クイックリンク

「クイックリンク」機能は、Enterprise Architectの特徴的な機能の一つです。UMLなどのモデリングを行う場合には、簡単に・効率的に行うことができます。クイックリンク機能を利用すると、新しい要素や要素間の接続を簡単に、直感的に作成することができます。

ダイアグラム内の要素が選択されたときに、要素の右上にクイックリンクのアイコンである矢印が表示されます。

クイックリンクのアイコンを、ダイアグラムの何もない位置までドラッグすると、メニューが表示されて、要素と要素間の接続(関係)を同時に作成することができます。このとき、アイコンをドラッグした要素の種類を自動的に判別し、UMLやSysML・BPMNなど利用している表記方法で適切な要素や関係のみが選択肢に表示されますので、とても便利です。

クイックリンクのアイコンを、既存の要素までドラッグしてすると、対象の2つの要素間に作成可能な候補のみがメニューに表示されます。対象の2つの要素に対して、利用している表記方法で可能な接続が1種類のみの場合には、自動的にその接続が作成されます。

このように、クイックリンク機能を使うと、思考を止めることなく高速にモデリングを行うことができます。なお、クリックリンク機能を利用する場合には、オプションで要素のプロパティダイアログを表示しないようにすることを強くお勧めします(クイックリンクの威力が半減します)。

動画デモ

以下のデモでは、クイックリンク機能を利用しています。

内容時間-
クラス図のモデリング4分48秒再生開始