ユースケースシナリオの書き方

はじめに

ユースケースを定義する場合には、そのユースケースの挙動を具体的に定義したユースケースシナリオをあわせて記述します。この具体的な方法について、Enterprise Architectの機能を活用する方法として4つの方法があります。

シナリオタブを利用する

Enterprise Architectのユースケース(やその他の要素)のプロパティダイアログには、「シナリオ」グループ(タブ)があります。このグループには、その要素についてのシナリオを記述することができます。その具体的な例として、下の図をご覧ください。

この図のように、シナリオのタイトルを種類を定義し、その内容をステップ(手順)ごとに書いていきます。ここで記述した内容からアクティビティ図やシーケンス図などを生成したり、テスト項目を自動生成したりすることができます。さらに、モデル内の他の項目との関連づけなども可能です。

なお、「モデル」リボンの「要素」パネル内にある「シナリオ」ボタンを押すと表示される「責務サブウィンドウ」を利用すると、選択した要素のシナリオ情報を参照・編集できます。複数のユースケース要素のシナリオを参照する場合に、それぞれの要素のプロパティダイアログをその都度開く必要がなくなりますので便利です。

外部のファイルを利用する

会社や部署などの組織によっては、Wordなどのファイルでユースケースシナリオの構成や内容が定義されている場合もあります。こういった場合には、同じくプロパティダイアログの「ファイル」グループ(タブ)が便利です。このファイルグループには、外部のファイルを登録することができます。

なお、ここに登録したファイルは、選択後に「起動」ボタンを押すと、自動的に拡張子に関連付けられたツールで読み込んで表示させることができます。

アクティビティ図を利用する

アクティビティ図を利用する方法を説明します。ユースケースシナリオは、多くの場合には文章として記述されますが、アクティビティ図を利用して記述するという方法もあります。

まず、ユースケースの子ダイアグラムとして、アクティビティ図を作成します。コンテキストメニューから「子ダイアグラムの追加」→「子ダイアグラムを作成」を選択してください。すると、ユースケースの下にダイアグラムが作成されますので、それを開きます(ユースケースをダブルクリックすると開くことができます)。この方法で作成されるダイアグラムはユースケース図ですので、アクティビティ図に直します。「ダイアグラム」リボン内の「ダイアグラム」パネルにある「操作」ボタンを押し、「種類を変更」を実行して下さい。

ここにアクション要素などを追加してアクティビティ図を作成することで、複雑なシナリオもわかりやすく表記することができます。必要に応じてノート要素などを利用して補足してもよいでしょう。

付属ドキュメントを利用する

最後に、付属ドキュメントを利用する方法を説明します。

対象のユースケースのコンテキストメニューから「付属ドキュメント」を選択してください。これにより、選択された要素の付属する形で内部的にドキュメントを保持できます。保持しているドキュメントはDOCX・PDF・RTFのドキュメントの出力機能で出力対象にすることができます。