Enterprise Architect
カスタマイズ事例を通して得られる価値の共有セミナー
(オンライン開催)

Enterprise Architectではさまざまなカスタマイズを行い、独自の機能や記法を追加することができます。具体的なカスタマイズ例について、実際にカスタマイズを実施した2名の方にご講演いただきます。

その一方で、「なぜカスタマイズをするのか」という観点で見てみると、その背景には標準機能では実現できない目的があり、カスタマイズの結果得られる価値があります。当初は、カスタマイズに着目したセミナーを考えていましたが、ご講演いただけるお二人に話を聞くと、その背景にある目的や価値がとても興味深いものであることがわかりました。そこで、Enterprise Architectのカスタマイズの内容だけではない、ご参加の方に役立つ情報や価値を共有するセミナーとして開催します。

Enterprise Architect カスタマイズ事例を通して得られる価値の共有セミナー
現在の状態 現在、お申し込み受付中です。
日時 2020/12/11(金) 14:00〜15:30
会場Web会議ツール「GoToMeeting」を利用したオンライン開催
参加条件 どなたでもご参加いただけます。
(Enterprise Architect購入の有無・サポートの有効/無効は問いません)
参加費無料
主催スパークスシステムズ ジャパン株式会社
お申し込み お申し込みは、以下のいずれかからお願いします。 どちらか片方のみにお申し込みください。

プログラム

  1. 14:00〜14:05 (5分)
    ご挨拶・セミナー内容紹介
    スパークスシステムズ ジャパン株式会社
    河野岳史

    このセミナーの内容や実施の背景・お願い事項などを紹介いたします。

  2. 14:05〜14:35 (30分)
    「勇者の物語」を作るためのカスタマイズ
    〜ストーリーチェーンという記法を Enterprise Architect で実現するまでの体験〜

    橋口 永様

    ゲームのストーリー作りのために考え出された記述法「ストーリーチェーン」。手法自体はシンプルなものの、紙の管理ではコストがかさんでしまう傾向にありました。
    そこで「ストーリーチェーン」を効果的に管理できるようEnterprise Architectをカスタマイズ。その過程で体験したことや、コンシューマー向け製品への「ストーリーチェーン」の応用方法を発表します。

    (発表者プロフィール)
    普段は製造業の社内SEに従事。個人では「サチナシ」名義でゲーム制作を行っている。
    ストーリーを主軸に据えた作品を作るため、あらすじ作りの大家、ぴこ山ぴこ蔵氏に師事。
    Enterprise Architect 向けにカスタマイズした物語の記法「ストーリーチェーン」は今回初めての公表となる。

  3. 14:35〜15:05 (30分)
    アドイン開発で「”脱”人海戦術」
    自動化による効率改善で開発現場が活気付くEnterprise Architect活用とアドイン開発

    中村 晋一郎様

    本セミナーでは、C#を使ったEnterprise Architectアドイン開発の具体的な方法について解説します。
    正規表現色付けアドインの開発者が実際にアドインを開発する上で最初に実現した内容にも触れ、これからアドインをこれから開発してみたい方に向けたヒントを共有します。

    (発表者プロフィール)
    2002年より業務用ビデオ機器メーカーに勤務。電気設計技術者として入社し、ファームウェア設計実装 + ソフトウェア設計実装に転身。
    企画、要件分析、要件定義、仕様策定、設計、実装、検証、納品、保守などさまざまな業務に携わる。

  4. 15:05〜15:10 (5分)
    Enterprise Architectのカスタマイズ概要
    スパークスシステムズ ジャパン株式会社
    河野岳史

    Enterprise Architectではさまざまなカスタマイズができます。どのようなカスタマイズができるか、概要を紹介します。
    (次の質疑応答のための質問記入時間を兼ねています。)

  5. 15:10〜(最大)15:30 (20分)
    質疑応答
    セミナー中にいただいたご質問に回答いたします。質問が尽きたらセミナー終了となります。質問が多い場合でも15時30分に終了となります。

オンラインでのセミナー開催について

弊社では、セミナーのオンライン開催に向けていくつかのWeb会議システムを試し、性能・品質(特に音質)・講師と参加者の操作面において比較検討した結果、現時点では「GoToMeeting」を選定しました。「GoToMeeting」は、Enterprise Architectの開発元であるSparx Systemsも利用しているシステムです。

 

オンライン開催における追加情報は以下の通りです。

  • 参加にあたりGoToMeetingへのユーザー登録は不要です。
  • Windowsの場合、原則としてセミナー参加用のクライアントアプリケーションをダウンロードする必要があります。ご利用にあたり、管理者権限は不要です。
    • GoToMeetingの使い方の手順書はこちらからダウンロードできます。
    • ダウンロードは、セミナー参加の流れの中で自動的に行われます。
    • GoToMeetingはMacOS・Chromeブラウザ・スマートフォン等(Android/iOS)でも動作します。
      (GoToMeetingの利用マニュアルはWindows環境・Android環境・Chromeブラウザについて説明しています。)
  • 参加者の方の音声での発言はできませんので、マイク・カメラは不要です。
    (ご質問はチャット機能を利用し、文字で受け付けます。)
  • セミナーに参加する際には、接続先となるURLとパスワードが必要です。これらの情報は参加申し込みをした方に連絡します。
  • 会社の環境などでGoToMeetingが利用できるかどうか不明の場合には、事前に接続テストを行うことができます。接続テストについてはこちらのページをご覧ください
  • 企業内からの利用など、ネットワーク環境によっては、セミナー開催時のパスワードを入力後にセミナーの内容が表示されない場合があるようです。この場合には、ご利用の環境のネットワーク管理者様に、GoToMeetingの動画に関する通信を遮断しないよう、ご依頼ください。