ワンポイントテクニック

メールニュースで掲載している「ワンポイントテクニック」コーナーの内容の抜粋です。

モデルブラウザ内の項目の順序変更

ユースケースの詳細の記述

ラベルの表現

リモート環境でのプロジェクトの共有

レーン(スイムレーン)の機能の紹介

ワークスペースレイアウト

他のファイルへのリンク

付属要素の間隔調整

別名の活用について

利用するアドインの調整

区画の表示設定

印刷対象の要素の指定

印刷時の境界線

図の内容も検索可能なドキュメント

大きくなってしまったダイアグラムへの対処方法

大きなダイアグラム(図)を出力する場合に見直す設定

子ダイアグラムの参照

属性と操作の表示に関連するオプション

属性と操作の順序調整

属性・操作のプロパティを以前と同じ形式にする

接続の作成に関する便利操作

既存のソースコードを簡単に読み込んでクラス図を作成する方法

暗号化ドキュメント

無料セミナーの活用

特定のパッケージのみ出力対象にする方法

独自のモデルの定義と利用

画像として出力する場合のお勧め設定

画像ファイルのドラッグ&ドロップ

画像要素

異なるバージョンのインストール

終了時の利用状況を保存する

編集を防ぐ「ロック」

編集前の状態を取っておく

複数要素の繰り返し利用

要素に対するコメントの入力と保持

要素の一括移動機能の効率化

要素の名前の重複を検知する

要素やダイアグラムの意図しない編集を防ぐ

要素作成時の初期状態を変える

要素間のつながりを把握する際に便利な機能

起動・動作速度の改善

関係マトリックスでの表示のカスタマイズ