LemonTree リリースメモ

重要なお知らせ:
2018年12月29日より、LemonTreeの年間ユーザライセンス、永続ユーザライセンス(サポート更新を含む)の価格を変更いたします。詳細につきましてはこちらをご覧下さい。



最新版: バージョン   リリース日

サポートユーザーの方向けの、最新版インストーラのダウンロードページへ移動 (有効なサポートIDが必要です)


リリースメモ

○2018/11/27 LemonTree バージョン 2.0.0

主な新機能につきましてはこちらもご覧下さい。


・機能追加
 ・フローティングライセンスに対応しました。
 ・ダイアグラムビューでもマージ結果の図を表示できるようにしました。選択した差分がどのように
  マージ後に影響するかを視覚的に確認することができます。
 ・これまでツリービューで表示していたプロパティ情報を、独立した「プロパティビュー」
  でまとめて表示するようになりました。これにより、ツリービューではプロジェクト内での図や要素等
  の対象のみを階層的に表示することになり、図や要素の探索が容易になります。
 ・画面左側にあるダイアグラムの差分一覧でダイアグラム上のみの差分を把握できるようにしました。
  これにより、ダイアグラム上のみの要素の変更(位置・サイズなど)や削除(実体は残っている状態)
  の把握が容易になります。
 ・LemonTreeでの作業中の以下の情報をファイルに保存・読み込みができるようになりました。
  ・比較対象のファイル
  ・マージの選択状況
  ・レビューの状況
  ・適用しているフィルタ
  これにより、差分の比較やマージに時間がかかる場合でも、作業中の状況を保存し、後から作業を
  再開することができます。また、自分の担当範囲を確認後、他者へ作業状況を引き継ぐことができます。
 ・画面左側にある差分一覧において、さまざまな条件で一覧の内容をフィルタできるようになりました。
  単純な文字列フィルタだけでなく、たとえば以下のようなフィルタが可能です。
  ・追加・更新・削除などの操作分類
  ・競合のみ
  ・ダイアグラム内での変更は対象外
  ・レビュー済み
  また、複合条件も設定可能で、設定したフィルタを保存して再利用することもできます。
 ・タグ付き値を要素ではなくプロパティとして扱い、プロパティビューに差分表示するようにしました。
 ・要素のステレオタイプはツリービューではなくプロパティビューに差分表示するようにしました。
  (グローバルに定義されているステレオタイプを除く)
 ・プロパティビューでいくつかのプロパティを編集可能としました。また、プロパティ・タグ付き値を
  手動選択も可能にしました。
 ・競合がある場合、変更要素リスト・変更図リストのヘッダーにその旨を表示するようにしました。
 ・変更要素リスト・変更図リスト・ツリービューで更に理解しやすよう表示色の仕様を変更しました。
 ・スライドショーを比較できるようにしました。
 ・ダイアグラムフィルタを比較できるようにしました。
 ・ノート要素のコンテキストメニューより指定できる「リンクする接続」を比較できるようにしました。
 ・ライセンスの有効期限が残り30日以内の場合、その旨を表示するようにしました。

・機能改善
 ・セッションダイアログを改善しました。「Merge」「Compare」ボタンを配置し
  比較結果をそれぞれMergeモード、Diffモードで表示するようにしました。
  旧バージョンのセッションダイアログにある「Save Settings and Continue」ボタンでの
  設定保存機能はファイルに保存・読み込みをできるようにしました。
 ・ダイアグラムビューの同期設定(「By Selected Element」or「By Pan & Zoom」)を保持するようにしました。
 ・t_diagram の Diagram_Type が bdd のような値の場合、ダイアグラムタイプを Logical として扱うよう改善しました。

・UI改善
 ・仮想パッケージの名前を「GlobalElements」から「ReferenceData」に変更し、より理解しやすくしました。

・バグ修正
 ・ダイアグラムビューでポートが要素の背面に描画されるケースを修正しました。
 ・操作のタグ付き値の更新でタグ付き値が消失するケースを修正しました。
 ・シーケンス図でメッセージの表示位置が不正となるケースを修正しました。
 ・シーケンス図でメッセージの「割当」の値が消失するケースを修正しました。

○2018/08/10 LemonTree バージョン 1.7.2

・機能改善
 ・3ファイル(Base,A,B)の比較時、Aファイル・Bファイルで同じダイアグラムを更新していると
  常に更新したダイアグラム自身が競合として表示されていたため、競合と見なさないよう改善しました。
   (「StyleEx」の「SaveTag」属性が常に競合していました。)
  今後はダイアグラムのプロパティ変更(例えば、名前)で競合する場合に、競合として表示されます。

・UI改善
 ・旧バージョンまではモデル上で新規作成された要素をNewの扱いとしていましたが
  ダイアグラム上に新規に配置された要素をNewの扱いとするよう改善しました。
 ・ツリーもしくはダイアグラムビューで要素を選択すると、リストの対象要素が
  ハイライトとなるよう改善しました。

・バグ修正
 ・プレマージ処理が稀に無限ループで終了するケースを修正しました。
 ・LemonTreeの初回起動時にエラー表示されるケースを修正しました。

○2018/08/10 LemonTree バージョン 1.7.2

・機能改善
 ・3ファイル(Base,A,B)の比較時、Aファイル・Bファイルで同じダイアグラムを更新していると
  常に更新したダイアグラム自身が競合として表示されていたため、競合と見なさないよう改善しました。
   (「StyleEx」の「SaveTag」属性が常に競合していました。)
  今後はダイアグラムのプロパティ変更(例えば、名前)で競合する場合に、競合として表示されます。

・UI改善
 ・旧バージョンまではモデル上で新規作成された要素をNewの扱いとしていましたが
  ダイアグラム上に新規に配置された要素をNewの扱いとするよう改善しました。
 ・ツリーもしくはダイアグラムビューで要素を選択すると、リストの対象要素が
  ハイライトとなるよう改善しました。

・バグ修正
 ・プレマージ処理が稀に無限ループで終了するケースを修正しました。
 ・LemonTreeの初回起動時にエラー表示されるケースを修正しました。

○2018/07/20 LemonTree バージョン 1.7.0 (32bit版は 1.7.1.4)

・パフォーマンス改善
 ・起動速度を改善しました。
 ・マージファイルの生成速度を改善しました。

・UI改善
 ・ダイアグラムビューあるいはツリービューで要素を選択すると、変更要素リストあるいは変更ダイアグラムリストで
  対象要素がハイライトとなるようにしました。
 ・ツリービューで不要な手動選択ボタンを表示しないよう改善しました。
 ・プロパティで冗長な情報を表示しないよう改善しました。(例:OwnedTaggedValues, OwnedAttributes)
 ・変更要素リストあるいは変更ダイアグラムリストでの検索においてリスト上のグループ分類子の子要素にヒットした場合、
  グループ分類子が持つ子要素すべての情報を表示していましたが、ヒットした子要素の情報のみを表示するよう改善しました。

・機能追加
 ・EAで開いているモデルをLemonTreeで選択できるようにしました。ただし、LemonTreeで利用中はそのモデルをEAで編集
  しないようご注意ください。

・バグ修正
 ・比較結果表示後、比較したダイアグラムを修正して再度同じ比較を実行するとダイアグラムビューに最新情報が反映されない
  ケースを修正しました。
 ・変更ダイアグラムリストで要素あるいはダイアグラムを選択した場合に、ツリービューでその要素あるいはダイアグラムが
  ハイライトとなるよう修正しました。
 ・要素を修正して移動した場合、マージファイルにその修正が正しく反映されないケースを修正しました。

・その他
 ・マージの正確性を向上しました。
 ・ツリービューで要素の右に表示される変更件数の正確性を向上しました。

○2018/06/18 LemonTree バージョン 1.6.1

・バグ修正
 ・ツリービューでマニュアル選択ボタンを押下すると当該要素の配下も一緒に選択されてしまうバグを修正しました。

・その他
 ・プレマージ処理の安定性を改善しました。

○2018/06/12 LemonTree バージョン 1.6.0

・機能追加
 ・EA14標準のeapxファイルを選択できるようにしました。
 ・SmartGITと連携できるようにしました。詳細はこちらをご覧ください。(開発元サイトになります)
 ・ファイルの詳細を表示するようにしました。
 ・バーガーメニューにヘルプページへのリンクを追加しました。(開発元のヘルプページになります)
  ※弊社サイトのFAQにつきましてはこちらをご覧ください。
 ・プロファイルをマージできるようにしました。
 ・要素の状態、運ばれる情報アイテム、要素の実行状態を比較・マージできるようにしました。

・その他
 ・マージファイルの生成速度を改善しました。
 ・マージの正確性を向上しました。

○2018/03/12 LemonTree バージョン 1.5 (1.5.5.0)

・機能追加
 ・選択要素の配下すべての変更を一度の操作で反映できるようにしました。(メニューの「Take Subtree...」ボタンをクリック)

・UI改善
 ・変更要素リストで、グループ化された変更内容の概要を把握しやすいよう、表示を改善しました。

  

・その他
 ・大きいダイアグラムの表示速度を改善しました。

○2018/01/22 LemonTree バージョン 1.5 (1.5.1.0)

主に既存機能の改善、ならびに、パフォーマンス・安定性を改善しております。
また、要素の変更内容を把握しやすくするために、変更要素をグループ化する、新しいスマートな方法を導入しました。


・UI改善
 ・変更要素リストで、変更要素をグループ化する、新しいスマートな方法を導入しました。

  ■詳細
  変更要素リストで、変更要素は個別にリスト表示はせず、それぞれ次の分類子にグループ化するようにしました。
  変更要素はグループ化された分類子を展開することで確認することができます。

LemonTreeでの分類子 備考
Class UMLで定義されていない型は、LemonTreeではクラスとして扱われます。
Interface
StateMachine ステートマシン図とは異なりますのでご注意ください。
Activity アクティビティ図とは異なりますのでご注意ください。
Interaction シーケンス図とは異なりますのでご注意ください。
UseCase
Component
Enumeration
DataType
Signal
UseCase
Actor
Artifact
Node
Device
Stereotype 要素に適用されているステレオタイプとは異なりますのでご注意ください。
AssociationClass
PrimitiveType
DeploymentSpecification
ExecutionEnvironment
Collaboration

  ■メリット
  ・変更要素リストの表示がシンプルになります。
  ・変更要素がどこに関係しているかをより把握しやすくなります。
  ・変更要素リストの検索フィールドで、グループ化された分類子内の変更要素も検索でき、
   特定の要素を検索しやすくなっています。

  ■過去バージョンとの違い
  グループ化の導入によるLemonTree過去バージョンとの違いを以下に例で示します。
  以下は、属性・操作がクラスにグループ化された例になります。クラスを展開すると
  属性・操作がリスト表示されます。
  


 ・ダイアグラムのハイライト表示を改善しました。
 ・左右のダイアグラム表示に関する同期設定をツールバーに移動しました。

・マージ処理改善
 ・マージファイル作成時、マージファイル名を指定できるよう改善しました。
 ・マージを繰り返し実施できるよう改善しました。

・バグ修正
 ・すべてのダイアグラムを表示できるよう修正しました。
 ・変更ダイアグラムリストの検索フィールドで、変更要素でも検索できるよう修正しました。
 ・安定性を改善しました。

・その他
 ・パフォーマンスならびにメモリ使用量を改善しました。
 ・マージの正確性を向上しました。

○2017/12/08 LemonTree バージョン 1.4 (1.4.913.31)

・バグ修正
 ・要素配下の図を要素とともに別パッケージへ移動した場合に図が移動されない・削除される問題を修正しました。
 ・アクションの種類を変更した場合に反映されないケースを修正しました。
 ・削除した要素を復活させた場合に図に要素が配置されないケースを修正しました。

○2017/11/01 LemonTree バージョン 1.4 (1.4.906.29)

・機能追加
 ・要素間の接続で、要素の属性や操作に対する接続の差分も検知するよう改善しました。

・その他
 ・シーケンス図の差分比較とマージ処理を改善しました。

○2017/10/04 LemonTree バージョン 1.4 (1.4.902.25)

・バグ修正
 ・いくつかのバグを修正しました。

○2017/10/02 LemonTree バージョン 1.4 (1.4.866.24)

・UI改善
 ・ダイアグラム上で変更された要素がより分かり易くなるよう表示方法を改善しました。

 例)クラスを新規作成
 

 例)属性名を変更
 

 例)接続を変更
 

・その他
 ・Diagramlinkを適切な内容にするよう改善しました。

○2017/07/25 LemonTree バージョン 1.4 (1.4.842.14)

主にユーザ様からのフィードバックを基にした既存機能の改善がされており、より使いやすくなっております。

・UI改善
 ・ベースバージョンから削除された要素の名前と種類を取消線で表示するよう改善しました。
 ・比較対象のモデル選択時に設定するモデルの別名(Alias)をツールバーのTakeボタン名に反映するよう改善しました。
 ・比較対象のモデル選択時に表示されるファイル選択ダイアログのタイトルにモデルの別名(Alias)を表示するよう改善しました。
 ・マージにおけるマニュアル選択時の操作性を高めるためタグ付き値の表示内容を改善しました。
 ・操作性を高めるため上記以外にもいくつかのUIを改善しました。

・マージ処理改善
 ・利用者の意図をより正確に反映するよう依存関係のマージ処理を改善しました。

・その他
 ・ツールバーのTakeボタンが正常に動作するよう修正しました。
 ・2つのダイアグラム表示の同期処理を改善しました。
 ・PC環境によりプロジェクトブラウザのスクロールが遅いケースを改善しました。
 ・opaque actionの内容が適切に記載されないケースを改善しました。
 ・t_objectrequiresテーブルの処理を改善しました。
 ・新しいバージョンがリリースされた場合、メニューバーに通知するよう改善しました。

○2017/05/15 LemonTree バージョン 1.3 (1.3.787.6)

LemonTreeの取り扱いを開始しました。