図内の要素をまとめて移動



図に配置された要素のうちの一部をまとめて動かす機能を紹介します。

図に配置された要素を移動する場合には、対象の要素を(複数)選択した後に
ドラッグ&ドロップや、SHIFT+カーソルキーで移動させることができます。

ただし、この方法の場合には、事前に対象の要素を選択しておく必要があります。


別の方法として、「ダイアグラム」リボン内の「支援機能」パネルにある
「まとめて移動」にチェックを入れてください。この状態で、ダイアグラムの
背景(要素がない部分)で左ドラッグすると、要素をまとめて移動することができます。

具体的な操作はなかなか文章での説明は難しいのですが、実際に試して
いただけると、価値は伝わるのではないかと思います。要素は8方向に
移動することができます。

この操作の場合には、対象の要素を事前に選択する必要はありません。
左ドラッグの開始時の方向で、対象の要素が決まります。


なお、この機能はALT+右ドラッグで数年前から利用可能なのですが
この操作方法を知らないと気づくことはなく、知らない方も多いのではないかと
思います。リボンに追加され、簡単に利用できるようになりましたので
ぜひご活用ください!