません。

サポートを更新する場合

  1. 下記「サポート更新・再開方法」をご覧になり、ご利用中の製品・本数に合致するようにサポート更新製品のお見積もりをご依頼ください。
  2. ダイレクト購入の場合には、代金を指定口座にお振り込みください。パッケージ購入の場合には、発注後に納品される書面に従ってお手続きを行ってください。サポートが更新され、新しいサポートIDをメールにて発行します。

サポート更新後のサポート期間は、下記「更新後のサポート期間の計算例」をご覧ください。

サポートを終了する場合

  • サポートを終了する(継続しない・更新しない)場合は、弊社へのご連絡やお手続きは必要ありません。サポート期間終了日の翌日に、自動的にサポート終了となります。
  • サポートを終了するとサポートに含まれる内容は利用できません。特に以下の点にご注意ください。
    • インストーラの再ダウンロードはできません。(過去のバージョンも含む)
    • ライセンスキーやアクティベーションコードの再発行はできません。
    • 動作期間限定アドインは動作しなくなります。
    サポートを更新しない場合には、サポートが有効な期間内にライセンスキー・アクティベーションコード・インストーラを取得し保持してください。
  • ご購入の全てのライセンスのサポートを延長せずサポートを終了した場合には、そのライセンスは継続して利用できます。
  • サポート期間の異なるライセンスがある場合、最初にサポートが終了した翌日に、他のサポートIDは一時停止状態となります。

終了したサポートの再開

  • サポートを終了した場合でも、後日再開できます。終了から3年以内かどうかで再開費用が変わります。
    • 終了から3年未満であれば、サポートを継続する場合と同様のサポート更新製品・費用となります
    • 終了から3年以上経過している場合には、「サポート再開(3年経過後)」製品で再開できます。
  • 再開する場合、再開日から月単位で12ヶ月間のサポート期間となります。サポート終了日に遡っての期間計算・請求ではありません。下記「更新後のサポート期間の計算例」もご覧ください。

サポート更新・再開方法

更新・再開の手続きは、ダイレクト購入パッケージ購入があり、更新費用やお見積もりの依頼先が異なります。両者のサポート更新方法の比較は、こちらからご覧ください

サポート更新方法 サポート費用
ダイレクト購入 価格は「ダイレクト購入 価格一覧表」に掲載しています。
サポート更新のお見積もりのご依頼はこちらのページよりお願いします。
パッケージ購入 対応する製品の「サポート更新」製品あるいは「サポート再開(3年経過後)」製品を、ライセンス数分ご購入下さい。価格はオープン価格です。お見積もりおよび発注につきましては、お取引のあるソフトウェアの流通業者様に直接お問い合わせください。

※:更新に関する書類の送付費用および流通を通すことによる諸費用により、ダイレクト購入の価格とは異なります。発注日と納品日の間は60日以内となります。

更新後のサポート期間の計算例

2021年の4月末日でサポート期間が終了する場合で説明します。

継続更新: 2021年の4月末日までに更新した場合

サポートが有効な期間中に更新した場合には、現在のサポート終了日の翌日が開始日となり12ヶ月の延長となります。この例では、2021年5月1日から2022年の4月末日まで、12ヶ月の延長となります。

中断後の再開: 2021年5月1日以降に更新(再開)した場合

中断後の再開の場合は、ご入金のあった日(パッケージ購入では、書類に従って登録した日)を含む月単位で12ヶ月のサポート期間となります。月単位の計算となりますので、5月1日のご入金でも5月31日のご入金でも2021年5月〜2022年4月の12ヶ月分となり、2022年4月末日までのサポート期間となります。つまり、「最大12ヶ月」となりますので、継続の場合と比較するとサポート期間は短くなります。

よくある質問

こちらのページをご覧ください