アドインセットアップツール

ここでは、アドインの登録等を一括して行う簡易ツール「アドインセットアップツール」について紹介します。

「アドインセットアップツール」を用いたインストール方法

「アドインセットアップツール」を用いた、アドインのインストール方法は次の通りです。(※注意事項もご覧ください。

  1. ZIPファイルで配布されている場合は、ZIPファイルを展開してください。
  2. EAが起動していないことを確認してください。
  3. インストールするアドインのDLLと同じフォルダにあるEAAddinSetup.batファイルを選択して右クリックし「管理者として実行」を行ってください。
  4. 「アドインの登録が完了しました。」と表示されたら完了です。
  5. EAを起動し、アドインを利用できるかご確認ください。

アンインストール方法

  1. Uninstall.batを選択して右クリックし「管理者として実行」を行ってください。

トラブルシューティング

アドインセットアップツール実行時の各症状別に考えられる原因を以下に記載します。以下の項目に当てはまらない場合はサポートまでご連絡ください。

  1. EAAddinSetup.batの実行時にエラーメッセージが表示される場合:
    エラー名考えられる原因と対策
    共有違反ですEAがすでに該当のアドインを利用しており、かつEAが起動した状態になっています。EAを閉じた状態でインストールしてください。
    UNC パスはサポートされていません。バッチファイルはUNC形式(\\name)には対応していません。.ini, .dllと共にローカルマシンなどへ移動してから実行してください。
    ▲エラー: アクセス権がありません。「管理者として実行」してください。EAAddinSetup.batを選択して右クリックし「管理者として実行」を行ってください。
    ▲エラー: EAインストールパスが不明です。EAを一度起動し、閉じてから再度実行してください。EAがインストールされていない、またはEAがインストールを行う管理者ユーザで一度も起動されていない可能性があります。インストールを行う管理者ユーザの権限でコマンドプロンプトを開き、'(EAインストールパス)\EA.exe /register' を実行後、再度実行してください。
    ▲エラー:***ファイルを正しくコピーできなかった可能性があります。EAインストールパスを正しく取得できなかった可能性があります。インストールを行う管理者ユーザの権限でEAを一度起動し、閉じた後に再度実行してください。「アクセスを拒否されました」というメッセージもある場合は、インストールを行う管理者ユーザの権限が不足している可能性があります。
    ▲エラー:iniファイルで指定されたバージョンの.NetFrameworkがインストールされていない可能性があります。アドイン実行に必要な.NET Frameworkがインストールされていない可能性があります。アドインの説明を読み、実行に必要な.NET Frameworkをインストールしてください。
    ▲エラー:iniファイル・・・EAAddin.iniの内容が正しくない可能性があります。アドインの配布元もしくはスパークスシステムズジャパン サポートまでご連絡ください。

  2. EAAddinSetup.batの実行がすぐに終了し、アドインが登録されない場合:
    EAAddinSetup.batが存在するフォルダ名もしくは途中のフォルダ名に '&' '(' '^' 等が含まれていないか確認し、含まれている場合は、含まれない名前に変更し再度「管理者として実行」を行ってください。

  3. EAAddinSetup.batの実行時により正しく登録できたが、アドインが利用できない場合:
    • 「アドイン・拡張」リボン内の「アドイン」パネルにある「管理」ボタンを押して表示される画面で、登録したアドイン名が表示されない場合
      • レジストリのアクセス権がありません。レジストリにアクセスできるユーザーでログインし、再度実行してください。
    • 「アドイン・拡張」リボン内の「アドイン」パネルにある「管理」ボタンを押して表示される画面で、アドイン名は表示されているがエラーメッセージが表示されている場合
    • アドイン実行時にエラーが発生する場合

  4. バージョン13.5までは問題なく動作したアドインが、バージョン14.0(以降)では動作しない場合:
    Enterprise Architect 14.0の新機能のご紹介のページからダウンロードできるPDFファイル「Enterprise Architect14.0機能ガイド」の末尾の情報をご覧いただき、対処をお願いします。

注意事項

バッチファイルEAAddinSetup.batをご利用になる上での注意事項を以下に記します。

  • EAAddinSetup.batを選択して右クリックし「管理者として実行」を行ってください。
  • EAAddinSetup.batが存在するフォルダ名もしくは途中のフォルダ名に '&' '(' '^' 等が含まれないようにしてください。
  • EAAddinSetup.batを実行する管理者ユーザとしてEAを一度起動している必要があります。
  • .NET Frameworkで作成されたアドインを登録するためには、.NET Frameworkがインストールされている必要があります。
    必要な .NET Frameworkのバージョンは、アドインのインストール設定に依存します。

「アドインセットアップツール」を用いたアドイン配布手順

アドインを配布する場合は、アドインの利用側でいくつかの手順が必要となります。 「アドインセットアップツール」を用いたアドイン配布手順は以下となります。

  1. 作成したアドインのDLLを準備
  2. 以下の「アドインセットアップツール」をダウンロード・解凍
  3. アドイン名やDLL名など必要な情報をiniファイルに記載
  4. 必要なファイル群を利用者へ配布

「アドインセットアップツール」の利用・配布について

「アドインセットアップツール」は、Enterprise Architectのサポートが有効な方がアドインを配布する場合に利用できます。ただし、アドインセットアップツール本体(バッチファイル)の改変および改変したアドインセットアップツールの配布はできません。アドインセットアップツール本体に問題がある場合には、お手数をおかけしますがサポート窓口にご報告ください

2019年4月1日以降の再配布につきましては、以下の規則が適用されます。

  • アドインを無料で配布する場合、「アドインセットアップツール」は無料で再配布できます。
    • 個人でアドインを作成し、無料で公開・配布する場合
    • 社内で独自にアドインを作成し、社内や関係会社内で利用する場合
  • アドインの作成や利用に何らかの対価が発生する場合には、「アドインセットアップツール」の再配布には使用料のお支払いが必要です。
    • アドインを有料で配布・販売する場合
    • 「アドインセットアップツール」の対象となるアドインの開発を他社・他者から有償で請け負い、納品物に含める場合
    • アドイン自体は無料でも、そのアドインの利用にあたり何らかの費用が発生する場合
      (例: 有料の会員のみ利用可能・有料のコンサルティングやセミナーを受けた方のみ利用可能、など)
    • ただし、以下の場合には無料で再配布できます。

「アドインセットアップツール」の使用料は、日本語版・英語版の言語ごとに年間20万円(消費税別)です。日本語版・英語版の両方を使用する場合には、40万円(消費税別)となります。使用料は会社単位で発生し、アドインの個数には依存しません。

対価の発生するアドインに対して「アドインセットアップツール」が再配布可能な企業および再配布可能期間は以下の通りです。

  • 株式会社構造計画研究所 (2020年3月31日まで・日本語版)
  • 三菱スペース・ソフトウエア株式会社 (2020年3月31日まで・日本語版)
  • 株式会社エクスモーション (2020年3月31日まで・日本語版)
  • 株式会社オージス総研 組み込みソリューション部 (2020年3月31日まで・日本語版)
  • ビースラッシュ株式会社 (2020年3月31日まで・日本語版)
  • ガイオ・テクノロジー株式会社 (2020年4月1日まで・日本語版および英語版)

ダウンロード

内容更新日-
アドインセットアップツール 日本語版 バージョン3.92019/04/02ダウンロード
アドインセットアップツールサンプル2019/04/02ダウンロード
アドインセットアップツール 英語版 バージョン3.92019/04/02ダウンロード
アドインセットアップツール 英語版 インストール方法説明ページ-About Add-in Setup Tool

変更履歴

Version3.9(2019/04/02)
「再配布許諾契約」RTFファイルを追加しました。
Version3.8(2018/07/06)
DLL登録時に、DLLファイルに対しダウンロードファイルのブロック解除処理を追加しました。
Version3.7(2018/05/23)
EA14環境の場合のチェック処理を追加しました。
Version3.6(2017/04/28)
.NET Framework のバージョン指定を行わない場合の設定を追加しました。
Version3.5(2016/06/30)
アドインのレジストリの登録先をHKEY_LOCAL_MACHINEとHKEY_CURRENT_USERの両方に変更しました。
(2016/03/09)
ファイルに著作権表記を追記しました。