チーム開発に役立つ機能について

Enterprise Architectには、チーム(複数人数)での設計時に役に立つ数多くの機能を搭載しています。例えば、以下の機能があります。

  • プロジェクトの共有
  • プロジェクトをOracleなどのDBMSに格納し、堅牢に管理
  • バージョン管理
  • 排他ロック
  • アクセス権の設定と適用
  • モデルの監査
  • ベースライン・差分管理・マージ
  • チームレビュー
  • クラウドサーバ

(Enterprise Architectのエディションによって利用できる機能は異なります。各機能ごとのエディションや、各機能が関連する詳細な情報は「Enterprise Architect機能一覧」をご覧ください。)

これらの機能を必要に応じて組み合わせて活用することで、チームでの設計時の効率を向上したり、分散環境での設計の支援をしたりすることが可能になります。

以下、特徴的な機能を2点紹介します。

プロジェクトの共有

複数の利用者が同時に設計情報を参照・更新する場合には、一番簡単な方法の場合、プロジェクトファイルをネットワークドライブ(共有ドライブ)に配置し、各自がそのファイルをダブルクリックして開くだけです。このように、簡単にモデルを共有できます。この手軽さはEnterprise Architectの特徴の一つです。

ただし、この方法の場合、要素の編集に関する排他制御は全く行われません。必要に応じて、他の機能を組み合わせることになります。

「クラウドサーバ」機能を利用すると、プロジェクトを共有し、HTTPやHTTPSでプロジェクトの内容を参照・編集することが可能になります。

バージョン管理

Enterprise Architectのチーム開発に関連する機能で広く利用されているのが、バージョン管理の機能です。SubversionやVisual SourceSafeなどの外部のバージョン管理ツールを利用し、モデルの情報を管理します。

バージョン管理機能が有効な場合には、編集対象のパッケージを「チェックアウト」すると編集可能になり、「チェックイン」した時点で差分情報を外部のバージョン管理ツールを経由して保存します。チェックアウト中は他の設計者は参照のみ可能です。編集することはできませんので、結果的にモデルの排他制御も実現します。

バージョン管理機能を利用した応用として、複数のプロジェクトファイル間で設計のモデル情報を共有することができます。これにより、分散した環境でのモデル情報の共有を実現することができます。

関連する情報

ドキュメント

内容更新日-
フローティングライセンス マニュアル
フローティングライセンスについて、およびフローティングライセンスを管理するためのライセンスマネージャーのマニュアルです。
2018/10/02 ダウンロード
複数人数による設計開発での利用法 マニュアル
Enterprise Architectを利用して複数人数で設計開発を行う場合の注意点や利用可能な機能についての紹介です。
2018/06/27 ダウンロード
差分比較とマージ 機能ガイド
モデルの内容の差分を表示したり、差分をマージしたりする方法の紹介ドキュメントです。
2018/05/16ダウンロード
レビューとディスカッション 機能ガイド
複数人で作業を行っている場合に役に立つ、モデルのレビューを支援する機能を紹介します。
2018/05/16ダウンロード
アクセス権 機能ガイド
コーポレート版で利用可能なアクセス権機能の詳細を説明したドキュメントです。
2018/05/16 ダウンロード
クラウドサーバ 設定と利用ガイド
クラウドサーバについての設定と利用方法を説明したドキュメントです。
2018/08/21ダウンロード

(→ドキュメントのダウンロードページへ移動)

動画デモ

内容時間リンク
バージョン管理機能概要4分48秒Youtubeで再生

(→動画デモのページへ移動)