Enterprise ArchitectのICONIXプロセス対応について

ICONIXプロセスは、書籍「Use Case Driven Object Modeling with UML」(日本語訳 「ユースケース駆動開発実践ガイド」)で紹介されている、比較的シンプルで人気のあるオブジェクト指向設計開発プロセスです。Enterprise Architectは、このICONIXプロセスで利用される図を記述することができます。

Enterprise Architectで利用可能な機能

  • ICONIXプロセスで利用する、7つのダイアグラムを作成できます。

    (ダイアグラムの作成画面で「ICONIXプロセス」が表示されない場合には、下記「利用方法」をご覧ください。)
  • それぞれのダイアグラムでは、ICONIXプロセスで利用する要素を含んだツールボックスが表示されます。
  • それぞれの図では、クイックリンク機能を利用して図を作成できます。

    (上の例では、「バウンダリ」要素が対象です。接続できない「エンティティ」は候補に含まれません。)

利用方法

ICONIXの7つのダイアグラムを作成するためには、「ICONIX」のパースペクティブを選択してください。Enterprise Architectの画面右上の「パースペクティブ」ボタンを押し、「ソフトウェアエンジニアリング」グループ内に「ICONIX」があります。