ご購入ライセンスの一部のサポート更新・再開

サポートを更新する場合には、原則として購入した全てのライセンスのサポートを更新する必要があります。ご購入されたライセンスのうち、利用していないライセンスがある場合に限り、利用しているライセンスのみをサポート更新できます。

  • ライセンスが利用可能な状態にある場合には、実際の利用の有無にかかわらず「利用しているライセンス」と見なします。利用していないことが一部更新の前提条件となりますので、サポート更新しないライセンスはお見積もりご依頼前に利用不可能な状態にしなければなりません。
    • スタンダードライセンスおよびアカデミックライセンスの場合には、お見積もりご依頼前によくある質問「ライセンスキーを別のマシンに移す方法は?」に記載の手順を実行することで、完全に削除し利用不可能な状態にしてください。
    • フローティングライセンスの場合、お見積もりご依頼前にライセンスサーバからサポート更新しないライセンスキーを削除し利用不可能な状態にしてください。
    • 完全に削除し利用不可能の状態になったかどうかが明示的に示されていない場合には、メールにて確認いたします。
  • 今後サポート更新しないライセンスについて、サポートが有効な期間中は使いたい場合には、そのライセンスが利用可能な状態にありますので、一部更新の前提条件を満たしません。そのため、お見積もりの発行はできません。サポートが有効な期間が終了し、更新しないライセンスを利用不可能な状態にしてからお見積もりをご依頼ください。
  • 事務手続きの都合などであっても、一部更新の条件を満たしていない状態でのお見積もりの発行はできません。
  • サポートを更新するかどうかの判断は、お客様番号単位となります。購入したライセンスを分割し、一部はサポート更新し、残りは更新せずにそのまま利用することはできません。利用しているのであれば「全てサポート更新して利用」「全てサポート更新せずに利用」のいずれかをご選択ください。

利用不可能となったライセンスの扱い

サポート更新しなかった、利用不可能なライセンスの扱いは以下の通りです。

  • ライセンスの使用権は失われます。サポートを再開せずに利用することはできません。
  • 他のライセンス管理者に移管することはできません。
  • サポートを再開することでのみ再度利用可能となりますが、再開後のサポート期間は、一部更新したライセンスのサポート期間に揃います。
    • 例えば、5ライセンスのうち3ライセンスを一部更新し、更新後のサポート期間が2020年4月末とします。その後、例えば1年以内にサポートを再開する場合、サポート期間は更新したライセンスと同じ2020年4月末となります。
    • サポート費用は常に1年分となり、利用していなかった期間の割引・減額はありません。
      (上の例で2020年3月に残りのライセンスを再開した場合、サポート期間は約1ヶ月ですが、費用は1年分の請求となります。)
    • 使用権が失われてから3年が経過すると、サポートの再開はできません。その結果、そのライセンスは永続的に利用不可能になります。

上記の説明内容をまとめたのが、下の図になります。

サポート費用を払わずに、かつ購入した全てのライセンスを継続利用したい場合には、サポートの一部更新は行わず、全てのライセンスのサポートを終了させてください。

使用許諾契約に関する注意事項

利用不可能となったライセンスを、サポートを再開せずに利用することは使用許諾契約違反になり、サポートを継続したライセンスを含めて全てのライセンスの使用権を恒久的に失います。製品を継続利用するためには、全ライセンスを再度新規購入しなければなりませんので、決して行わないようにして下さい。

購入手続きについて

一部更新の場合には、ライセンス管理者様より、販売窓口宛に「利用しないライセンスを削除した」旨を明確にご表明いただく必要がございます。「利用していません」「利用しません」のような削除したかどうかが不明瞭の表現の場合には、再度確認いたします。明確な表明にご協力お願いします。

  • ダイレクト購入(直販)でサポートの一部更新をご希望の場合には、利用しないライセンスを使用不可能な状態にした後に、継続利用するライセンスキーを事前に販売担当にご連絡ください
  • パッケージ購入(流通経由)でサポートの一部更新をご希望のお客様は、利用しないライセンスを使用不可能な状態にした後に、サポート更新する本数分の「サポート更新」製品をご手配下さい。サポート更新のための書類が納品された後、書類の内容に従って登録する際に、継続利用するライセンスキーをお知らせください。この時点で継続利用しないキーについて削除済みかどうか確認いたしますので、ご回答をお願いします。ライセンス管理者様より弊社窓口への直接の回答が必要です。