Enterprise Architectが利用するレジストリ情報について

Enterprise Architectは、ユーザーごとの設定情報をレジストリに保管しています。ここでは、このレジストリに関する追加情報をお知らせします。

保存する位置・内容

Enterprise Architectは、起動時およびユーザーが設定を変更したときに、以下の位置にさまざまな情報を保管しています。
HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Sparx Systems

ここに情報がない場合には、初期値で設定されているものとして動作します。この内容を直接書き換えた場合の動作は保証していません。

なお、Enterprise Architectをアンインストールしてもこの情報は削除されずに残ります。これは、Enterprise Architectの新しいバージョン・ビルドが出た場合のアップデートの方法として、インストーラを利用することを想定しているためです。削除する方法については下記をご覧ください。

英語版と日本語版

Enterprise Architectには英語版と日本語版がありますが、いずれの場合にも上記の同じ位置に情報を格納します。つまり、例えば英語版をインストールしたことのあるマシンに日本語版をインストールした場合には同じ設定情報を参照することになります。既存の設定は上書きしませんので、日本語版の利用・動作に問題が発生する可能性があります。

なお、評価版も同じ位置に情報を作成しますので、評価版をご利用になった後に製品版をご利用になる場合には、評価版で設定した内容が残る場合がございます。この場合には、評価版をアンインストールしてから、製品版をインストールする前に、下のツールをご利用ください。

情報を削除するには

このレジストリ情報および、他のEnterprise Architectの設定情報を削除する場合には、以下のツールをご利用ください。

  Enterprise Architect 設定削除ツール
Enterprise Architectがレジストリ上に作成する設定情報およびマシンに保存する設定情報を削除するためのツールです。ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、Enterprise Architectが起動していない状態で実行してください。設定情報に何らかの問題がある場合や他のマシンに利用しているライセンスを移行する場合など、すべての設定を削除したい場合のみご利用ください。
設定削除ツール EARegClean.zip

Enterprise Architectのアドインに関する情報は、個人ごとのレジストリ情報(HKEY_CURRENT_USER以下)以外にも、マシン全体のレジストリ情報(HKEY_LOCAL_MACHINE以下)にも保存しています。上記の設定削除ツールをダブルクリックで実行した場合には、このマシン全体のレジストリ情報の削除には失敗し、メッセージを表示します。

Enterprise Architectの使用を中止する場合や他のマシンに変更する場合には、マシン全体のレジストリ情報の削除は不要です。利用しないアドインがある場合など、アドインの情報も削除したい場合には、上記の設定削除ツールを右クリックし「管理者として実行」を選択し、アドインに関する情報も削除してください。