Enterprise Architect 活用セミナー (オンライン開催)

すでにEnterprise Architectをご利用の方を対象に、よりEnterprise Architectを活用していただけるよう、便利な操作や機能をご紹介する「Enterprise Architect 活用セミナー (オンライン開催)」に関するページです。

Enterprise Architect 活用セミナー (オンライン開催)
現在の状態 現在、お申し込みの受付は行っていません。
(次回の開催は2021年1月を予定しています。)
会場Web会議ツール「GoToMeeting」を利用したオンライン開催
参加条件サポートが有効なライセンスをお持ちの方
(ライセンス管理者でなくてもご参加いただけます。ご利用中のライセンスのサポートが有効かどうか分からない場合は、弊社でお調べいたします。)
対象
  • チーム(複数人)でEnterprise Architectを利用する場合に必要となる知識やよく使われる機能を知りたい方
  • 設計開発をより効率化するために、EAのさまざまな機能を知りたい方
内容以下の「セミナー内容」欄をご覧下さい。
参加費無料
準備
  • Windows等のパソコン・タブレットなど、Web会議ツール「GoToMeeting」が利用できる環境
  • スピーカーまたはヘッドホン
質疑応答チャットを利用 (音声で質問はできませんので、マイクは不要です)
お申し込み 現在はお申し込み受付を行っておりません。

セミナー内容

「Enterprise Architect 活用セミナー (オンライン開催)」

すでにEAをご利用の方を対象に、EAをより便利に利用するための機能について紹介します。

チーム設計編

  1. チーム設計に役立つ機能紹介
    • プロジェクトファイルについての詳細
    • [デモ] バージョン管理機能
    • 分散環境での設計
    • [デモ] 差分比較とマージ
  2. 質疑応答

機能紹介編

  1. よく使われる機能の紹介
    • Enterprise Architectで利用できるさまざまな記法
    • [デモ] ソースコード生成機能の概要
    • [デモ] ドキュメント生成機能の概要
    • カスタマイズ
  2. モデル内のトレーサビリティの定義と確保
    • トレーサビリティの概要と価値
    • [デモ] トレーサビリティ基本操作
    • [デモ] アドインを活用してモデリングツールの価値を発揮する
  3. 質疑応答

オンラインでのセミナー開催について

弊社では、セミナーのオンライン開催に向けていくつかのWeb会議システムを試し、性能・品質(特に音質)・講師と参加者の操作面において比較検討した結果、現時点では「GoToMeeting」を選定しました。「GoToMeeting」は、Enterprise Architectの開発元であるSparx Systemsも利用しているシステムです。

 

オンライン開催における追加情報は以下の通りです。

  • 参加にあたりGoToMeetingへのユーザー登録は不要です。
  • Windowsの場合、原則としてセミナー参加用のクライアントアプリケーションをダウンロードする必要があります。ご利用にあたり、管理者権限は不要です。
    • GoToMeetingの使い方の手順書はこちらからダウンロードできます。
    • ダウンロードは、セミナー参加の流れの中で自動的に行われます。
    • GoToMeetingはMacOS・Chromeブラウザ・スマートフォン等(Android/iOS)でも動作します。
      (GoToMeetingの利用マニュアルはWindows環境・Android環境・Chromeブラウザについて説明しています。)
  • 参加者の方の音声での発言はできませんので、マイク・カメラは不要です。
    (ご質問はチャット機能を利用し、文字で受け付けます。)
  • セミナーに参加する際には、接続先となるURLとパスワードが必要です。これらの情報は参加申し込みをした方に連絡します。
  • 会社の環境などでGoToMeetingが利用できるかどうか不明の場合には、事前に接続テストを行うことができます。接続テストについてはこちらのページをご覧ください
  • 企業内からの利用など、ネットワーク環境によっては、セミナー開催時のパスワードを入力後にセミナーの内容が表示されない場合があるようです。この場合には、ご利用の環境のネットワーク管理者様に、GoToMeetingの動画に関する通信を遮断しないよう、ご依頼ください。