アドインを作ってみる

ここでは実際にアドインを作成するにあたって必要な情報や参考になる情報を紹介しています。アドインを作成する際の参考にしてください。

なお、個人で作成したようなアドインを広めたい場合には、弊社でお手伝いすることもできます。具体的には、弊社Webサイトからダウンロードできるようにしたり、メールニュースなどでお知らせしたりすることができます。遠慮なくご相談下さい

有償追加サポートといたしまして、スパークスシステムズジャパンで作成を行うことも可能です。詳細は有償追加サポート アドイン・アプリケーション作成をご覧ください。

アドイン作成に必要な情報

アドインを作成するためのインタフェースおよび手順は、すべてヘルプに含まれています。ここではそのヘルプの内容の一部をご紹介します。

  • インタフェース

    アドイン作成に使用するインタフェースは2種類あります。

    1. API
      Enterprise Architect(以下EA)の情報を取得・操作するための ActiveX COM API です。詳細はヘルプ「リファレンス」以下をご覧下さい。
    2. アドインメソッド
      アドインメソッドは、EA内部で発生したイベントを取得します。詳細はヘルプ「アドインのイベント」「イベントのブロードキャスト」以下をご覧下さい。
  • 作成に関する知識の取得・サンプルコードの活用

    作成したいアドインの作成方法がよく分からない場合は、無料セミナー「Enterprise Architectアドイン作成セミナー」の内容や、サンプルコードの参照が有用です。サンプルコードはヘルプに含まれています。

  • 設定

    作成したアドインを実際に動作させるためにDLLの登録とレジストリの設定が必要になります。詳細はヘルプ「アドインの配置」をご覧下さい。

  • その他

    ヘルプにおいて、インタフェースの文法・サンプルコードはC#で記述されています。C#以外でアドインを作成する場合は、その言語に置き換えて作成する必要があります。ご注意下さい。

アドイン作成の進め方

  1. 仕様を決める

    アドインで何をしたいのか?について検討・決定します。仕様によっては、アドインではなくAPIを利用して、外部のアプリケーションからEAで作成したモデルを参照・操作する方法が適切の場合もあります。EAの画面内で操作を行いたい場合はアドインを、EAでの操作が必要ない場合はアプリケーション、という切り分けが一般的です。

  2. 作成手段を決める

    作成するプログラム言語、および作成するツール(IDE)を決定します。なお、アドインでは最終的にActiveX COM DLLを作成しますが、このDLLが作成できるのであればプログラム言語は問いません。例えば、VB.NET・Visual C++・C#・Delphi などがあります。

  3. 作成する
    • 実装
    • ビルド
    • DLL登録
      .Net以外で作成したDLLであればRegSvr32コマンド、.Netで作成したDLLであればRegAsmコマンドを実行します。詳細は、ヘルプの「アドインの配置」を参照して下さい。
    • レジストリ設定(1回のみ)
      EAがアドインを認識できるようにレジストリにエントリを設定します。詳細は、ヘルプの「アドインの配置」を参照して下さい。
    • 実行
    • デバッグ

アドインの作成方法を知るには?

アドインに必要な情報はすべてヘルプ「API・アドイン・スクリプト」以下に存在しますが、セミナーでもアドイン作成方法を知ることができます。

  1. Enterprise Architectアドイン作成セミナー
    アドインを作成するためのセミナーの録画を公開しています。これからアドインを作成するために、アドインの基礎を知り、自分でアドインを作成できるようになりたいという方は、ぜひこのセミナーをご活用下さい。
  2. フォーラム
    フォーラムの掲示板の「EA API」には有用な情報が多く掲載されています。
  3. 有償追加サポート
    アドインの作成支援等を有償追加サポートとして行うことも可能です。詳細は有償追加サポート スポット(オンサイト)対応・ツールコンサルティングをご覧ください。

アドインの配布

作成したアドインを他の方に配布する方法を紹介します。作成したアドインを利用する方法は、EAのヘルプ「アドインの配置」に記載されていますが、いくつかの手順が必要になります。ここでは、その手順を自動的に一括して行う簡易ツールを紹介します。

アドイン配布手順

  1. 作成したアドインのDLLを準備する
  2. 以下の「アドインセットアップツール」をダウンロード・解凍する
  3. アドイン名やDLL名など必要な情報をiniファイルに記載する
  4. 必要なファイル群を利用者へ配布する
アドイン利用手順
  • アドインをセットアップする場合:EAAddinSetup.batを選択して右クリックし「管理者として実行」を行ってください。
  • アドインを削除する場合    :Uninstall.batを選択して右クリックし「管理者として実行」を行ってください。

※手順の詳細はこちらをご覧ください。

内容更新日-
アドインセットアップツール バージョン3.82018/07/06ダウンロード
アドインセットアップツールサンプル2018/07/06ダウンロード

アドインセットアップツール変更履歴

Version3.8(2018/07/06)
DLL登録時に、DLLファイルに対しダウンロードファイルのブロック解除処理を追加しました。
Version3.7(2018/05/23)
EA14環境の場合のチェック処理を追加しました。
Version3.6(2017/04/28)
.NET Framework のバージョン指定を行わない場合の設定を追加しました。
Version3.5(2016/06/30)
アドインのレジストリの登録先をHKEY_LOCAL_MACHINEとHKEY_CURRENT_USERの両方に変更しました。
(2016/03/09)
ファイルに著作権表記を追記しました。
Version3.4.3(2015/12/03)
アドインのレジストリの登録先をHKEY_LOCAL_MACHINE以下に変更しました。
Version3.4.2(2014/12/17)
EAインストールパスの取得失敗の時に正しいエラーメッセージが出ない問題を修正しました。
Version3.4.1(2013/03/27)
64ビット環境の場合エラーとなる問題を修正しました。
Version3.4(2013/03/26)
以下の3点を変更しました。
  • EAインストールパスの実在確認機能を追加しました。
  • EAインストールパスのEA.exe存在確認機能を追加しました。
  • アクセス権の確認機能を追加しました。
Version3.3(2012/10/30)
以下の2点を変更しました。
  • コマンドのパス指定を行いました。
  • 不要な記述の削除を行いました。
Version3.2(2012/02/21)
以下の3点に対応しました。
  • フォルダのコピーに対応しました。
  • regコマンド実行時にdllファイルをコピーしないオプションを追加しました。
  • アンインストール時にiniファイルの先頭行から実行するのではなく、まずはregコマンドを実行してdllをunregisteredし、続いてcopy/xcopyコマンドを実行してファイルを削除するように対応しました。
Version3.1(2011/10/27)
インストール時にコピーをしていたファイルを、アンインストール時に削除するように改善しました。

アドインのサンプルソースコード

弊社で作成した、アドインのサンプルソースコードが利用できます。アドイン作成の際にどうぞご活用下さい。なお、ソースコードのダウンロードはサポートユーザー専用です。

内容言語更新日-
ダイアグラム上の要素数カウントアドイン ソースコード
Microsoft Visual C# 2013で動作確認済みのソリューションファイルやソースコードが含まれています。よく利用されるアドインメソッドや、APIのDiagramObjectやElementの使い方など、アドインを作成する上で基本となる処理が含まれます。
C# (VS 2013)2018/05/29ダウンロード
カスタムビュー(サブウィンドウ・タブ) サンプルソースコード
Respository.AddWindow(サブウィンドウの追加)、Respository.AddTab(タブの追加)のC#サンプルです。
C# (VS 2013) 2018/05/25 ダウンロード