BPMNモデリングツールとしてのEnterprise Architect

BPMNのモデリング

Enterprise Architectでは、BPMN(Business Process Modeling Notation) 1.0/1.1/2.0の図を書くことができます。標準的な記法であるBPMNを利用してビジネスプロセスの定義ができるだけでなく、UMLの設計情報を同じプロジェクトファイル内にまとめて設計開発を進めることもできます。

クイックリンクで効率的なモデリング

Enterprise Architect独自の「クイックリンク」機能を利用することで、流れに沿ってBPMNモデルを作成することができます。

BPEL1.1/2.0の生成

Enterprise Architect Suiteビジネスモデリング版あるいはアルティメット版を利用すると、BPMN1.1のモデルからBPEL1.1を、BPMN2.0のモデルからBPEL2.0を生成することができます。エディションについての説明はこちらをご覧ください

BPELに関する主な機能

主な機能
BPMN 1.0/1.1/2.0のサポート
BPMNのそれぞれの要素の作成と利用
BPMNの文法に合わせてカスタマイズされたクイックリンク機能

利用環境

BPMN1.0/1.1/2.0を利用したモデリングを実行するために必要な環境は以下の通りです。

  • Enterprise Architect (BPMNモデリングにつきましては、エディションの制限はありません)
  • BPEL生成を利用する場合には、Enterprise Architect Suiteビジネスモデリング版、あるいはアルティメット版が必要です。

ドキュメント

BPMNを利用したモデリングの概要を紹介したドキュメントを作成しました。ぜひご覧ください。

内容更新日-
BPMNモデリング マニュアル
Enterprise ArchitectでBPMNを利用したモデリングの方法の説明です。
2016/10/07 ダウンロード

評価について

BPMNモデリングの評価につきましては、Enterprise Architect評価版をご利用下さい。評価版につきましてはこちらのページをご覧下さい