拡張マトリックスアドイン

(アドインのダウンロードはこちら、リリースメモはこちら


拡張マトリックスアドインを利用すると、さまざまな条件で、パッケージ内やダイアグラム上の要素間の関係を確認できます。また、要素が配置されているダイアグラムや、要素の分類子と要素内に配置されている要素の関係を確認できます。




ここでは以下の内容についてご紹介します。

特徴

Enterprise Architect標準の関係マトリックス機能では実現できない、以下のような表示・機能が含まれます。

  • ソース(縦軸)をツリー表示
  • 要素が配置されているダイアグラムの確認 ※表示例はこちら
  • 要素の分類子と要素内に配置されている要素の関係を表示 ※表示例はこちら
  • 2接続先の要素の関係を表示 ※表示例はこちら
  • 検索対象としてダイアグラムを指定
  • 要素の検索条件として、名前・ステレオタイプ・タグ付き値を指定
  • 要素・接続の種類を複数指定
  • ソース(縦軸)・ターゲット(横軸)の表示項目から、該当パッケージ・要素・ダイアグラムへジャンプ
  • 条件指定による行・列の色付け
  • 条件指定したい要素・接続・ダイアグラムの種類をiniファイルで追加・削除・並べ替え
  • Excel・Word(rtf)・Htmlなどのファイル出力


起動方法

アドインをインストール後、プロジェクトを開いている状態で「アドイン・拡張」リボン内の「アドインメニュー」パネルにある「拡張マトリックス」をクリックすると、拡張マトリックス画面が表示されます。

アドインのダウンロードにつきましてはこちらをご覧ください。



操作説明

検索パネル
 マトリックス表示したい要素・接続の条件を指定します。


# 項目 補足説明
ソース(縦軸)
@ 検索対象  - クリックして表示される画面で、パッケージあるいはダイアグラムを指定します。
 - パッケージ指定時は「P」、ダイアグラム指定時は「D」が先頭に表示されます。
A 表示対象  - 「要素」が固定表示されます。
B 表示要素の種類  - 複数指定ができます。
C 表示要素の詳細  - 表示要素の名前・ステレオタイプ・タグ付き値を指定することができます。
  詳しくはこちらをご覧ください。
ターゲット(横軸)
D 検索対象  - 操作・表示については@と同様です。
E 表示対象  - 「要素」「ダイアグラム」「要素内の要素」「2接続」を指定します。
 - 「ダイアグラム」の表示例はこちらをご覧ください。
 - 「要素内の要素」の表示例はこちらをご覧ください。
 - 「2接続」の操作説明はこちら、表示例はこちら、をご覧ください。
F 表示要素の種類  - Dで「要素内の要素」を指定時は、要素の種類・ダイアグラムの種類の両方を指定できます。
 - 複数指定ができます。
G 表示要素の詳細  - 表示要素の名前・ステレオタイプ・タグ付き値を指定することができます。
  詳細はこちらをご覧ください。
H 接続の種類  - Dが要素の場合のみ有効で、複数指定ができます。
I 接続の方向  - Dが要素の場合のみ有効で、複数指定ができます。
J プロファイル  - 既存プロファイルを読み込み、@〜Iに反映します。
K 表示更新  - @〜Iの内容でマトリックスを表示します。
L 保存  - マトリックス内で編集した接続情報をモデルに保存します。
M オプション  - 出力:マトリックスの内容をファイル出力します。
 - プロファイル:@〜Iのプロファイルを作成したり、既存プロファイルの更新・削除をします。
 - オプション:検索対象の子パッケージを含むなどのオプションを指定します。詳細はこちらをご覧ください。
N  - @〜I、K〜Lを折りたたみます。



「要素の詳細」画面
 要素の名前・ステレオタイプ・タグ付き値の条件を指定します。(ソース・ターゲットそれぞれで指定)


# 項目 補足説明
@ 表示要素の種類  - 複数指定ができます。
A 検索項目  - 「要素名」「ステレオタイプ」「タグ付き値」を指定します。
B 検索タグ名
 表示箇所は<表示例>を参照
 - 検索したいタグ名を選択あるいは入力します。(完全一致検索)
 ※Aが「タグ付き値」の場合のみ表示されます。
C 検索文字列  - Aの内容により以下となります。
 ・「要素名」:検索したい要素名を入力します。(部分一致検索)
 ・「ステレオタイプ」:検索したいステレオタイプを選択あるいは入力します。(完全一致検索)
 ・「タグ付き値」:検索したいタグ付き値の値を入力します。(部分一致検索)
 ・未指定:Bで指定されたタグ名を持つ要素を検索します。
D 集計行を表示しない  - 有効な場合、マトリックスに集計行を表示しません。(ターゲットの場合は集計列)
E クリア  - 条件をクリアします。(種類を除く)
※検索パネルで「表示要素の種類」を変更した場合、「要素の詳細」画面の設定はクリアされますのでご注意ください。


<表示例>




2接続の設定
 検索パネルでターゲットの表示対象を「2接続」にすると、以下の画面に切り替わります。




「2接続の設定」画面
 ソースとターゲットの間にある中間要素との接続の種類・方向、中間要素の種類を指定します。


# 項目 補足説明
@ 2接続の設定  - 「2接続の設定」画面を表示します。
A 接続の種類 (ソース-中間要素)  - 複数指定ができます。
B 接続の方向 (ソース-中間要素)  - 複数指定ができます。
C 中間要素の種類  - 複数指定ができます。
D 接続の種類 (中間要素-ターゲット)  - 複数指定ができます。
E 接続の方向 (中間要素-ターゲット)  - 複数指定ができます。


マトリックス表示

表示可能な条件が指定されると自動的に以下のように検索結果がマトリックスで表示されます。
(オプション設定によっては表示更新ボタンをクリックする必要があります)

表示条件を変更すると変更した表示条件の検索結果が表示されます。
また、表示更新ボタンをクリックすると検索結果を最新情報に更新します。

表示更新時にマトリックスのソース側はツリーが展開された状態で表示されます。
ただし、パッケージの配下に要素がなく、子パッケージ以下にも要素がないパッケージは
展開しない状態で表示し、要素に着目しやすいようになっています。


以下にマトリックス表示例をご紹介します。


<表示例> パッケージ内とダイアグラム上の要素の関係


接続の追加・削除
接続の追加・削除は対象セルで以下いずれかの方法で行ないます。
・ダブルクリックする(※1)
・スペースキーを押す(※1)
・右クリックで表示されるコンテキストメニューより選択する(上図参照)
追加時は矢印アイコンが表示され、削除時は矢印アイコンが消えます。作業が終了したら保存ボタンをクリックするとモデルに保存されます。接続の方向が複数指定されている場合、接続の追加・削除はできません。
※1: 接続の種類が1つ指定されている場合に利用できます。


ダイアグラム・要素へジャンプ
ソース・ターゲットのダイアグラム・要素をダブルクリックすると、対象ダイアグラムを開いたり、ダイアグラム上あるいはモデルブラウザ上の対象要素を選択状態にします。



<表示例> パッケージ内の要素の関係

オプション指定でターゲット側に子パッケージ以下の要素を表示できます。
ただし、上図と同じようにすべての要素が同じ階層で表示されます。



<表示例> 要素が配置されているダイアグラムの確認

オプション指定でターゲット側に子パッケージ以下のダイアグラムを表示できます。
ただし、上図と同じようにすべてのダイアグラムが同じ階層で表示されます。


下図のように分類子としての利用状況を確認できます。



<表示例> パッケージを要素として表示

パッケージの行・列には接続の集計値が表示されますが、下図のようにパッケージを要素として表示したり、接続を追加・削除したりできます。

上図のようにパッケージを要素として表示したい場合、iniファイルの編集が必要です。編集方法につきましてはこちらをご覧ください。



<表示例> 要素の分類子と要素内に配置されている要素の関係

ターゲット側は要素内に配置された要素のみが表示されます。(上図ではレーン内に配置された要素)



<表示例> 2接続先の要素の関係



ツリーの展開・折りたたみ

ツリーの展開・折りたたみは下図のようにツリーのコンテキストメニュー(右クリック)からもできます。



ショートカット要素の作成とマトリックス画像出力

ショートカット要素の作成

プロファイルを指定したショートカット要素をパッケージやダイアグラムに作成することできます。
たとえば、ダイアグラムに配置したショートカット要素をダブルクリックすると、指定されたプロファイルで
拡張マトリックス画面を表示することができます。


ショートカット要素の作成



ショートカット要素をダブルクリックして拡張マトリックス画面を表示


ショートカット要素にマトリックス画像を出力

上記で作成したショートカット要素の付属ドキュメントにマトリックス画像を出力することできます。
付属ドキュメントに出力したマトリックス画像は、EA標準のドキュメント生成で出力することができます。




プロファイルのエクスポート・インポート

プロファイルのエクスポート・インポートは、前述のショートカット要素のXMI出力・入力で行ないます。 XMI入力で作成されたショートカット要素をダブルクリックすると、プロファイルが作成されて拡張マトリックス画面に設定内容が表示されます。

もしショートカット要素と同名のプロファイルが既に存在している場合は、既存プロファイルを利用します。

※本機能はバージョン1.14.1以降で利用できます。



オプション設定

下記オプションを設定できます。この設定はEA終了後も保持されます。(一部の項目は除く)


 設定内容
 ・子パッケージを含む
 ・要素の名前順に表示する
 ・要素を別名で表示する
 ・子要素を親要素と並列に表示
  (子要素の種類のみ指定で子要素のみを表示)
 ・関係の個数で条件指定し、行・列を色づけする
 ・モデルブラウザやダイアグラムで選択した要素を選択状態にする
 ・子要素の接続を親要素に表示し、子要素を表示しない
 ・表示更新ボタンクリック時のみ検索結果を更新する
 ・要素の編集、接続の作成・編集時に検索結果を自動更新する



要素・接続・ダイアグラムの種類の追加・削除・並べ替え・表示名変更

表示する要素・接続・ダイアグラムの種類は、以下のようなiniファイルで設定しており
追加・削除・並べ替え・表示名変更を行なうことができます。



このアドインをインストールすると初期状態のiniファイル (MatrixEX_Default.ini) が
Enterprise Architectのインストールフォルダに配置されます。

初期状態では、既定のUMLの種類のみが設定されています。(ダイアグラムはUML以外もあり)



iniファイルの編集方法

手順

1. MatrixEX_Default.ini をコピーして所定の場所に配置します。
2. 1でコピーしたiniファイルを編集します。

iniファイルの配置場所や仕様については下記詳細をご覧ください。


詳細

配置場所とファイル名:
・iniファイルはドキュメントフォルダに1つだけ配置します。(例: C:\Users\<ユーザー名>\Documents)
・iniファイル名は MatrixEX_*.ini とします。(*は任意の文字列)

 ※Enterprise Architectを起動したときに、ドキュメントフォルダのiniファイルの内容が反映されます。
  ドキュメントフォルダにiniファイルがなければ、Enterprise Architectのインストールフォルダにある
  iniファイルの内容が反映されます。
 ※同一フォルダ内にiniファイルが複数配置されている場合はエラーとなります。

ファイル仕様:
・1行に1つの要素・接続・ダイアグラムの種類を設定します。
・設定項目はカンマ区切りで以下となります。
  項目1 : 「要素」「接続」「ダイアグラム」のいずれか
  項目2 : 表示名
  項目3 : 要素・接続・ダイアグラムの種類
  項目4 : ステレオタイプ

  ※項目1
   ・「要素」の場合、項目4を「*」とするとすべてのステレオタイプが対象となります。
   ・「接続」の場合、項目4にプロファイル名付きのステレオタイプも利用できます。
   ・「ダイアグラム」でUML以外の場合、項目3にプロファイル名、項目4にプロファイルで
    指定したダイアグラムの種類、を指定することもできます。

  ※項目3
  ・APIと同様に英語名で指定する必要があります。(プロファイル利用時は除く)
   指定する文字列は、要素の種類の文字列 (サイト下部の「要素の種類名」)、
   接続の種類の文字列ダイアグラムの種類の文字列をご確認ください。

・iniファイルの先頭行から順番に画面の要素・接続・ダイアグラムの種類に表示されます。
・パッケージを要素として表示したい場合は、ダウンロードファイルのsampleフォルダにある
 MatrixEX_Sample.ini に書かれている要素のパッケージの行を、読み込み対象となるiniファイルに
 コピー&ペーストしてください。検索対象がパッケージの場合のみ、パッケージが要素として
 マトリックスに表示されます。
 尚、この変更を行なっても画面の要素の種類にパッケージは表示されませんのでご注意ください。

その他

・アドインをインストールすると、Enterprise Architectのインストールフォルダにある MatrixEX_Default.ini は
 常に上書きされます。
お客様自身でiniファイルを作成するときは必ず上記のドキュメントフォルダにiniファイルを
 配置してください。
・要素・接続・ダイアグラムの種類の検索はiniファイルに記載された種類のみとなります。
 画面で「(すべてを選択)」を指定した場合、画面の要素・接続・ダイアグラムの種類にリスト表示されている
 種類すべて、という意味になります。リスト表示されていない種類は検索対象となりませんのでご注意ください。
・既定のUMLの種類以外を追加する場合のサンプルとして、ダウンロードファイルのsampleフォルダにある
 MatrixEX_Sample.ini がございますのでご活用ください。
・EAのバグを回避するため、iniファイルで
 「接続,追跡,Abstraction,EAUML::trace」
 を設定し、画面の条件で「追跡」を指定した場合に、接続の種類 = Dependency も合わせて検索結果として
 表示されます。また、検索結果の表示後に接続を作成する場合は、接続の種類 = Abstraction として接続が作成されます。
 尚、iniファイルで
 「接続,追跡,Dependency,EAUML::trace」
 が設定されている場合は、上記動作はせずiniファイルで設定された接続のみを条件として動作します。
 (※本動作はバージョン1.14.2以降が対象となります)



利用しているiniファイルを最新バージョンに修正する方法

新しいバージョンのアドインをインストールすると現在利用しているiniファイルが古く、修正が必要の可能性あり、の旨のメッセージが表示されることがあります。メッセージが表示された場合、iniファイルを修正しないとiniファイルの設定が正しく反映されなかったり、アドインが正しく動作しないことがあります。そのため、以下の手順でiniファイルの内容確認および修正をしてください。
 1. メッセージに表示されている現在利用しているiniファイルを開きます。(Aとします)
 2. iniファイルの変更履歴の中で
   ・[追加]の行を利用したい場合は、Aに追加します。
   ・[変更]に該当する行がAにあれば、変更履歴より該当行をコピーし、Aの該当行に上書きコピーします。
   ・[削除]に該当する行がAにあれば、削除したい場合はAの該当行を削除します。
 3. Enterprise Architectのインストールフォルダにある MatrixEX_Default.ini の1行目をコピーして
   Aの1行目を上書きします。(バージョン情報が記載されいてる1行目を更新します)
 4. 修正が終了したらEAを再起動します。



アドインのインストール・アンインストール

このアドインを利用するには、以下のリンクからアドインのファイルをダウンロードして下さい。

バージョン 1.14.2.1555 (2020/11/30更新)
addin_MatrixEX.zip (日本語版)
addin_MatrixEXEn.zip (英語版)

インストール・アンインストール方法はこちらをご覧下さい。

動作環境
・Enterprise Architect 15.0以降
・.NET4.5.2以降

特記事項
・日本語版と英語版は共存できません。
 インストールしたアドインの言語を変更する場合は、既にインストールされているアドインをアンインストールしてから
 ご希望の言語のアドインをインストールしてください。
・英語版でバージョン1.8.0より古いものをご利用の場合、画面のレイアウトが崩れることがあるため
 アドインをインストール後に以下のファイルを削除してください。
  <EAインストールフォルダ>\en\MatrixEX.resources.dll
・ご利用の前にダウンロードファイルに含まれる Readme を必ずご確認ください。


リリースメモ

こちらをご覧下さい。


特記事項

  • このアドインは、サポートが有効な期間中のみ無料でダウンロードあるいは利用できます。