拡張マトリックスアドイン

拡張マトリックスアドインを利用すると、さまざまな条件で、パッケージ内やダイアグラム上の要素間の関係を確認することができます。また、要素がどのダイアグラムに配置されているかの確認をすることもできます。

特徴

Enterprise Architect標準の関係マトリックス機能では実現できない、以下のような表示・機能が含まれます。

  • ソース(縦軸)のパッケージ・要素をツリー表示します。
  • 要素がどのダイアグラムに配置されているかを確認できます。
  • ダイアグラムを指定してダイアグラムに配置されている要素を表示対象にできます。
  • 結果表示後にソース(縦軸)・ターゲット(横軸)のダイアグラム名や要素名をダブルクリックすると
    該当ダイアグラムを開いたり(かつ、要素を選択状態にする)、プロジェクトブラウザの該当要素を選択状態にします。
  • 条件指定したい要素・接続の種類をiniファイルで追加・削除・並べ替えすることができます。
  • Excel・Word・Htmlなどにファイル出力できます。


起動方法

アドインをインストール後、プロジェクトを開いている状態で「アドイン・拡張」リボン内の「アドインメニュー」パネルにある「拡張マトリックス」ボタンを押し、拡張マトリックスアドインの画面を開いてください。

アドインのダウンロードは、アドインのインストール・利用方法をご覧ください。


操作説明

この画面で以下のように表示条件を指定します。

ソース(縦軸)
@ 検索対象(パッケージorダイアグラム)を指定します。クリックすると参照画面が表示されます。
  パッケージ指定時は"P"、ダイアグラム指定時は"D"が先頭に表示されます。
A 表示対象(要素orダイアグラム)を指定します。クリックすると表示が替わります。
B 表示したい要素の種類を指定します。(Aが要素の場合のみ有効、複数指定可)

ターゲット(横軸)
C 検索対象(パッケージorダイアグラム)を指定します。クリックすると参照画面が表示されます。
  パッケージ指定時は"P"、ダイアグラム指定時は"D"が先頭に表示されます。
D 表示対象(要素orダイアグラム)を指定します。クリックすると表示が替わります。
E 表示したい要素の種類を指定します。(Dが要素の場合のみ有効、複数指定可)

F 接続の種類を指定します。(ADが要素の場合のみ有効)
G 接続の方向を指定します。(ADが要素の場合のみ有効)

H 既存プロファイルを読み込み、@〜Gに反映します。
I @〜Gの内容でマトリックスを表示します。
J マトリックス内で編集した接続情報をモデルに保存します。
K オプション
 ・出力:表示されているマトリックスの内容をファイル出力します。
 ・プロファイル:@〜Gの内容のプロファイルを作成したり、既存プロファイルの更新・削除をします。
 ・オプション:検索対象の子パッケージを含むかどうかを指定します。


結果表示

表示可能な条件が指定されると自動的に以下のように検索結果がマトリックスで表示されます。表示条件を変更すると、変更した表示条件の検索結果が表示されます。また、表示更新ボタンをクリックすると検索結果を最新情報に更新します。以下に表示例をご紹介します。


<表示例> パッケージ内とダイアグラム上の要素間の関係


接続の追加・削除
接続の追加・削除をしたい場合は、上記画面の対象セルをダブルクリックします。追加時は矢印アイコンが表示され、削除時は矢印アイコンが消えます。作業が終了したら保存ボタンをクリックするとモデルに保存されます。

ダイアグラム・要素へジャンプ
ソース・ターゲットのダイアグラム・要素をダブルクリックすると、対象ダイアグラムを開いたり、ダイアグラム上あるいはプロジェクトブラウザ上の対象要素を選択状態にします。


<表示例> パッケージ内とパッケージ内の要素間の関係


<表示例> 要素がどのダイアグラムに配置されているかの関係


下図のように分類子としての利用状況を確認することもできます。


<表示例> パッケージを要素として表示

パッケージの行・列には集計値が表示されますが、下図のようにパッケージを要素として表示したり、接続の追加・削除をすることもできます。

上図のようにパッケージを要素として表示したい場合、iniファイルの編集が必要です。編集方法につきましてはこちらをご確認ください。


ツリーの展開・折りたたみ

ツリーの展開・折りたたみは下図のようにツリーのコンテキストメニュー(右クリック)からもできます。


オプション設定

下記オプションを設定することもできます。この設定はEA終了後も保持されます。


 主な設定内容
 ・子パッケージを含む
 ・要素の名前順に表示する
 ・要素を別名で表示する
 ・関係の個数で条件指定し、行・列を色づけする
 ・表示更新ボタンクリック時のみ表示更新する


要素・接続の種類の追加・削除・並べ替え

初期状態では、表示条件として選択できる要素・接続の種類は、既定のUMLの種類のみとなります。選択できる要素・接続の種類はすべてiniファイルで設定されており、このアドインをインストールすると初期状態のiniファイルとして、Enterprise Architectのインストールフォルダに MatrixEX_Default.ini が配置されます。MatrixEX_Default.iniの内容は以下のようになっています。



お客様自身でiniファイルを作成することで、要素・接続の種類の追加・削除・並べ替えを行なうことができます。
作成手順としては、MatrixEX_Default.ini をコピーして別のiniファイルを作成して、要素・接続の種類の追加・削除・並べ替えを行ない、そのiniファイルを所定の場所に配置します。iniファイルの仕様・配置については以下をご確認ください。

  • 1行に1つの要素・接続の種類を設定します。
  • 設定内容はカンマ区切りで "要素"or"接続", 表示名, 要素や接続の種類, ステレオタイプ となります。
  • 要素や接続の種類は、APIと同様に英語名で指定する必要があります。
    指定する文字列につきましては、要素の種類の文字列(サイト下部の「要素の種類名」)、接続の種類の文字列をご確認ください。
  • iniファイル名は MatrixEX_*.ini(*は任意の文字列)として、ドキュメントフォルダ(例: C:\Users\<ユーザー名>\Documents)に配置します。
  • Enterprise Architectを起動したときにドキュメントフォルダにiniファイルがあれば、そのiniファイルの内容が画面の要素・接続の種類に反映されます。ドキュメントフォルダにiniファイルがなければ、Enterprise Architectのインストールフォルダにある MatrixEX_Default.ini の内容が反映されます。
  • Enterprise Architectのインストールフォルダにある MatrixEX_Default.ini はアドインのインストール時に常に上書きされます。お客様自身でiniファイルを作成するときは必ず上記所定場所にiniファイルを配置してください。
  • iniファイルは複数でも構いません。iniファイル名の昇順で、iniファイル内の先頭行から順番に画面の要素・接続の種類に表示されます。
  • 要素・接続の種類の検索はiniファイルに記載された種類のみとなります。画面で「(すべてを選択)」を指定した場合、画面の要素・接続の種類にリスト表示されている種類すべて、という意味になります。リスト表示されていない種類は検索対象となりませんのでご注意ください。
  • パッケージを要素として表示したい場合は、ダウンロードファイルのsampleフォルダにある MatrixEX_Sample.ini に書かれている要素のパッケージの行を、読み込み対象となるiniファイルにコピー&ペーストしてください。尚、この変更を行なっても画面の要素の種類にパッケージは表示されませんのでご注意ください。


また、既定のUMLの種類以外を追加する場合のサンプルとして、ダウンロードファイルのsampleフォルダにある MatrixEX_Sample.ini にUSDMのサンプルがあります。


アドインのインストール・利用方法

このアドインを利用するには、以下のリンクからアドインのファイルをダウンロードして下さい。
addin_MatrixEX.zip (バージョン1.0.2) (2019/05/16更新)

インストール方法はこちらをご覧下さい。このアドインは、Enterprise Architect14.0 ビルド1420以降で動作します。これより古いバージョン・ビルドでは動作しません。ご利用の前にダウンロードファイルに含まれる Readme を必ずご確認ください。


リリースメモ

こちらをご覧下さい。


特記事項

  • このアドインは、サポートが有効な期間中のみ無料でダウンロード・利用できます。