MDG Technology for TOGAF

ご注意:この製品は「英語版」になります。メニューやマトリックスの内容などはすべて英語です。日本語文字列の入力や表示は可能です。

TOGAFとは?

The Open Group Architecture Framework(TOGAF)はEnterprise Architectutre(エンタープライズアークテクチャ)の設計において広く利用されているフレームワークの一つです。

MDG Technology for TOGAF

MDG Technology for TOGAFアドインを利用すると、Enterprise ArchitectでTOGAF 9.1に基づいたモデリングを効率よく行うことが可能になります。TOGAF 9.1のフレームワークと合わせて、Enterprise Architect標準の機能であるArchimate, Software Process Engineering Methodology (SPEM) 2.0, SoaML, Business Motivation Model (BMM)を利用することができます。

主な機能
TOGAF 9.1のADM (Architecture Development Method) に基づいたモデリングのサポート
FEAF (Federal Enterprise Architecture) の参照モデル
UML Profiles for FEAF Business, Performance, Service, Technical Reference ModelsのサポートおよびOMG標準のBusiness Motivation Model (BMM) 1.0のサポート

画面イメージ

クリックすると拡大します。

     

利用環境

MDG Technology for TOGAFアドインを利用するために必要な環境は以下の通りです。

  • Enterprise Architect日本語版 11.1 ビルド1113以降 プロフェッショナル版以上のエディションが必要です。
  • Enterprise Architect Suiteビジネスモデリング版およびアルティメット版では、追加アドイン製品の購入の必要なく、利用することができます。Enterprise Architectプロフェッショナル版あるいはコーポレート版では、MDG Technology for TOGAFを購入すると利用できるようになります。

価格と購入について

ダイレクト購入の価格はこちらをご覧下さい。パッケージ購入はオープン価格です。ダイレクト購入とパッケージ購入の違いは、こちらのページをご覧ください

このアドイン製品には、スタンダードライセンスとフローティングライセンスがあります。これらのライセンスの違いについては、こちらのページをご覧下さい。なお、この製品はスタンダードライセンスからフローティングライセンスへのアップグレードはできませんので、ご注意下さい。

購入方法や支払方法など購入に関する概要はこちらでご説明しています。

評価版のダウンロード

評価版は30日間使用可能です。機能制限はありません。ダウンロードはこちらから可能です。