Enterprise ArchitectでRDRA 2.0を利用する

RDRAとは?

RDRAとは神崎善司氏が考案したリレーションシップ駆動要件分析(Relationship Driven Requirement Analysis)の略語であり、網羅的で整合性のある要件定義をUMLの表現力を使って要件定義としてまとめる手法です。最新版はRDRA 2.0で、書籍「RDRA2.0 ハンドブック: 軽く柔軟で精度の高い要件定義のモデリング手法」に詳細が記載されています。

RDRAの詳細は、上記書籍やリレーションシップ駆動要件分析のWebサイトをご覧ください。

RDRAアドイン

このページ下部からダウンロードできるアドインをインストールすると、RDRA2.0に関係するテンプレートや機能が利用できるようになります。すべてのエディションで利用できます。Enterprise Architect バージョン15.0以降で動作します。

RDRAアドインの正式リリースはバージョン15.0のリリース以降となります。このページの内容は、正式リリースまでに変更になる可能性もあります。

なお、このアドインはスパークスシステムズ ジャパンが独自に企画・作成しているものです。RDRAの提唱者である神崎様および弊社パートナーの株式会社バリューソース様とは、直接の関係はありません。RDRAアドインについてのご質問・ご要望・バグ報告などにつきましては、弊社にご連絡ください

RDRAアドインを利用したダイアグラムのサンプル

以下のダイアグラムは、書籍「RDRA2.0 ハンドブック: 軽く柔軟で精度の高い要件定義のモデリング手法」に記載のダイアグラムを、RDRAアドインを利用して作成したものです。クリックで拡大表示できます。

RDRAアドインを利用した、RDRAの進め方

この説明では、Enterprise Architectの基本的な操作方法の説明は省略しています。初めてEnterprise Architectを利用する方は、PDFドキュメント「ゼロからはじめるEnterprise Architect」をご覧になり、基本操作を試してください。

1.RDRAパースペクティブの適用

Enterprise Architectのプロジェクトファイルを新規に作成して下さい。

Enterprise Architectの画面の右上にある「パースペクティブ」ボタンを押し、「MDGテクノロジー」→「アドインのMDGテクノロジー」を選択してください。自動的に「モデルテンプレート」タブが開きます。

2.テンプレートの選択

開いた「モデルテンプレート」タブ内の「RDRA 2.0」グループには、2つのテンプレートが含まれています。1つは「RDRA 2.0 テンプレート」、もう1つは「RDRA 2.0 サンプル」です。「RDRA 2.0 サンプル」は、書籍「RDRA2.0 ハンドブック: 軽く柔軟で精度の高い要件定義のモデリング手法」に記載のダイアグラムが含まれていますので、モデルブラウザの構成やダイアグラム・要素の配置などを把握する場合に便利です。
(2つのテンプレートの両方を1つのプロジェクトファイルに読み込まないでください。後述するRDRAアドインの機能の一部が正しく動作しなくなります。)

RDRAのモデルを実際に作成する場合には、「RDRA 2.0 テンプレート」を選択し、「モデルテンプレート」タブ内左下の「テンプレートの読み込み」ボタンを押してください。自動的に以下のような構成が読み込まれます。

なお、このアドインおよびテンプレートは、「業務」→「ビジネスユースケース」→「業務フローあるいは利用シーン」の3階層があることを前提としています。

3.ダイアグラムの作成

基本的な作成方法

最初は、「システムコンテキスト図」を作成します。モデルブラウザ内のパッケージを「RDRAテンプレート」→「ダイアグラム」→「システム価値」→「システムコンテキスト図」と開き、「システムコンテキスト図」をダブルクリックして開きます。

ダイアグラムを開くと、ツールボックスにはRDRAで定義されている要素が表示されます。ツールボックスからドラッグ&ドロップで要素を配置できます。要素の名前は、以下のいずれかの方法で変更できます。

  • 画面右端に表示されている、プロパティサブウィンドウで編集する
  • 要素をダブルクリックしてプロパティ画面を表示し、編集する
  • 要素を選択した状態でF2キーを押す

ツールボックスやモデルブラウザ内の要素は、次の画像のようにRDRAで利用されているアイコンが表示されます。

要素間のつながりは、Enterprise Architectの特徴的な機能である「クイックリンク」を利用すると効率的です。要素間のつながりは「関係」という線を利用します。

作成した関係の線は、垂直と水平な線のみで構成される「直交」スタイルになります。線をドラッグすると、位置を調整できます。

「説明」要素(UMLのノート要素を流用)と他の要素との間は、「ノートリンク」で結びます。

モデル要素についての注意事項

RDRAでは、同じ要素(モデル要素)が複数のダイアグラムで利用されることがあります。このような場合には、同じモデル要素をツールボックスから複数回作成してはいけません。RDRAの特徴である、トレーサビリティの確保ができなくなります。

すでに作成済みのモデル要素を他のダイアグラムで利用する場合には、以下のいずれかの方法を利用します。

  • 作成済みのダイアグラムで要素を選択してCtrl+Cでコピーし、別のダイアグラムを開き、Ctrl+Vで貼り付ける
  • モデルブラウザ内にある要素をドラッグし、利用するダイアグラムにドロップする

後者のモデルブラウザからのドラッグ&ドロップを利用する場合には、ドロップした際に次のような画面が表示されます。

RDRAでのモデリングの場合には常に「そのまま配置」になりますので、「配置形式」を「そのまま配置」に指定後、「設定を既定値として保存」「今後表示しない」にチェックを入れてから「OK」ボタンを押してください。今後は、ドラッグ&ドロップのみで要素を配置できるようになります。
(あるいは、すでに他のダイアグラムに配置している要素をCtrl+Cでコピーし、別のダイアグラムでCtrl+Vで貼り付けた場合でも、トレーサビリティは維持されます。)

RDRAでは、このようにモデル要素を繰り返し再利用します。ツールボックスからダイアグラムに要素を作成すると、ダイアグラムが含まれるパッケージに要素も作成されます。繰り返し利用するモデル要素が異なるパッケージに分散していると不便ですので、モデル要素を一カ所にまとめる便利機能を搭載しています。下記「モデルの調整機能」の説明をご覧ください。

要素間の関係についても、「削除」「非表示」の2つの概念があります。「非表示」は画面に表示されませんが内部的な関係は維持されますので、後述する「影響範囲(トレーサビリティ)」では関係があるという判定になります。通常は、非表示にすることはありませんので、関係をDeleteキーなどで削除すると表示される次の画面において、「モデルから接続を削除」「今後確認しない」を選択してください。

4.RDRAに関連する便利機能

ダイアグラム間の関係の支援機能

RDRAのいくつかの要素には、「関係」の線とは異なるつながりもあります。具体的には、「業務」→「ビジネスユースケース」→「業務フロー・利用シーン」→「ユースケース」というような関係です。RDRAアドインでは、この関係に沿ったモデルの作成を支援する機能もあります。

例えば、ビジネスコンテキスト図で業務を作成し、次にその業務についてのビジネスユースケース図を作成するとします。この場合には、その業務要素を右クリックし「アドイン・拡張」→「RDRA 2.0」→「関係するダイアグラムを作成する」を実行してください。

自動的に同名のビジネスユースケース図がモデルブラウザの「ビジネスコンテキスト図」内に作成されます。

この方法で関係するダイアグラムを作成すると、要素の右下に次のような赤い矢印が表示されます。この矢印が表示されている場合には、要素をダブルクリックすると関係するダイアグラムに移動できます。
(赤い矢印の表記は、RDRAアドインの独自表現です。)

この機能は、以下の関係に利用できます。

  • 業務を右クリックして実行→ビジネスユースケース図を作成
  • ビジネスユースケースを右クリックして実行→業務フロー図か利用シーン図を作成
    (その後、それぞれの図においてユースケース要素を作成・配置)
  • ユースケースを右クリックして実行→ユースケース複合図を作成

なお、この方法で図を作成した場合には、以下のような動作となります。

  • ビジネスユースケース図には、ビジネスコンテキスト図で対象の業務と結びつく要素が自動的に配置されます。
  • 業務フロー図には、ビジネスユースケース図で対象のビジネスユースケースと結びつくアクターが自動的にレーンとして配置されます。

業務フロー図作成時の支援機能

RDRAアドインでは、業務フロー図におけるアクティビティとアクターの関係は、アクターを示すレーン(パーティション)の上にアクティビティを配置することで表現することを想定しています。

モデルブラウザからアクター要素を業務フロー図にドロップした場合には、自動的にアクターを示すレーンとして配置されます。

レーンの大きさと位置を調整した後は、レーンを右クリックして「振る舞い」→「選択可能」を実行しておくと、背景のように選択・移動ができなくなるので、操作に支障が無くなります。

モデルの調整機能

「アドイン・拡張」リボン内にある「RDRA 2.0」ボタンを押すと表示されるメニューから「モデルの調整」を実行すると、以下の処理を実行できます。

  • 要素とダイアグラムの名前の統一
    (例: 業務からビジネスユースケース図を作成後に業務の名前を変更した場合に、この機能を利用するとビジネスユースケース図の名前を業務の名前に自動的に合わせる)
  • 「アクター」「ユースケース」「バリエーション」「条件」「情報」「イベント」「画面」の各モデル要素を、「モデル要素」パッケージ以下の各パッケージにまとめる
  • どの図にも配置されていない要素を、「ごみ箱」パッケージに移動する

モデルの調整機能を利用すると、ダイアグラムに配置した要素をダイアグラムから削除し要素自体を削除していない場合に、「ごみ箱」に移動します。「ごみ箱」パッケージ内の要素が不要な場合には、右クリックして「モデルから完全削除」を実行してください。

5.影響範囲(トレーサビリティ)の把握

Enterprise ArchitectでRDRAを利用するメリットの1つとして、Enterprise Architectがもつトレーサビリティの機能をそのまま利用できる点が挙げられます。

「モデル」リボン内の「トレーサビリティ」パネルにある「ウィンドウ」ボタンを押すと表示されるトレーサビリティサブウィンドウを利用すると、選択した要素についての関係を把握できます。他のダイアグラムにある要素も表示されます。右クリックメニューなどで、表示されている要素が配置されているダイアグラムに移動することができます。

このトレーサビリティサブウィンドウを利用する場合には、ツールバーの右から2番目のオプションボタンで、追跡対象を「依存・追跡」「分類子」「ネスト」の3つに絞り込んでおくと、RDRAに関係する情報のみが表示されるようになります。

また、無料の拡張マトリックスアドインを利用すると、下の画像のように選択した要素がどのダイアグラムで利用されているか、というような情報をマトリックス形式で確認できます。アイコンをダブルクリックすると、そのダイアグラムが開き、配置位置の要素が選択された状態になります。

拡張マトリックスアドインでは、要素間の関係を表示することもできます。表示するだけでなく、関係を追加することも可能です。

なお、拡張マトリックスアドインを利用する場合には、Enterprise Architectのインストールディレクトリにある「MatrixEX_RDRA.ini」ファイルを、Windowsの「マイドキュメント」フォルダにコピーすることをおすすめします。このファイルをコピーすると、下の画像のように、要素の種類の選択でRDRAの要素を指定できるようになります。

RDRAアドインのダウンロード

RDRAアドインの正式リリースはバージョン15.0のリリース以降となります。

ダウンロード・利用は無料です。Windows Installer形式のインストーラですので、ファイルをダブルクリックしてインストールすることができます。Enterprise Architectをインストールしたディレクトリと同じ場所にインストールしてください。

このアドインは、Enterprise Architect バージョン15.0で追加される機能を利用しているため、利用にはバージョン15.0以降が必要です。また、現在はEAPXファイルにのみ対応しています。クラウドサーバやDBMSリポジトリには対応していません。

RaQuestとの連携

スパークスシステムズ ジャパンが提供する要求管理ツールRaQuestを利用すると、RDRAで定義された要求要素について、さらに詳細な属性(優先度・難易度・担当者など)を追加し、要求を管理することができます。

RaQuestを起動し、RDRAテンプレートを適用したEAPXファイルを開いてください。RaQuestの初期設定の中で、要求が含まれているパッケージを選択することで、RDRAで作成した要求をRaQuestで参照・編集することができます。