MDG Integration for Microsoft Office

お知らせ:
・「MDG Integration for Microsoft Office」は、英語版のみとなります。
・「MDG Integration for Microsoft Office」は、「Enterprise Architect アルティメット版」をご利用の方は無料で利用できます。
・スパークスシステムズ ジャパンでは、このアドイン製品単体での販売は行っていません。

モデルとOfficeドキュメントを連携

このアドインは、Enterprise Architectで作成したモデルと、Microsoft Office製品のドキュメントとを連携させることのできるアドインです。主な機能は次の通りです。

  • WordやExcel形式の内容を読み込み、指定したルールで内容を解析して要素を作成
  • 作成した内容をEnterprise Architectで変更した場合に、Excelのドキュメントに反映
  • VisioのBPMNモデルを読み込み
  • モデルの内容をPowerPointのスライドとして出力し、モデルを更新した場合に同期

PowerPoint連携

PowerPoint Integration

PowerPointトの連携機能は、Enterprise Architectで作成したモデル内の画像や要素名・パッケージ内の要素の一覧などの情報をPowerPointのスライドに挿入することができます。どの内容・要素を挿入するかはPowerPoint内で指定することができます。無料の「PowerPointに出力するアドイン」よりも多機能であることが特徴です。

さらに、挿入した内容についてEnterprise Architectのモデルが更新された場合に、PowerPointのスライド内の情報について一括で変更を反映(更新)することができます。

Excelの入出力

Excel Integration

Excelで定義されている内容から、Enterprise Architectの要素を生成することができます。要素・接続・属性・操作が生成可能です。

また、作成したモデルの要素・接続・タグ付き値・属性・操作の内容をExcelに出力することができます。無料の「Excel出力アドイン」よりも多機能であることが特徴です。

Wordの読み込み

Word Integration

Wordドキュメントの内容から、ユースケースやクラスなどの要素を作成することができます。読み込む場合には、事前にWordドキュメントの見出し(章・節など)や文章の構成などについて、どの部分をどのように解釈するか(どの範囲を要素の名前にするか、等)を定義する必要があります。この定義機能があることにより、Word文書の内容を詳細に解析し、要素の名前だけでなくノートや他のプロパティ・タグ付き値についても、Word文章から取り込むことができます。

定義した内容は他のWord文書に対しても繰り返し利用できますので、形式が定まったWord文書が多数ある場合に、定義を1回行うだけで多数のドキュメントを効率よく取り込むことができます。

Visioの読み込み

Visio Importer

MDG Integration for Officeでは、拡張子.vsdおよび.vdxのVisioのファイルを読み込むこともできます。無料で提供している「MDG Link for Visio」よりも読み込み対象が広く、読み込み結果がより適切になるように改善されています。

既にVisioで作成した図があり、その図の内容をEnterprise Architectに読み込んで作業の出発点とする場合に便利です。

必要システム構成(動作条件)

ダウンロード

ご利用のOfficeに応じて、いずれかのインストーラをダウンロードし、ご利用ください。
(Windowsが64ビットOSでも、利用しているOfficeが32ビット版の場合には、32ビット版Office用インストーラをご利用ください。)

スパークスシステムズ ジャパンでは、Enterprise Architect アルティメット版のサポートが有効なお客様に限りこのアドインのサポートを行います。それ以外のお客様につきましてはサポートでの対応は行いませんので、ご了承ください。