よくある質問(FAQ):Enterprise Architect サポートの更新

  1. サポート期間終了後にも製品を使えますか?
  2. サポート期間終了後に再開できますか?
  3. 使っていないライセンスの分をサポート更新しないことは可能ですか?
  4. 複数のライセンスを購入していますが、1ライセンスだけサポート更新して、インストーラのダウンロードやサポートの質問を集約しようと思います。このような方法は可能ですか?
  5. パッケージ購入の製品をダイレクト購入で更新(あるいはその逆)はできますか?
  6. サポート費用のボリュームディスカウント(割引)はありますか?
  7. 1年未満のサポート期間や1年より長いサポート期間を設定できますか?
  8. サポート期間中にアップグレードしたのですが、サポート期間と価格はどうなりますか?
  9. アカデミックライセンスを持っているのですが、サポートの更新時には(卒業などで)その権利を失ってしまいました。サポートの更新はできますか?
  10. デスクトップ版・システムエンジニアリング版・ビジネスモデリング版のサポート更新製品が見つかりません・ありません
  11. サポート再開で、再開日を指定できますか?

関連する、他のページのよくある質問の項目

サポート期間終了後にも製品を使えますか?
原則として、スパークスシステムズジャパンの製品はいわゆる「買い切り」の製品(期限なく動作する製品)です。サポートが終了した後も、サポートが有効な期間内に入手したインストーラ・ライセンスキー・アクティベーションコードはそのまま利用できます。
(LemonTreeの年間ユーザライセンスおよびProクラウドサーバは1年間のみ動作するライセンスです。)
ただし、サポートの一部更新で「使用不可」となったライセンスにつきましては、サポートを再開しない限り利用できません。
サポートが終了しますと、サポートに含まれる内容の利用はできません。特に、サポートに含まれる以下の内容が利用できなくなる点にご注意ください。
  • 製品インストーラのダウンロード
  • ライセンスキーの再発行
  • アクティベーションコードの取得
  • サポートが有効な期間内のみ動作する無料アドインの利用
サポート期間終了後に再開できますか?
サポート終了後3年以内であれば、再開可能です。ダイレクト購入でのサポート再開の場合は、こちらのページより情報を入力し、見積もり依頼を送信して下さい。
サポート再開にあたり、サポート終了日時点まで遡っての費用請求はございません。いつ再開する場合でも1年分の費用となります。
サポート終了から3年が経過したライセンスは、サポートの再開はできません。下記内容をご確認ください。
  • 例えば、2016年7月末までサポートが有効であった場合には、2019年7月末の弊社最終営業日が最終の再開可能日となります。
  • ダイレクト購入の場合には、月末の弊社最終営業日までにサポート再開費用の全額のご入金を弊社が確認することが必要です。
  • パッケージ購入の場合には、月末の弊社最終営業日までに納品される書面に従ってお手続きを行うことが必要です。
  • 3年が経過した後に、最新バージョンの利用などサポートが必要になる場合には、新規に製品をご購入ください。
使っていないライセンスの分をサポート更新しないことは可能ですか?
製品を利用していない場合には、一部のみのサポート更新が可能です。詳細はサポート期間の異なるライセンスの更新・ライセンスの一部更新についてのページをご覧下さい。
ただし、サポートの一部更新の結果「使用不可」となったライセンスにつきましては、サポートを再開しない限り利用できません。
複数のライセンスを購入していますが、1ライセンスだけサポート更新して、インストーラのダウンロードやサポートの質問を集約しようと思います。このような方法は可能ですか?
サポートを更新する際には、利用しているライセンスの全てをサポート更新しなければなりません。また、サポートが終了したライセンスに対して、サポートが有効なライセンスのサポートIDで得られる権利(ダウンロードや問い合わせ)を流用することは、製品の使用許諾契約で禁止されています。絶対に行わないで下さい。
パッケージ購入の製品をダイレクト購入で更新(あるいはその逆)はできますか?
はい、可能です。いずれの場合でも、お客様番号と電子メールアドレスが一致すれば、ご都合の良い方法で更新可能です。
サポート費用のボリュームディスカウント(割引)はありますか?
原則としてありません。1ライセンスあたりの単価x本数 となります。
1年未満のサポート期間や1年より長いサポート期間を設定できますか?
1年未満のサポート期間にはできません。1年以上の場合、年単位で5年までは一括でサポート延長が可能です。複数年のサポート更新の場合でも割引はありません。
サポート期間中にアップグレードしたのですが、サポート期間と価格はどうなりますか?
アップグレードではサポート期間は変更されません。例えば、4月に新規にプロフェッショナル版を購入し、8月にアップグレードした場合、サポート期間は翌年の4月末のままで変更されません。
なお、サポート期間中にアップグレードした場合、次回更新時のサポート費用はアップグレード後のものになります。つまり、プロフェッショナル版をご購入後にコーポレート版にアップグレードした場合、次回更新時のサポート費用はコーポレート版の費用となります。
アカデミックライセンスを持っているのですが、サポートの更新時には(卒業などで)その権利を失ってしまいました。サポートの更新はできますか?
できません。アカデミックライセンスについてのページの「アカデミックライセンスの注意事項」をご覧下さい
デスクトップ版・システムエンジニアリング版・ビジネスモデリング版のサポート更新製品が見つかりません・ありません
デスクトップ版は、プロフェッショナル版としてのサポート更新となります。プロフェッショナル版のサポート更新をご購入ください。
システムエンジニアリング版およびビジネスモデリング版は、ユニファイド版としてのサポート更新となります。ユニファイド版のサポート更新をご購入ください。
サポート再開で、再開日を指定できますか?
指定できません。ダイレクト購入の場合には、ご入金を弊社が確認した日が基準で計算されます。パッケージ購入(流通経由)で「サポート更新コード」を入手した場合には、書面に記載された条件で再開日が決まります。