TOGAFのモデリング

ご注意: テンプレートの内容は英語になります。日本語文字列の入力や表示は可能です。

TOGAFとは?

The Open Group Architecture Framework (TOGAF)はEnterprise Architectutre(エンタープライズアークテクチャ)の設計において広く利用されているフレームワークの一つです。

TOGAFのモデリング

Enterprise Architect バージョン14.0以降のユニファイド版あるいはアルティメット版を利用すると、Enterprise ArchitectでTOGAF 9.1に基づいたモデリングを効率よく行うことが可能になります。TOGAF 9.1のフレームワークと合わせて、Enterprise Architect標準の機能であるArchimate, Software Process Engineering Methodology (SPEM) 2.0, SoaML, Business Motivation Model (BMM)を利用することができます。

主な機能
TOGAF 9.1のADM (Architecture Development Method) に基づいたモデリングのサポート
FEAF (Federal Enterprise Architecture) の参照モデル
UML Profiles for FEAF Business, Performance, Service, Technical Reference ModelsのサポートおよびOMG標準のBusiness Motivation Model (BMM) 1.0のサポート

画面イメージ

クリックすると拡大します。

     

利用環境

TOGAFのモデリングを利用するために必要な環境は以下の通りです。

評価版のダウンロード

TOGAFのモデリングを評価するには、Enterprise Architect 14.0以降の評価版を起動し、ユニファイド版あるいはアルティメット版として動作させてください。