スパークスシステムズ ジャパンのサポートIDについて

  • 製品のご購入やサポート登録について、お客様ごとに一意のお客様番号(数値6桁)を発行しております。
  • 製品の購入・サポート更新・アップグレードのサポートの期間ごとに、サポートID(数値4桁-数値5桁)を発行いたします。
  • サポートIDは、そのサポートIDに対応する製品のライセンスおよびライセンスの管理者の方のメールアドレスと結びつけられています。

お客様番号とサポートIDの間には、次の図のような関係があります。

サポートIDを利用する場面

スパークスシステムズ ジャパンのサポートIDは次の場面で利用します。

  1. 製品に関する問い合わせ・機能追加要望などのご連絡・セミナーへのご参加
  2. アクティベーションコードの取得
  3. 現在サポートが有効なライセンスの確認
    現在サポートが有効な製品・ライセンス数・有効期限の情報を参照できます。また、製品インストーラーのダウンロードリンクも利用できます。
  4. インストーラー等のダウンロード
    製品の最新版インストーラ・5年以内にリリースされた過去のバージョンのインストーラやサポートユーザー専用の追加ツール・無料アドインなどのダウンロードを行うことができます。
  5. 登録メールアドレス・法人名義の場合のご担当者の変更
    メールアドレスが変更になる場合・および法人名義の場合でご担当者が変わる場合には、このページからご連絡ください。

サポート期間が終了した場合には、サポートIDは利用できなくなります。サポートを更新すると新しいサポートIDを発行いたしますので、新しいサポートIDをご利用ください。なお、サポートが終了した場合でも、以下の点は引き続き可能です。
(ご購入のライセンスの一部のみをサポート更新した場合には、サポート更新しなかったライセンスは使用権を失いますので、下記の内容は適用されません。)

  • インストール済みの製品は継続して利用できます。
    (サポート期間中のみ動作する無料アドインは、サポート期間終了後は動作しなくなります。)
  • サポートIDが有効な期間中にダウンロードしたインストーラについては、サポート期間が終了した後もそのサポートIDと結びついたライセンスキーを利用して製品をインストールすることができます。

Enterprise Architectのサポート期間が終了しサポートIDが利用できなくなった際には、そのEnterprise Architectと組み合わせて利用しているアドイン製品についても、製品に関する問い合わせ・機能追加要望などのご連絡はできません。

注意事項

  • サポートへのお問い合わせが可能な方の人数や弊社セミナールームで実施するセミナーへの参加可能人数は、サポートIDに結びつくライセンスの本数までとなります。
    (フローティングライセンスの場合でも同様です。)
  • サポートIDは、対応する製品ライセンスと結びついています。以下のような行為は使用許諾違反となり、製品の使用権を失う(継続利用したい場合には、新規に購入し直す必要がある)のでご注意下さい。
    (下記「サポートの有効・無効が混在している場合のサポートIDの利用について」もご覧ください。)
    • 購入したライセンスの一部のみをサポート更新し、そのサポートIDでダウンロードしたインストーラをサポート更新しないライセンスで利用すること
      (サポートの一部更新は、製品を利用していない場合のみ可能です。)
    • サポートが有効なライセンスで得たサポートに含まれる内容を、サポートが終了したライセンスで利用できるようにすること
    • サポートが終了したライセンスを利用している方が、サポートが有効な方が得たサポートに含まれる内容を利用すること
  • 一部のアドイン製品についてはサポートIDは発行しません。お問い合わせの際には、そのアドイン製品と組み合わせて利用しているEnterprise ArchitectのサポートIDをお知らせください。
  • 関係会社・協力会社など製品を購入した会社以外に所属する方は、「ライセンスを他の人に貸すこと(貸与・貸出)はできますか? 」に記載の条件を満たす場合にがライセンスを利用することが可能です。そのような場合に製品を購入した会社以外に所属する方がサポートIDを利用して質問する場合には、「複数ライセンスを購入している場合に、それぞれのメンバーがサポートへ問い合わせすることはできますか? 」に記載の手順にてサポートにお問い合わせください。

サポートIDの一時停止

以下の状況に合致する場合には、サポートIDの一時停止となる場合があります。一時停止になりますと、サポート期間中であってもサポートIDは利用できません。

  • ライセンス管理者として登録されている方のメールアドレスへのメール送信がエラーとなった場合
    (問題となる状況を解消後、「パスワードの初期化」を行うことで再度有効となります。)
  • ライセンス管理者を変更後、新しいライセンス管理者の方がサポートIDの有効化を行っていない場合
    (ライセンス管理者の変更完了のメールに、有効化のためのお手続きを記載しています。)
  • サポートの一部更新などで使用禁止となっているライセンスを使用している場合や使用許諾違反となる利用があるなど、適切ではない利用があると弊社が判断した場合

サポートIDが利用できない状況で理由や原因が分からない場合には、ライセンス管理者の方が弊社サポート窓口にお問い合わせください。

サポートIDを忘れた場合

サポートIDがわからない場合には、ライセンスの管理者の方からサポートにお問い合わせ下さい

パスワードを忘れた場合

サポートIDのパスワードは、弊社からも確認できない形で記録しています。もし忘れてしまった場合には再発行することができます

サポートの有効・無効が混在している場合のサポートIDの利用について

このページの説明にもありますように、ライセンスキーとサポートIDは結びついています。自分が利用するライセンスキーに紐付くサポートID以外のサポートIDを利用・流用することはできません。

1つの組織において製品を複数回に分けて購入した場合には、サポートの有効・無効が組織内で混在する場合があります。具体的には以下のような状況が該当します。

  • 2017年4月に3ライセンスを購入 (2018年4月末までサポートが有効)
  • 2017年8月に2ライセンスを追加購入 (追加購入分は、2018年8月末までサポートが有効)
  • 2018年4月末の時点で、最初に購入したライセンスのサポートは継続していない

上記のような状況では、2018年5月から8月末までの間は、サポートの有効・無効が混在します。その結果として、上記「注意事項」に記載した使用許諾契約違反となる行為が発生しやすくなりますので注意が必要です。

製品を継続利用するのであれば、利用している全てのライセンスのサポートを継続することをご検討ください。また、意図せず使用許諾契約違反とならないためには、サポートの有効・無効が混在する期間中はサポートを利用しないこともご検討ください。
(サポート窓口にご連絡いただければ、全てのサポートを停止し、使用許諾契約違反となる行為ができないようにすることも可能です。)

スタンダードライセンスの場合

ご自身がご利用になっているライセンスキーに対応するサポートIDのみをご利用ください。サポートの有効・無効が混在している場合に、同じ部署の方が有効なサポートIDで質問した内容やダウンロードしたインストーラ等を共有することは使用許諾契約違反となりますので、こうした行為がないようにしてください。

フローティングライセンスの場合

フローティングライセンスの場合は、空いているライセンスを取得・利用するため、利用者がライセンスを選択することはできません。そのため、サポートの有効・無効が混在している状況では、サポートが有効かどうかが確実ではありません。結果的に、利用者が使用許諾契約違反を防ぐ方法がないため、サポート窓口をご利用いただくことはできません。

サポートが必要であれば、全てのサポートを有効にすることをご検討ください。

あるいは、サポートの有効・無効が混在している期間中は、サポートが終了しているライセンスをライセンスサーバから一時的に削除することで、サポート窓口をご利用いただけます。この場合には、全てのライセンスのサポートが終了した時点で、一時的に削除したライセンスキーを再びライセンスサーバに登録し直して継続利用できます。