スタンダードライセンスとフローティングライセンスの違い

ここでは、スタンダードライセンス(通常ライセンス・ノードロックライセンス)と、フローティングライセンスの違いについてご説明します。

ご注意: スタンダードライセンスとフローティングライセンスは、製品の機能については違いはありません。例えば、「Enterprise Architectコーポレート版 スタンダードライセンス」と「Enterprise Architectコーポレート版 フローティングライセンス」では、下記の利用形態の以外の、機能的な違いはありません。

スタンダードライセンス

スタンダードライセンスは、1ライセンスごとに特定の1名が割り当てられ、その1名が利用する1台のマシンの1つのOSにインストールし、利用することができます。さらに、その特定の1名の利用者のみが利用する別のマシン1台の1つのOSにもインストールし、排他的に利用することができます。ただし、同時に利用することはできません。排他的に(いずれか1つのみ)利用する必要があります。

スタンダードライセンスに割り当てられた人が異動・退社などで利用しなくなった場合には、そのスタンダードライセンスを別の利用者に移動して利用することができます。手順は、よくある質問「ライセンスキーを別のマシンに移す方法は?」をご覧下さい。

複数人が利用可能なマシンにEnterprise Architectをインストールする場合、そのマシンを利用することが技術的に可能である人数分のスタンダードライセンスが必要です。例えば、実際に利用する人数が3名でも、そのマシンを技術的に利用可能な人数が30名の場合(例えば部署全員が利用可能な共有マシンの場合など)には、30ライセンスが必要です。また、外部向け研修での利用など、利用者人数が確定しない場合にはスタンダードライセンスは利用できません。これらの状況では、フローティングライセンスをご利用ください。

なお、スタンダードライセンスの利用者を利用するごとに動的に変更し、結果的に複数人で共有する方法は使用許諾契約違反となります。スタンダードライセンスは、利用する1名ごとに1ライセンスをご購入ください。

フローティングライセンス

フローティングライセンスを利用する場合には、ライセンスの本数を超えるマシンにインストールすることもできます。そして、同時に利用する数が購入ライセンス数を超えない限り、自由に利用することができます。

例えば、フローティングライセンスを2本購入した場合を考えます。スタンダードライセンスの場合には特定の2名しかインストール利用できませんが、フローティングライセンスの場合には下の図のように2名を超える利用者がインストールできます。

そして、同時に購入したライセンス数(この例では2台)までのマシンで起動・利用できます。3台目からは起動することができませんので、他の人がライセンスを開放するのを待つ必要があります。Enterprise Architectを終了するとライセンスはライセンスサーバに戻され、他のマシンでEnterprise Architectを起動できるようになります。

フローティングライセンスを利用する場合には、「ライセンスサーバ」と呼ばれるサーバを設置する必要があります。Enterprise Architectの起動時に、ライセンスサーバとして指定したマシンに対してライセンスキーの取得処理を実行します。
(このライセンスサーバのプログラムは購入後に無料で利用できます。Windowsでのみ動作する、独自形式のプログラム(サービス)です。)

フローティングライセンス・ライセンスサーバの設定等の詳細は、「フローティングライセンス マニュアル」をご覧下さい。

トレーニング(研修)などで、不特定多数の利用者が利用する場合には、フローティングライセンスの利用が必要です。トレーニング(研修)を実施するマシンの台数分のフローティングライセンスをご購入ください。

どちらのライセンスを選択するべきか?

スタンダードライセンスとフローティングライセンスのうち、どちらを選択するか、という場合に材料となる指針を紹介します。

  • スタンダードライセンスの場合には、一人の利用者が占有するマシンについて、最大2台にインストールして排他利用できます。フローティングライセンスでは、2台以上のマシンにインストールし同時起動することもできますが、その際には利用するマシンの台数分のライセンスを利用することになります。
  • フローティングライセンスの場合には、起動時にライセンスサーバと通信ができる必要があります。ライセンスサーバに接続できない環境では、起動することができません。
  • フローティングライセンスは、スタンダードライセンスの1.5倍以上の価格になります。つまり、費用面でのメリットが出せるという観点では、利用する可能性のある人数が購入するフローティングライセンス数の倍以上というのが一つの目安になります。
    (いくつかの設計開発が並行で行われていて、利用する時期が時間的にずれる場合には、同時に利用する人数が限定されます。このような状況では、フローティングライセンスが効果を発揮します。)
  • フローティングライセンスがすべて利用されている状況では、製品を起動することができません。そのため、誰かがライセンスを開放するまでは作業ができません。ライセンスの価格とエンジニアのコスト(時給)を考えると、このような状況は「費用を削減したつもりが大きな無駄が発生している」状況と言えます。1日のうちの多くの時間にEnterprise Architectを起動する人に対しては、フローティングライセンスのメリットはほとんどありません。
  • フローティングライセンスがない製品・アドインもあります。

スタンダードライセンスを、設計開発の担当者など常時製品を利用する人数分購入し、それ以外の人の利用のために、必要数だけフローティングライセンスを購入することも一つの方法です。

複数製品・アドインのフローティングライセンスを組み合わせた場合の動作

フローティングライセンスのライセンスサーバには、例えばEnterprise ArchitectとMDG Intgration for SysMLアドインの両方のフローティングライセンスを登録し、利用することが可能です。どのアドインを利用するかどうかは、それぞれの利用者側の設定で決まります。
(「ホーム」リボン内の「ヘルプ」パネルにある「ライセンスの管理」ボタンを押すと表示される画面で、どの製品・アドインを利用するかを指定できます。)

例えば、Enterprise Architectのみを利用する設定のマシンでEnterprise Architectを起動した場合には、MDG Intgration for SysMLのライセンスは消費しません。Enterprise ArchitectとMDG Intgration for SysMLの両方を利用する設定のマシンでEnterprise Architectを起動した場合には、起動時に両方のライセンスを取得します。同様に、RaQuestを「取得する」設定にしてある場合には、RaQuestを起動しない場合でも、Enterprise Architectを起動するとRaQuestのフローティングライセンスも取得します。

このように、アドイン製品については、どのアドインを利用するか、それぞれの利用者のEnterprise Architectの設定によって決まります。

スタンダードライセンスとフローティングライセンスを組み合わせた場合の動作

Enterprise Architectと、そのアドイン製品については、スタンダードライセンスとフローティングライセンスを組み合わせて利用することもできます。それぞれの場合の動作は次の通りです。

Enterprise Architectのスタンダードライセンス + アドイン製品のフローティングライセンス

Enterprise Architectはスタンダードライセンスなので、常に起動・利用することができます。アドイン製品のフローティングライセンスが取得できない場合には、そのアドインの機能は無効になります。例えば、「MDG Technology for SysML」のフローティングライセンスが取得できない場合には、Enterprise Architectは起動できますがSysMLのモデリングができない状態となります。

Enterprise Architectのフローティングライセンス + アドイン製品のスタンダードライセンス

Enterprise Architectのフローティングライセンスが取得できない場合、Enterprise Architectを起動することができません。そのため、アドイン製品のスタンダードライセンスが登録されている場合でも、そのアドイン製品は利用できません。