有償追加サポートについて

スパークスシステムズ ジャパンでは、製品を購入したお客様向けにさまざまなサポート(標準サポート)を提供しています。標準サポートの範囲では、個別のお客様向けのアドイン作成やカスタマイズなどは行っていません。標準サポートの範囲を超えた対応が必要な場合には、以下のような有償追加サポートをご利用ください。

注意点

  • 納品物があるサービスの場合には、3ヶ月の瑕疵担保期間があります。瑕疵担保には、事前に合意した内容に含まれる範囲の修正・改善のみが含まれます。
  • カスタマイズやアドイン作成では、動作保証・テスト実施対象の製品のビルドは、原則として発注時の最新ビルドとなります。
  • この有償追加サポートを利用する場合には、原則として対象製品の標準サポートが有効である必要があります。
  • 価格は内容・条件によって変わります。お見積もりが必要な場合には、ご要望を確認しながらご提案いたしますので、お問い合わせください。参考価格には消費税を含みます。

有償追加サポートで提供できる内容につきまして、「ご希望の内容を実現可能かどうか」「想定されるおおよその費用・期間などを知りたい」などのようなご質問・ご不明点がある場合には事前のご相談も受け付けております。回答のためにはご希望内容の確認が必要となります。メールでのご対応の他、オンライン会議ツールでの打ち合わせの実施も可能です。詳細はお問い合わせください

アドイン・アプリケーション作成

内容

お客様のご要望を元に、Enterprise ArchitectのAPI・アドインの仕組みを利用したアプリケーション・アドインの作成を弊社で行います。

例えば、以下のような機能拡張・追加が考えられます。

  • 要素をダブルクリックしたときに表示されるプロパティ画面を、独自のものに変更したい
  • モデルの内容を特定の形式(例:Excel)で出力したい・既存の外部データを読み込んでモデルを自動生成したい
  • モデルの情報を出力し、他のツールと連携したい
  • 要素の作成において、いくつかの要素を作成できないようにしたい
  • Enterprise Architectのモデル評価機能で、独自のモデル評価ルールを追加したい
  • スパークスシステムズ ジャパンが作成した有償製品(RaQuest/Redmine連携アドイン)や無料アドインを自分の会社向けにカスタマイズしたい

納品物

  • バイナリファイル
    (アプリケーション・アドインを作成するプログラム言語は、原則として弊社が決定します。)
  • ドキュメント(使用マニュアル・設計書)
  • テスト項目・テスト実施結果
  • 簡易インストーラ(バッチファイル(bat)形式)

注意事項

  • 開発するアドインの著作権は弊社に帰属します。
    (発注者に著作権が帰属する場合には、請負契約での実施となります。その場合には、この項目に記載の内容・価格体系とは異なります。)

オプション

以下のオプションを追加できます。

  • msi形式のインストーラ作成 (WiX Toolset使用)
    (Enterprise Architectを含めたインストーラを作成する場合には独自インストーラ作成サービスと組み合わせてください。)
  • ソースコードの提供
    (弊社が作成した有償製品や無料アドインのカスタマイズの場合には、ソースコードの提供オプションは選択できません。)
  • 保守
    保守には以下の項目が含まれます。
    • 保守期間内の最新バージョンおよび最新ビルドでの動作確認・動作しない場合の修正対応
    • 瑕疵担保の範囲外の微修正
      例:
      • 文言の修正
      • 画面レイアウトの微調整
  • 作成プログラム言語指定
    以下の言語・Visual Studioバージョンから選択可能です。
    • C# (Visual Studio 2013以降)
    • VB.NET (Visual Studio 2013以降)
    • 弊社が作成した有償製品や無料アドインのカスタマイズの場合には、言語は選択できません。
  • 作成するアプリケーション・アドインの内容や規模によっては、追加料金で納期短縮が可能な場合があります。

費用

22万円〜。作成するアプリケーション・アドインの内容や規模により変わります。

オプションの価格は以下の通りです。

  • msi形式のインストーラ作成 (WiX Toolset使用) : 11万円
  • ソースコードの提供 : 作成費用の50%
  • 保守 (12ヶ月) : 作成費用の20%
  • 作成プログラム言語指定 : 作成費用の25% (「ソースコードの提供」のオプションを選択時のみ指定可能)
  • 納期短縮 : 実施内容に依存します。

費用と納期の例

1. 独自プロパティ画面
特定の1つの種類の要素について、独自のプロパティ画面を作成します。プロパティ画面には、事前にお客様が指定した5つまでの属性(例:名前・別名・ステレオタイプ・可視性・ノート)の表示・編集と保存が可能です。
 →44万円・納期1ヶ月

属性を1つ追加すると+2.2万円です。

2. Excel出力
指定したパッケージに含まれる要素について、Excelファイルに出力します。Excelファイルには、事前にお客様が指定した10個までの属性を出力します。
 →44万円・納期1ヶ月

3. 特定要素の作成の不許可
指定した種類の要素をツールボックスから作成しようとした際に、エラーメッセージを表示し、作成できないようにします。
 →22万円・納期0.5ヶ月

4. モデルの内容チェック
作成した全ての要素について、事前に指定した項目に内容が入力されているかをチェックし、問題のある要素をサブウィンドウに出力。出力した内容をクリックすると、その要素が配置されている図を開く。
 →88万円〜132万円・納期3ヶ月

弊社が弊社が作成した有償製品や無料アドインのカスタマイズについての補足

上記のように、弊社が弊社が作成した有償製品や無料アドインについて、お客様が必要とするカスタマイズを実施できます。この場合に、以下の2つの方法があります。

  1. カスタマイズ内容を含むアドインは発注したお客様のみへ提供し、発注したお客様のみが利用できる
  2. カスタマイズ内容をアドインの標準として反映し、カスタマイズ内容は全てのお客様が利用できる

後者の場合の注意点は以下の通りです。

  • カスタマイズ内容が、ご依頼のお客様のみが利用する機能で汎用的ではないと弊社が判断する場合には、後者の方法は選択できません。
  • 後者の場合は、保守(新バージョンでの動作確認など)は弊社で行います。そのため、保守費用は発生しません。
  • 後者の場合は、カスタマイズ費用のうちの50%をお客様にご負担いただきます。
    (ただし、より多くの方に役立つように、ご希望のカスタマイズ内容を汎用的に拡張し実装する場合もあります。この場合には、汎用的に拡張したカスタマイズ全体の開発費用の50%のご負担となります。)

弊社で既存のアドインをカスタマイズする場合、原則として上記の1番の方法でのお見積もりとなります。2番の選択肢にご興味がある場合には、ご依頼の際にお知らせください。

コード生成テンプレート作成

内容

Enterprise Architectのソースコードの生成結果は、テンプレートを編集することで変更可能です。このコード生成テンプレートのカスタマイズあるいは新規作成を弊社で行います。
(DDLを生成するためのDDL生成テンプレートのカスタマイズについても同様にお請けできます。)

納品物

XMLファイル形式のテンプレートのデータです。「リファレンス情報の読み込み」機能でプロジェクトファイルに読み込みます。

費用

  • 既存のコード生成テンプレートのカスタマイズ : 11万円〜
  • Enterprise Architectが対応していない言語への対応 : 110万円〜

費用と納期の例

C言語で、独自のキーワード"vector"を出力するために、クラスの操作のタグ付き値に"vector"の値が設定されている場合には、ソースコードにキーワード"vector"を出力する
 →11万円・2週間

ソースコードの読み込み(リバースエンジニアリング)のルール変更

内容

Enterprise Architectの機能としてソースコードの読み込みのルールをカスタマイズするための仕組みは存在しますが、このカスタマイズについての詳細は非公開・サポート対象外となっています。標準でソースコードからモデル(クラス図)に反映されない場合について、モデルに反映されるように読み込みのルールのカスタマイズを実施します。

作成には、対象となるソースコードのサンプルが必要です。また、コード生成テンプレートをカスタマイズしている場合には、そのテンプレートを含むプロジェクトファイルのサンプルが必要です。

なお、機能の仕組み上、対応できない場合も少なからず存在します。場合によっては事前に弊社である程度の調査を行い、技術的に対応可能かどうか確認いたします。

納品物

XMLファイル形式のMDGテクノロジーファイルです。特定のディレクトリに配置することで利用可能になります。

費用

  • 特定のキーワードを解釈し、操作(メソッド)のタグ付き値に格納する : 22万円〜
  • 独自にカスタマイズした、コメント(ノート)部分を適切に解釈する : 44万円〜

(技術的に対応可能かどうかの調査に関する費用は無料です。)

費用と納期の例

C言語のソースコードをリバースするときに、標準のルールではエラーとなるキーワード"vector"を適切に解釈し、タグ付き値としてキーワードの有無を保存するカスタマイズ
 →22万円・2週間

DOCX・PDF・RTFドキュメントテンプレート作成

内容

DOCX・PDF・RTFドキュメントの生成機能のテンプレートの作成を弊社で行います。

テンプレートの作成のためには、テンプレートの作成の元になるプロジェクトファイル(設計モデルの構成の例と、出力するドキュメントの例(既存の仕様書など)をいただきます。頂いたデータを元に、テンプレートが作成可能かどうか調査いたします。

納品物

XMLファイルの形式のドキュメントのテンプレートデータです。「リファレンス情報の読み込み」機能でプロジェクトファイルに読み込みます。ドキュメントのテンプレートからは、DOCX・PDF・RTFの3つの形式でドキュメントの出力が可能です。

費用

1テンプレートにつき33万円〜
(技術的に対応可能かどうかの調査に関する費用は無料です。)

独自インストーラの作成

内容

Enterprise Architectなどスパークスシステムズ ジャパン製品の標準インストーラをカスタマイズし、以下のような変更を行った独自のインストーラを提供します。インストーラはWiX Toolsetを利用して作成します。

  • 各種オプションの既定値の変更
  • 弊社提供アドインの有効化/無効化・独自アドイン※の追加
  • 独自モデルテンプレート※の追加
  • 新規プロジェクトファイル作成時のテンプレートの独自カスタマイズ※
  • 既存MDGテクノロジーの有効化/無効化・独自MDGテクノロジーの追加※
  • インストール位置の変更
  • フローティングライセンスのサーバー位置の指定

(※上記の内容について、独自アドインなど独自の情報はお客様自身が作成します。費用には含まれません。)

納品物

インストーラのmsiファイルです。インストーラを作成するための定義ファイルなどは納品物に含まれません。

費用

  • 1回のみ作成(特定の1つのビルドに対して作成) : 22万円〜
  • 定期的に、最新ビルドで作成 : 66万円(年3回)〜

MDGテクノロジー作成(UMLモデル拡張)

内容

Enterprise Architectでは、強力なカスタマイズ機能があり、ダイアグラム(図)に表示される要素の種類・外見(書式)などを独自にカスタマイズし、UML以外の表記方法を追加できます。また、追加した要素に対して、クイックリンク機能のルールを定義できます。このような独自のモデル拡張のカスタマイズの実施を弊社で行います。

納品物

カスタマイズを実施したMDGテクノロジーのXMLファイルです。特定のディレクトリに配置することで利用可能になります。

費用

  • 新規の記法への対応 : 110万円〜
  • 既存の記法のカスタマイズ : 11万円〜

費用と納期の例

既存のBPMN1.1をカスタマイズし、不要なタグ付き値を削除する
 →22万円・1ヶ月

電話による対応

内容

電話での対応を行います。1つの「インシデント」につき1件の内容・対応となります。事前にメールにてご依頼を頂き、内容・対応範囲について決定・合意した後に、電話での対応を行います。対応時間は弊社営業日の9時〜17時となります。

内容については、弊社製品に関することであれば、特に制限はありません。ご購入方法や製品展開方法などのご相談や、メールでのやりとりではなく電話でやりとりをしたい場合のご利用も可能です。

費用

事前に「インシデント」の購入が必要です。インシデントは購入後1年間有効です。事前に合意した内容・範囲を超える場合には、追加の「インシデント」が必要となります。

ダイレクト購入(弊社からの直販・先払い)の場合には、1つの「インシデント」の価格は4.4万円です。

時間外の対応

内容

標準サポートの対応時間(弊社営業日の9時〜17時)の範囲外の時間における対応を行います。対応待機時間に応じて、「インシデント」が必要となります。事前(原則として1週間前まで)に連絡を頂いて時間を決定し、その時間についてサポート要員が対応できるように待機します。実際に対応を行わなくても、インシデントを消費します。対応方法は、電子メールのみとなります。

費用

事前に「インシデント」の購入が必要です。インシデントは購入後1年間有効です。

  • 弊社営業日の7時〜9時・17時〜21時: 3時間待機につき「1インシデント」が必要です。
  • 弊社営業日以外の7時〜17時: 3時間待機につき「1インシデント」が必要です。
  • 21時〜翌日の7時: 2時間待機につき「1インシデント」が必要です。

ダイレクト購入(弊社からの直販・先払い)の場合には、1つの「インシデント」の価格は4.4万円です。

ツールコンサルティング

ツールコンサルティングにつきましては、別ページの詳細説明をご覧ください。

セミナー実施

内容

ツールの標準サポートを超える範囲のセミナーを実施します。一例として、具体的な書籍を題材にし、その書籍内のモデルを作成する演習を行います。適宜、モデル内容についての書き方の解説や便利な機能の紹介などを行います。

また、以下の場合も有償追加サポートでの対応が可能です。

  • 無料での実施条件を満たさない場合に出張セミナーを実施する場合
  • 2回目以降のセミナー開催で日程を優先的に確保して実施したい場合
  • 標準のセミナーのうち、「Enterprise Architect入門セミナー」「Enterprise Architect活用セミナー」以外のセミナーの実施

費用

13時〜17時(途中休憩15分)・20名以下の場合で22万円〜。内容や参加人数によって費用は変わります。開催場所により、弊社規定の交通費・宿泊費(宿泊が必要な場合)が別途必要となります。費用は実施前の先払いとなります。
(オンラインでの実施も可能です。オンライン実施の場合も費用は変わりませんが、交通費などは不要です。)


有償追加サポートで提供できる内容につきまして、「ご希望の内容を実現可能かどうか」「想定されるおおよその費用・期間などを知りたい」などのようなご質問・ご不明点がある場合には事前のご相談も受け付けております。回答のためにはご希望内容の詳細な確認が必要となります。メールでのご対応の他、オンライン会議ツールでの打ち合わせの実施も可能です。詳細はお問い合わせください