よくある質問(FAQ):Enterprise Architectの操作について

  1. 特定のリボン・メニューの項目が見つからない(存在しない)・機能が実行できない
  2. ダイアグラムをコピーしたいのですが、プロジェクトブラウザからコピーすることができない
  3. クラス間で属性や操作をコピーしたい
  4. 「指定された種類の接続と対象要素の関係が、規約に沿っていません」のメッセージを回避したい
  5. ダイアグラムの要素を削除してもプロジェクトブラウザに要素が残る
  6. 属性や操作の並べ替えができない(アルファベット順に自動的に並んでしまう)
  7. 名前などのプロパティを変更するとすぐに保存され、Undoできない
  8. 起動や動作の速度を改善したい
  9. Enterprise Architectの利用中に不正終了する(クラッシュする・落ちる)
特定のリボン・メニューの項目が見つからない(存在しない)・機能が実行できない
Enterprise Architectでは、リボンやコンテキストメニューについて、どの内容を表示するか(利用できるようにするか)を自由にカスタマイズすることができます。
Enterprise Architectを起動し、「ホーム」リボン内の「画面構成」パネルにある「設定」ボタンを押し、「ワークスペースとメニュー項目」を選択します。表示される画面の「メニュー項目定義」タブを選択してください。左側の一覧から「全てのメニュー」を選択してOKボタンを押すと、全てのコンテキストメニューの項目が表示されるようになります。また、同じ画面の「リボンの表示設定」タブで、リボンやパネルの表示の有無を設定できます。
ダイアグラムをコピーしたいのですが、プロジェクトブラウザからコピーすることができない
以下の手順でコピーできます。
  1. プロジェクトブラウザで対象のダイアグラムを選択する
  2. 右クリックしてコンテキストメニューを表示させ、「コピー・貼り付け」→「ダイアグラムのコピー」を選択する
  3. コピー先のパッケージを選択して、同様にコンテキストメニューから「コピー・貼り付け」→「ダイアグラムの貼り付け」を選択する
クラス間で属性や操作をコピーしたい
クラス間で属性やコピーを操作する場合には、まずコピー先になるクラスが含まれるダイアグラムを表示します。
その後、プロジェクトブラウザからコピーする要素や操作を選択して、そのままダイアグラム内のコピー先のクラスにドラッグ&ドロップします。これで、コピー先のクラスに属性や操作が追加されます。
(プロジェクトブラウザ内でドラッグ&ドロップした場合には、属性や操作の移動になります。)
「指定された種類の接続と対象要素の関係が、規約に沿っていません」のメッセージを回避したい
接続を要素間に作成したときに、「指定された種類の接続と対象要素の関係が、規約に沿っていません」というダイアログが表示されることがあります。これは、UML・BPMN・SysMLの規約に沿っていない(Enterprise Architectが想定していない)要素間に接続を設定した場合に表示されます。
作成するダイアグラムによっては、そういった「間違い」を無視して、意図したダイアグラムを作成したい場合もあると思います。このような場合には、「ホーム」リボン内の「オプション」パネルにある「ユーザー」でユーザーのオプションダイアログを表示させ、「接続」グループ内の「作成時に文法をチェックする」のチェックを外してください。このチェックが外れている状態では、接続の作成時にチェックは行いません。
ダイアグラムの要素を削除してもプロジェクトブラウザに要素が残る
ダイアグラムの要素を削除してもプロジェクトブラウザに要素が残る挙動は、Enterprise Architectとして意図した動作です。これは、要素とダイアグラムは一対一で利用されるものではなく、ひとつの要素がいろいろなダイアグラムで利用できるからです。
なお、ダイアグラム上の要素に対して、モデル全体から完全に削除する必要のある場合には、プロジェクトブラウザ内で対象の要素を右クリックして完全削除を実行するか、対象の要素(複数も可能)を選択した後、Ctrlキーを押しながらDeleteキーを押してください。
属性や操作の並べ替えができない(アルファベット順に自動的に並んでしまう)
属性や操作は、既定値でアルファベット順に自動整列します。自由に並べ替えたい場合には、ユーザーオプションダイアログの「要素」グループにある「属性・操作を文字コード(アルファベット)順にソート」の設定を変更してください。
名前などのプロパティを変更するとすぐに保存され、Undoできない
Enterprise Architectは、もともとチームでの設計開発を前提としたツールです。ですので、プロジェクトファイルをネットワークドライブに配置するだけで、モデルの共有が可能です。
一方で、「個人で絵を描くためのツール」とは異なる点があります。その1つがUndoです。例えば名前などの要素のプロパティを変えた場合にはUndoしません。また、変更は即時に保存されます。人によっては、この点に違和感を感じる方もいらっしゃいます。
Enterprise Architectでは、「モデル」についての変更はUndo不可能で、また即時に変更が保存されます。一方で、「ビュー」についての変更はUndo可能であり、保存ボタンを押すまで保存は保留されます。この違いについて説明します。
  • モデル: Enterprise Architectでは、プロジェクトブラウザに格納されている情報が該当します。つまり、要素の存在や要素の名前などのプロパティは、モデルに該当します。モデルは、複数人数での設計開発において「チーム全体の共有物」として考えています。
  • ビュー: Enterprise Architectでは、ダイアグラムが該当します。ダイアグラムは、モデル(の一部)について、ある観点で表現したものと言えます。ダイアグラムは、複数人数での設計開発においても、個人ごとに作業を行う場所と位置づけています。
実際に、Enterprise Architectでは、ダイアグラムは一人のみが変更可能であるのに対し、モデルは複数人で同時に編集することができます。そして、ダイアグラム内の要素についての操作はUndo(元に戻す)が可能になっています。
仮に、モデルへの変更がUndo(元に戻す)が可能であったり、あるいは明示的に「保存」しないと反映されない動作の場合には、例えば、「ある人が要素を削除したが、その削除を保留している状態で別の人がその要素を利用してしまい、削除が後から実行されることで、別の人の作業結果が失われる」などの問題が発生します。
Enterprise Architectは、チームでの設計開発での利用に重点を置いた製品のため、モデル(共有物)については即時に変更が反映され、また容易にUndo(元に戻す)ができないほうがよいと考えています。
起動や動作の速度を改善したい
Enterprise Architectの起動速度や動作速度は、以下の2点が大きく影響します。
  • ハードディスクの読み込み速度
  • グラフィックの描画性能 (図を開く際および編集時)
そのため、例えばハードディスクではなくSSDを利用することで、起動や動作速度を改善できます。その他、以下の設定を変更することで、速度が改善できる場合があります。
  • 「アドイン・拡張」リボン内の「アドイン」パネルにある「管理」ボタンを押し、不要なアドインを無効にする
  • 「アドイン・拡張」リボン内の「MDGテクノロジー」パネルにある「管理」ボタンを押し、利用していない記法をチェックを外す
  • 「ホーム」リボン内の「オプション」パネルにある「ユーザー」ボタンを押すと表示されるユーザーのオプションダイアログで、以下の変更を行う
    • 「全般」グループ内の「プロジェクトの読み込み方法」を「起動時に全て読み込み」に設定すると、ファイルを開く時間は長くなりますが、作業中の動作速度は改善します。
    • 「ダイアグラム」グループ内の「ダイアグラムのラベルの不透明表示」にチェックを入れる
    • 「ダイアグラム」グループ内の「ツールチップ」の「表示する」のチェックを外す
    • 「グラデーションと背景」グループ内のグラデーションの処理を全て無効にする
    • 「書式設定」グループ内の「描画処理」の項目を変更する (どの項目が最適かは、マシンによって変わります)
    • 「書式設定」グループ内の「要素名を太文字」「要素に影を表示」「テキストを縮小して表示」「要素の角を丸める」のチェックを外す
  • 既存のEAP/EAPXファイルに対して、以下の操作を行う
    • 「プロジェクト」リボン内の「ツール」パネルにある「管理」ボタンを押し、「EAP/EAPXファイルの管理」→「EAP/EAPXファイルの圧縮」でファイルサイズを削減する
    • 「プロジェクト」リボン内の「ツール」パネルにある「管理」ボタンを押し、「EAP/EAPXファイルの管理」→「インデックスの更新」でファイルの操作速度を改善させる
  • Enterprise Architectのインストール時に選択できる「日本語文字列解析」の機能をインストールしないようにする
    (この機能を有効にすると、要素などのノートに記載されている内容を、表示するたびに解析します。特に、ノートサブウィンドウを表示している場合には、画面内で要素などを選択するたびに解析処理を実行しますので、動作速度に大きく影響します。「用語集」の機能を利用しない場合には不要ですので、インストールしないことを強くお勧めします。)
Enterprise Architectの利用中に不正終了する(クラッシュする・落ちる)
時々、サポート宛に、Enterprise Architectを利用中に不正終了するというご報告をいただきます。もしこうしたことがある場合には、以下の内容を見直してください。その上で、問題が解決しないようであれば、サポートにご連絡ください。
  • 最初に見直すべきポイント
    • 過去のバージョン・ビルドにおいて、さまざまな状況で不正終了するバグが存在しました。最新版では修正済みであることが考えられますので、最新バージョン・ビルドを利用し、問題が発生しないかどうか確認してください。
    • Enterprise Architect本体ではなく、アドインが原因で不正終了する場合が多くあります。以下の方法で全てのアドインを無効にして、問題が発生しないかどうか確認してください。
      1. 「アドイン・拡張」リボン内の「アドイン」パネルにある「管理」ボタンを押す
      2. 全てのアドインの「起動時に読み込み」のチェックを外し、「OK」ボタンを押す
      3. Enterprise Architectを再起動する
      この方法で問題が発生しなくなる場合には、アドインを1つずつ有効にして動作を確認することで、どのアドインが原因かを確認してください。
      (該当アドインが弊社作成のアドインである場合には、お手数をおかけしますがサポートにご報告くださいますようお願いします。)
    • インストール時に「日本語文字列解析」の機能を有効にするようにしている場合には、この日本語文字列解析のために利用しているChasenライブラリの関係で、利用中に不正終了する場合があります。「日本語文字列解析」の機能を無効にして問題が発生しないかどうか確認してください。
      (関連情報:ノートを編集しようとすると強制終了する。)
  • Enterprise Architectの起動中に不正終了する
    • Enterprise Architectの起動中に不正終了する場合の多くは、企業などで利用される資産管理ツール(従業員が不適切にツールをインストール・利用していないかどうかなどを確認するツール)・PC管理監視ツール・アンチウィルスツールが原因です。これらのツールを利用している場合には、可能な場合には、一時的に無効にした上で、問題が発生しないかどうか確認してください。
      (例: 突然Enterprise Architectが起動しなくなった)
    • 過去のバージョンのEnterprise Architectを利用していた環境では、過去のバージョンでの設定項目が影響していることが原因で不正終了する例もありました。この場合には、Enterprise Architectの設定情報を初期化することで、問題が解決できます。
      (関連情報:EA起動時のエラーについて)
  • 作業中に不正終了する
    • 上記「最初に見直すべきポイント」に記載した、アドインの問題および「日本語文字列解析」の設定について見直してください。
    • 常駐している他のツールが影響する場合もあります。この場合には、不正終了した場合のWindowsのログに、該当するツールのDLLの情報が含まれていることが多いため、サポートに情報をいただければツールを特定できる可能性があります。
      (例: Enterprise Architectの利用中に不正終了)