エディションとライセンス形態

Enterprise Architectには、「エディション」(種類)とライセンス形態の2つの組み合わせがあります。

エディションについて

Enterprise Architectには3つのエディションがあります。デスクトップ版・プロフェッショナル版・コーポレート版です。また、上位エディションとなるスイート製品「Enterprise Architect Suite」として、ビジネスモデリング版・システムエンジニアリング版・アルティメット版の3つのエディションがあります。

この合計6つのエディションの関係は上の図の通りです。上位エディションでは、下位エディションの機能をすべて利用できます。

各エディションごとの利用できる機能につきましては、「Enterprise Architect機能一覧」をご覧ください

どのエディションを選択して良いかわからない場合には、販売担当までご相談下さい。ご希望の内容を伺い、最適なエディション・構成をご提案いたします。

ライセンス形態について

Enterprise Architectのライセンスには、スタンダードライセンス・フローティングライセンス・アカデミックライセンスの3つの形態があります。3つのライセンスで、利用できる機能は同一です。

スタンダードライセンスおよびアカデミックライセンスは、原則として1ライセンスにつき1名を固定し、利用する形態のライセンスです。対象の1名の利用者が複数のマシンを所有している場合には、最大で2台までにインストールし、排他的に利用することができます。

Enterprise Architectコーポレート版とEnterprise Architect Suiteの各エディションでは、フローティングライセンス(同時使用数ライセンス)の形態もあります。フローティングライセンスの説明はこちらのページをご覧下さい

アカデミックライセンス(研究・学習用途向けライセンス)についての詳細は、こちらのページをご覧下さい

各エディションの説明

Enterprise Architect

デスクトップ版

→個人でのUML・BPMNなどのモデリング
デスクトップ版は、個人による分析設計での利用を想定しています。コード生成/読み込み機能など、Enterprise Architectの特徴である機能の多くは含まれていません。チーム(複数人数)での利用もできません。そのため、複数人での設計開発のための利用には適しません。
スタンダードライセンスおよびアカデミックライセンスがあります。フローティングライセンスはありません。
プロフェッショナル版

→個人・企業問わず、5名程度までのチーム開発・ソースコードの生成や読み込みが必要な設計開発
プロフェッショナル版はソースコードと連携した設計や小規模のチーム開発を想定しています。デスクトップ版の全ての機能に加えて、クラス図からのソースコードの生成と読込やプロジェクトファイルの共有利用が可能です。さらに、OracleやSQL Serverなどのデータベースの解析とDDL(SQL文)の生成にも対応しています。
スタンダードライセンスおよびアカデミックライセンスがあります。フローティングライセンスはありません。
コーポレート版

→5名以上のチーム開発全般 (下記Enterprise Architect Suiteの条件に該当しない設計開発)
コーポレート版は中規模以上の開発チームでの利用を想定しています。プロフェッショナル版の全ての機能に加えて、アクセス権・監査・ベースライン・スクリプトなどチーム開発を支援するさまざまな機能を搭載しています。また、UMLモデルをOracleやSQLServerに配置し、多人数の同時利用や地理的に離れた環境での利用に適した「リポジトリ」機能や「クラウドサーバ」機能があります。
スタンダードライセンスと、フローティングライセンスの2つの形態で提供しています。
(ご注意: 「コーポレート版」のスタンダードライセンスは他のエディションと同じく、1ライセンスに付き1名のみが利用可能です。他社製品等で「コーポレート版」という名称が、会社などの一定の範囲内で、利用者数の制限なく自由に利用できる形態のライセンスを指す場合がありますが、弊社製品は異なります。ご注意ください。)

Enterprise Architect Suite

ビジネスモデリング版

→エンタープライズ系(業務系)ソフトウェアの設計開発・BPMNからBPEL生成を行いたい場合
ビジネスモデリング版は、BPMNなどのビジネスモデリングや、ザックマンフレームワークやTOGAFなどのEnterprise Architectureフレームワークを利用した業務・ビジネスの分析設計などを行う人を対象にしたエディションです。このエディション独自の機能として、作成したBPMNモデルからBPELコードを生成する機能のほか、ビジネスのルール(制約)の定義を行うことで、内部処理(実装)を含むソースコードを出力する機能が利用できます。
さらに、C・C++・Java・C#・VB.NETに対して、ステートマシン図・アクティビティ図・シーケンス図からのコード生成が可能です。UMLを利用したモデリングや、生成したソースコードとUMLモデルを連携して効率の良い実装を支援するアドイン製品も利用できます。
スタンダードライセンスと、フローティングライセンスの2つの形態で提供しています。
システムエンジニアリング版

→組込みソフトウェアの設計開発・ハードウェア系言語にモデリングを導入したい場合
システムエンジニアリング版は、ハードウェア系の言語からソースコードを生成することに重点を置いたエディションです。利用できる言語としてAda2005・SystemC・Verilog・VHDLの4種類の言語が追加されます。また、ステートマシン図から SystemC・Verilog・VHDLのソースコード生成が可能です。
さらに、C・C++・Java・C#・VB.NETに対して、ステートマシン図・アクティビティ図・シーケンス図からのコード生成が可能です。UML・SysMLを利用したモデリングや、生成したソースコードとUMLモデルを連携して効率の良い実装を支援するアドイン製品も利用できます。
スタンダードライセンスと、フローティングライセンスの2つの形態で提供しています。
アルティメット版

→設計開発全般を通してツールを使いこなしたい場合
アルティメット版では、Enterprise Architect Suiteビジネスモデリング版とEnterprise Architect Suiteシステムエンジニアリング版の両方の機能が利用できます。設計開発の全てにおいて、Enterprise Architect製品群を利用したい方にお勧めします。MDGシリーズのすべてのアドインもこのエディションには含まれていますので、幅広い範囲でツールを利用することができます。
スタンダードライセンスと、フローティングライセンスの2つの形態で提供しています。
(RaQuest・DBMode・Trac連携アドイン・Redmine連携アドイン・MDG BPSim 実行エンジンは含まれません。)

各エディションごとの利用できる機能につきましては、「Enterprise Architect機能一覧」をご覧ください

Enterprise Architect Suiteに含まれる製品・アドイン・追加機能

Enterprise Architect Suiteの各エディションに含まれる製品・アドイン・追加機能は以下のようになります。「○」は、該当エディションを購入すると利用できる製品・機能です。

 ビジネスモデリング版システム
エンジニアリング版
アルティメット版
連携・アドイン製品
Enterprise Architect コーポレート版
MDG Integration for Visual Studio
MDG Integration for Eclipse
MDG Technology for Zachman Framework×
MDG Technology for UPDM×
MDG Technology for TOGAF×
MDG Technology for SysML×
MDG Technology for DDS×
MDG Link for DOORS××
要求管理ツール RaQuest
データベース設計支援ツール DBMode
Trac連携アドイン
Redmine連携アドイン
MDG BPSim 実行エンジン
どのエディションにも含まれません。これらの製品・アドインを利用する場合には、別途購入する必要があります。

お知らせ:
2014年9月1日より、Enterprise Architectアルティメット版には、RaQuestおよびARCSeekerは含まれなくなりました。この変更についてはこちらのページをご覧下さい

 ビジネスモデリング版システム
エンジニアリング版
アルティメット版
追加機能
BPMN1.1/2.0モデルのBPEL生成機能×
ビジネスルールの定義から実装を含むコードの生成機能×
デシジョンテーブルの作成と表示×
ステートマシン図・アクティビティ図・シーケンス図からのソースコード生成機能
(C・C++・Java・C#・VB.NET)
SystemC・Verilog・VHDL・Adaのソースコードとクラス図の連携×
ステートマシン図からSystemC・Verilog・VHDLのコード生成×
OpenModelicaと連携し、SysMLモデルをシミュレーション×

アップグレード

購入後にエディションをアップグレードすることができます。

注意:エディションをアップグレードしても、サポート期間には変更がありません。また、アップグレードの場合には本数が多い場合でも割引はありませんので、将来的にアップグレードする予定がある場合には最初から高機能のエディションを購入するほうが安くなります。