Enterprise Architect入門セミナー

これからEnterprise Architect(EA)をご利用される方を対象にした「Enterprise Architect入門セミナー」に関するページです。セミナーについて、何かご不明点などありましたら、こちらをご覧ください。

Enterprise Architect入門セミナー
現在の状態 現在、お申し込み受付中です。
日付 2017/9/5(火)
時間13:30-17:45
会場スパークスシステムズジャパン セミナールーム
(横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅より徒歩約2分)
参加条件サポートが有効なライセンスをお持ちの方
(ライセンス管理者でなくてもご参加いただけます。ご利用中のライセンスのサポートが有効かどうか分からない場合は、弊社でお調べいたします。)
対象これからEnterprise Architectを使用する方
内容以下の「セミナー内容」欄をご覧ください。
[注意] UML自体の説明や、設計開発のプロセスに関する内容は含まれません。ご了承ください。
参加費無料
持ち物特にお持ちいただくものはありません。
弊社でPCを用意しますのでノートPCをお持ちいただく必要はありません。セミナーの資料を入れるかばんなどがあればよいと思います。
定員6名
お申し込み お申し込みは、こちらからお願いします。

セミナー内容

「Enterprise Architect入門セミナー」

このセミナーでは、Enterprise Architect(EA)でモデリングを行うために必要となる基本的な操作や機能を紹介いたします。紹介する内容について、UMLのクラス図とシーケンス図を題材に、実際にPCで操作を行います。そのほか、EAを利用する利点やその利点に関連する機能の概要をご紹介いたします。

このセミナーではUMLの説明は行いません。このセミナーで必要となるUMLの記法はこちらのPDFファイルにまとめてあります

  • 第1部:モデリング基本操作ご紹介
    • EAの概要
    • 作図とモデリングの違い
    • EAの画面構成
    • クラス図を題材に基本操作の説明と演習
    • 覚えておくと便利な操作
    • [課題] 各自でクラス図を作成
    • シーケンス図を利用して操作演習
    • シーケンス図のさまざまな記述方法
    • [課題] 各自でシーケンス図を作成
    • クラス図とシーケンス図の連携方法
  • 第2部:EAの利点と機能ご紹介
    • チームでの設計開発
    • EAで利用できるさまざまな記法
    • ソースコード生成機能の概要
    • ドキュメント生成機能の概要
    • カスタマイズ

このセミナーではUMLを利用しますが、SysML・BPMNなど他の表記方法でも共通の基本的な操作方法を説明となります。利用する記法に限らない共通の基本的な使い方を知ることができます。

このセミナーを受講すべきかどうかの判断

下の図は、このセミナーの演習で作成するクラス図です。

この図の作成内容がわかり、1分〜2分程度で作成できる方であれば、この入門セミナーの内容は不要かも知れません。「Enterprise Architect 活用セミナー」の受講をご検討ください。

受講者の声

今までに受講いただいた方々のコメントをご紹介します。

  • UMLについて簡単な知識しか持っていなかったのですが、わかりやすく説明していただいたので、十分理解できました。
  • 入門セミナーの内容外の話も豊富に盛り込んで話していただいたので、長時間でしたが集中力を切らさずに受講できました。
  • 説明・デモ・操作・課題とも適量だと思います。充実したセミナーだったので、購入ライセンス数しか受講できない点が残念です。会社の皆にも聞かせたかった。
  • ツールの使い方次第で、様々な活用方法があることが分かった。
  • 少人数だったので、聞きたいことがあってもすぐに止めて聞ける点が良かったです。すぐに活用できる程度にEAの基礎が学べた事に満足でした。
  • EAを少しさわった事があり、これから本格的にクラス図とシーケンス図を使う状態に対して、ちょうど良い内容でした。少入力で作業を進める知識が最初に身に付きました。
  • 今までEAを十分に活用できていなかったと痛感しました。もっと活用していきたいと思います。クイックリンクやアドインは知っているといないでは作業効率がずいぶん違うと思いました。

オンライン受講について

このセミナーの内容について、オンライン聴講サービスで内容を聴講することもできます。こちらのリンクをクリックして、聴講できます
(Enterprise Architectの有効なサポートIDが必要です。)

なお、この内容は過去のセミナーの内容であり、現在弊社セミナールームで実施している内容とは異なります。セミナールームでのセミナーは、最新の内容を盛り込み、随時内容を改善しています。ぜひセミナールームでのセミナーをご受講下さい。