Enterprise Architect 続・入門セミナー (オンライン開催)

「Enterprise Architect 続・入門セミナー (オンライン開催)」に関するページです。セミナーについて、何かご不明点などありましたら、こちらをご覧ください。

Enterprise Architect 続・入門セミナー (オンライン開催)
現在の状態 現在、お申し込みの受付は行っていません。
(次回の開催は6月を予定しています。)
会場Web会議ツール「GoToMeeting」を利用したオンライン開催
参加条件 以下の条件をすべて満たす方
  • サポートが有効なライセンスをお持ちの方
    (ライセンス管理者でなくてもご参加いただけます。ご利用中のライセンスのサポートが有効かどうか分からない場合は、弊社でお調べいたします。)
  • Enterprise Architect 入門セミナー」に参加した方(オンライン受講も含む)
対象
  • シーケンス図を使用する方
  • Enterprise Architectの便利機能を知りたい方
内容以下の「セミナー内容」欄をご覧ください。
[注意] UML自体の説明や、設計開発のプロセスに関する内容は含まれません。ご了承ください。
参加費無料
準備
  • Enterprise Architectがインストールされ、インターネットに接続したパソコン
    (バージョン15.0以降・バージョン15.1ビルド1528を推奨)
  • スピーカーまたはヘッドホン
  • できる限り、2台のディスプレイ(表示装置)を使うことを推奨します。
    • 1台のPCに2台のディスプレイを接続し、セミナー画面とEAをそれぞれ表示する
    • 2台のPCを準備し、セミナー画面とEAをそれぞれ表示する
    • 1台のPCにプロジェクタを接続して複数画面とし、セミナー画面はプロジェクタで出力し、手元の画面でEAを操作する
    • 1台のPCにEAをインストールして操作し、タブレット・スマートフォンなどでセミナー画面を表示する
      (画面サイズが小さいと細かい操作が見えづらいかもしれません)
質疑応答チャットを利用 (音声で質問はできませんので、マイクは不要です)
募集人数10名程度の参加を想定しています。(上限人数はありません)
お申し込み 受け付けは終了しました。

セミナー内容

「Enterprise Architect 続・入門セミナー (オンライン開催)」

このセミナーでは、「Enterprise Architect 入門セミナー (オンライン開催)」では時間の関係で扱うことができなかったシーケンス図の操作と、Enterprise Architectの知っておくべき便利な機能を紹介します。紹介する内容について実際にPCで操作を行います。
(このセミナーは、弊社セミナールームで開催していた入門セミナーと活用セミナーの内容の一部を再構成したセミナーです。)

このセミナーでは「Enterprise Architect 入門セミナー (オンライン開催)」に含まれる基本的な操作方法の知識を前提とします。「Enterprise Architect 入門セミナー (オンライン開催)」を事前に受講してください。続けての受講をおすすめします。

 

  1. シーケンス図の演習
    • [演習] シーケンス図を利用して演習
    • シーケンス図のさまざまな記述方法
    • [演習] 各自でシーケンス図を作成
  2. より便利に利用するための機能ご紹介と演習
    • [演習] モデルブラウザとダイアグラムの関係把握
    • [演習] 図や要素のコピー
    • [演習] 検索の実行と、独自の検索ルールの定義
    • [演習] ダイアグラムフィルタで注目したい要素のみを表示
    • [演習] モデルの目次の作り方・他のダイアグラムへのリンク(ショートカット)
  3. 質疑応答

オンラインでのセミナー開催について

弊社では、セミナーのオンライン開催に向けていくつかのWeb会議システムを試し、性能・品質(特に音質)・講師と参加者の操作面において比較検討した結果、現時点では「GoToMeeting」を選定しました。「GoToMeeting」は、Enterprise Architectの開発元であるSparx Systemsも利用しているシステムです。

 

オンライン開催における追加情報は以下の通りです。

  • 参加にあたりGoToMeetingへのユーザー登録は不要です。
  • Windowsの場合、原則としてセミナー参加用のクライアントアプリケーションをダウンロードする必要があります。ご利用にあたり、管理者権限は不要です。
    • GoToMeetingの使い方の手順書はこちらからダウンロードできます。
    • ダウンロードは、セミナー参加の流れの中で自動的に行われます。
    • GoToMeetingはLinux・MacOS・Chromeブラウザ・スマートフォン・タブレットでも動作します。
      (GoToMeetingの利用マニュアルはWindows環境・Android環境のみ用意しています。)
  • 参加者の方の音声での発言はできませんので、マイクは不要です。
    (ご質問はチャット機能を利用し、文字で受け付けます。)
  • セミナーに参加する際には、接続先となるURLとパスワードが必要です。これらの情報は参加申し込みをした方に連絡します。
  • 会社の環境などでGoToMeetingのクライアントアプリケーションが利用できるかどうか不明な場合には、GoToMeetingが提供する事前ダウンロードサイトを開き、インストールが成功するかどうか確認できます。