Enterprise Architect 16.0の新機能のご紹介

ここでは、Enterprise Architectの最新版であるバージョン16.0の情報をお知らせします。いくつかの機能は利用できるエディションが限定されます。

バージョン16.0は2022年4月28日にリリースいたしました。

バージョン16.0のリリースと合わせて、使用許諾契約の変更を行いました。詳細はこちらのページをご覧ください

 

バージョン16.0の主な強化ポイント

バージョン16.0は、64ビット対応や新しい形式のプロジェクトファイルの提供など、皆様の利用に大きな影響を与える変更が含まれます。

そのほかにも、多数の細かい機能強化・バグ修正が含まれます。新バージョンの概要につきましては、以下のPDFドキュメントをご覧ください。

Enterprise Architect16.0 機能ガイド

64ビット版のEnterprise Architectの提供

現在、Enterprise Architectを利用している方の多くが64ビットOSを利用しているということや、Windows11では64ビットOSのみが提供されることもあり、バージョン16.0において64ビット版を提供することとなりました。

64ビット版の利用により、非常に大きなドキュメントの出力や非常に多くのソースコードの読み込みなどに32ビットアプリケーションの制限でメモリ不足となる問題が解決できます。

また、特にmacOSにおいて、無料で動作させるためのWineが利用できない問題についても解決され、最近のmacOSでは有料製品のCrossOverが必須であった点が改善されます。

なお、64ビット版のEnterprise Architectでは、設定情報を保存するレジストリ位置の変更やアドインへの影響など、注意すべき点があります。具体的な内容は「Enterprise Architect16.0 機能ガイド」をご覧ください。

新しい形式のプロジェクトファイル・QEAファイルの提供

バージョン15.2までは、拡張子EAP/EAPXのファイルが長らく既定のプロジェクトファイルとして利用されていました。バージョン16.0で、拡張子QEA/QEAXのプロジェクトファイルを導入し、新規にプロジェクトファイルを作成する場合、この形式のファイルになります。

この拡張子QEAのファイルは、SQLite 3形式のファイルです。性能面・品質面での改善ができるほか、Enterprise Architect独自の機能追加によりファイルの共有や複製機能の利用も可能となっています。
(ファイル共有する場合には、拡張子をQEAXにする必要があります。QEAとQEAXは形式は全く同じですが、QEAXの場合には複数人での利用のための追加制御を行います。)

なお、既存のEAP/EAPXファイルからQEAファイルへの変換が可能です。EAP/EAPXファイルを開くことができない環境では、自動的に変換ツールが起動します。

その他の機能改善・機能強化

機能ガイドに記載の内容のうち、特に日本のお客様からご意見・ご要望をいただいていた内容をいくつかピックアップして紹介します。

  • 接続を曲線的に表現する「ベジエ」スタイルが、ダイアグラムの種類や接続の種類に依存せず利用できるようになりました。また、2カ所以上の頂点を追加し、複雑な曲線が表現できるようになりました。
  • 複数名で1つのプロジェクトを利用している場合に、ダイアグラムに変更があったかどうかを定期的に確認する設定を追加しました。
  • DBMSリポジトリへの直接接続を実現し、ODBCドライバが不要になりました。
  • モデルブラウザ内で、ノートやサブジェクト(境界)など従来は表示されていなかった要素も表示されるようになりました。

概要紹介の動画

バージョン16.0の主な改善点・強化点を動画で説明します。(音声あり)

機能ガイド

Enterprise Architect16.0 機能ガイド

よくある質問・問題点

バージョン15.2以前のEnterprise Architectをご利用の方が64ビット版のバージョン16.0にアップグレードした場合の「よくある質問・問題点」とその回答を記載します。

今まで利用していた設定が初期化された
32ビット版である過去のバージョンのEnterprise Architectの設定は引き継がれません。再設定をお願いします。
再度アクティベーションコードの入力を要求された
アクティベーションコードの再入力が必要です。アクティベーションコードについてはヘルプをご覧ください
今まで利用していたアドインが消えた
32ビット版である過去のバージョンのEnterprise Architectのアドインの設定は引き継がれません。利用するアドインを再インストールしてください。
なお、動作期間限定アドインにつきましては、「スパークスシステムズ ジャパン アドイン更新ツール」を利用すると簡単に再インストールできます。
今まで利用していたアドインを再インストールしても動作しない
(「アドインの管理」画面には表示されるがエラーになっている)
スパークスシステムズ ジャパンが提供するアドインであれば、最新版をダウンロード・インストールしてください。
それ以外のアドインであれば、64ビット版のEnterprise Architectに対応していない可能性が高いです。アドインの開発元にご確認ください。アドインによっては32ビット版・64ビット版のインストーラが分かれていますのでご注意ください。
アドインをインストールしても「アドインの管理」画面に表示されず、使えない
スパークスシステムズ ジャパンが提供するアドインであれば、最新版をダウンロード・インストールしてください。ただし、4月27日の時点では、RaQuestは64ビット版に未対応です。32ビット版のEnterprise Architectと組み合わせてご利用ください。
それ以外のアドインであれば、64ビット版のEnterprise Architectに対応していない可能性が高いです。アドインの開発元にご確認ください。アドインによっては32ビット版・64ビット版のインストーラが分かれていますのでご注意ください。
EAP/EAPXを開こうとすると変換のためのダイアログが表示されるが、変換せずに開きたい
コーポレート版以上のエディションでは、64ビット版のMicrosoft Accessのランタイムライブラリがある環境であればEAP/EAPXを開くことができます。詳細はヘルプをご覧ください
ただし、拡張子EAPのファイルは、常に変換のためのダイアログが表示されます。日本語版Enterprise Architectで作成したEAPファイルであれば、拡張子をEAPXに変更してください。
(日本語版Enterprise Architectで作成したEAPファイルは、EAPXファイルと完全に同一です。「Enterprise Architect 活用セミナー」のチーム設計編でも紹介しています。)
EAPXファイルを開くと、ADODB.Connection 0x800a0e7a「プロバイダーが見つかりません。正しくインストールされていない可能性があります。」のエラーが表示される
上記の「EAP/EAPXを開こうとすると変換のためのダイアログが表示されるが、変換せずに開きたい」と同じ対処になります。上記項目をご覧ください。
同じバージョン・ビルドなのに、EAPXファイルをそのまま開けるマシンとそうでないマシンがある
EAPXファイルをそのまま開けるマシンには、64ビット版のMicrosoft Office(Accessを含む)がインストールされていませんか? 64ビット版のMicrosoft OfficeにはAccessのランタイムライブラリが含まれますので、EAPXファイルを開くことができます。
あるいは、複数のエディションを混在している場合であれば、開けないマシンはプロフェッショナル版を利用しているのではないでしょうか。64ビット版・プロフェッショナル版の場合は、EAPXファイルを直接開くことはできません。
変換機能でQEAファイルに変換すると「指定されたディレクトリには有効なXMLファイルがありません」のエラーが表示される
変換のダイアログに記載の通り、ファイルパスあるいはファイル名に日本語文字列が入っている場合、現在のところ変換することができません。お手数をおかけしますが、ファイルの位置をC:\tempなど日本語文字を含まない位置に移動し、ファイル名をold.eapxなど日本語文字を含まない名前で実行をお願いします。(開発元には改善を依頼済みです。)
QEAファイルをネットワークドライブに配置して共有すると、「SQL API Update FAILED with error: database is locked」「database is locked」のエラーが表示される
QEAファイルは複数名での共有利用はできません。拡張子をQEAXに変更することで、以前のEAPXファイルと同様にネットワークドライブで共有できます。
LemonTreeでQEA/QEAXファイルを開けない
バージョン3.3で対応します。EAP/EAPXファイルは、バージョン16.0で作成したファイルでも、現在リリースされているLemonTreeで利用できます。
64ビット版と32ビット版の両方を同じマシンにインストールしたい
できません。どちらかが既にインストールされている環境に他方をインストールすると、アンインストールされます。
64ビット版と32ビット版の違いはありますか?
利用できるプロジェクトファイルの形式が異なる点および、プロジェクトファイルに関連する機能が異なる点以外は、利用できる機能に違いはありません。

以前のバージョンの強化ポイント

Enterprise Architectバージョン15.2での強化ポイントについては、こちらのページをご覧ください