フローチャートを描画する

Enterprise Architectでは、フローチャートを描画することもできます。

フローチャートの利用方法

フローチャートを利用するには、「アドイン・拡張」リボン内の「MDGテクノロジー」パネルにある「設定」ボタンを押し、「フローチャート」の項目にチェックをいれてください。

チェックが入っている状況では、UMLの図などと同様に「フローチャート図」を作成することができるようになります。

フローチャートの書き方のコツ

フローチャートを書く場合のコツをご紹介します。

  • 基本は「クイックリンク」で図を書くことができます。要素を選択したときに、要素の右上に表示される「矢印」のアイコンをドラッグし、希望する位置でドロップしてください。作成可能な要素と線種をメニューで選択できます。既存の要素にドロップした場合には、線種のみを指定します。
  • 線は「直交」のスタイルになります。線の形を変えたり曲げたりすることが、慣れると容易にできるスタイルです。
  • 要素を選択した状態でSHIFTキーを押しながらカーソルキーを押すことで、位置を微調整できます。また、「グリッド」を有効にすることで、要素をグリッド(格子点)に配置することもできます。
  • Enterprise Architectの制約として、線は要素間にのみ作成できます。線の途中に線をつなげることはできません。

    参考)上の例を図1のように描画することはできませんが、図2のように描画することで近いものを作成することはできます。
    図1 図2

補足

Enterprise Architect日本語版に付属するフローチャートは、日本のお客様からのご要望・ご意見を取り入れた日本語版独自の定義となります。Enterprise Architect英語版に付属するフローチャートとの互換性はありません。