投稿者: umesan 投稿日時: 2006-6-28 16:15:13 (1372 ヒット)

RaQuest の 要求ID に欠番などがある場合、
連番に振りなおしたいというご要望を、日本からも海外からも頂いておりました。

しかし、要求IDを変更するのは、要求IDによる外部からの指定が行えなくなる
と考えているため、要求IDの番号再付与機能を、本体機能とはせず、アドインとして
リリースすることに致しました。

この「番号付与アドイン」ではEnterprise Architect上において、
指定パッケージ以下の要求に対して連番を持ったタグ付き値を付与することが出来ますので、
結果的に、RaQuest の要求IDやユーザ定義属性に連番を付与することが可能です。

・番号付与アドイン
https://www.raquest.jp/registered_raq/reg_raq_down.htm

要求ID の振りなおしなどを行いたい場合、利用してください。


投稿者: umesan 投稿日時: 2006-6-23 13:16:03 (1347 ヒット)

RaQuest ビルド033をリリースしました。

・Word Addin の改善
・状態数カウント機能の改善
・「要求を常に表示」の場合のバグの修正

等を中心に機能追加・バグ修正を行いました

是非、最新版のご利用をお願いいたします。

★★

変更点と修正点 - ビルド 033
********************************************

☆機能追加・改善
・WordAddIn をデスクトップ版でも利用できるように実現方法を変更
・状態数のカウント速度の改善
・状態数のカウントの項目「関連数」を「関連数(要求間)」に名称変更
・状態数のカウントの項目に「関連数(UML要素)」を追加
・CSVエクスポート時に、オプション「パッケージのIDを要求のIDに付与」の状態を反映するように変更
・ツリーの中の要素の上/下移動のショートカットキー(CTRL+UP/DOWN)を設定

☆バグ修正
・「要求を常に表示」がオンの場合、コメントの入力が出来ない状態であったバグを修正
・「要求を常に表示」がオンの場合、関連タブ、再検討タブ、更新履歴タブで、タブの内容が表示されない場合があるバグを修正
・ショートカットメニュー(コンテキストメニュー)でのキー入力(アクセスキー)が効かなかったバグを修正
・階層構造になっている要求削除時に、子要求の表示が一覧に残るバグを修正
・マトリックスのダイアログの内容が表示されない場合があるバグを修正


投稿者: umesan 投稿日時: 2006-6-5 14:57:34 (1387 ヒット)

RaQuest ビルド032をリリースしました。

・ビルド031 での、要求の再検討影響元一覧が表示されないバグを修正致しました。
・マトリックスの表示速度改善のための、要求間の関係の取得方法の変更を致しました。
・レポジトリとして Oracle を利用している際のバグを修正いたしました。

等を中心に機能追加・バグ修正を行いました

是非、最新版のご利用をお願いいたします。


★★★

変更点と修正点 - ビルド 032
********************************************

☆機能追加・改善
・データベースレポジトリを利用したプロジェクトの「最近使ったファイル」への表示を、プロジェクト名だけに変更致しました。
・リポジトリとしてデータベースを利用している場合、パスワードが保存されていない場合の処理を追加致しました。
・速度改善のための、要求間の関係の取得方法の変更を致しました。
・コメントの発言者をカレントユーザ名固定に変更致しました。
・動作ログ取得のためのルーチンを追加致しました。

☆バグ修正
・マトリックス表示の閉じるボタンで大きさを保存していなかったバグを修正
・レポジトリとして Oracle を利用している際、接続文字列にパスワードがない場合、自動IDの設定が保存されないバグを修正
・レポジトリとして Oracle を利用している際、Enterprise Architectで作成した要求を取り扱えない場合があるバグを修正
・ビルド031 での、要求の再検討影響元一覧が表示されないバグを修正
・コメントの記入で、カレントユーザ名が変わってしまうことがあるバグを修正


投稿者: tkouno 投稿日時: 2006-6-5 12:03:00 (1591 ヒット)

Enterprise Architectビルド791をリリースしました。
今回もバグの修正がほとんどです。

日本のお客様からいただきました変更点・改善点は次の通りです。

バージョン管理機能において「ファイルの履歴」機能を利用するときに、対象パッケージがチェックアウトされていないかどうかを確認するように改善しました。★
ソースコードを生成済みのクラスの操作を変更して同期した場合、既存の操作の名前が置換される問題を修正しました。★
RTFドキュメントの出力において「ユースケーステンプレート」の生成結果がテンプレートの内容と異なる問題を修正しました。★
掲示板の投稿ダイアログのヘルプボタンを押した場合に、異なる内容のヘルプ画面が表示される問題を修正しました。★
SQLServerのDDL生成において、identityキーワードが表示されない場合がある問題を修正しました。★
テーブルの設計において、トリガなどに列を追加する場合の順序を改善しました。★


リリースメモは以下のページからもご覧になれます。
https://www.sparxsystems.jp/registered/reg_ea.htm

★★


投稿者: tkouno 投稿日時: 2006-5-24 15:41:00 (1554 ヒット)

Enterprise Architect6.1ビルド790をリリースしました。
遅くなりまして、大変申し訳ございません。

バグ修正がメインです。
日本のユーザー様からご指摘のあったバグは次の通りです。

・C++のコード読込においてpure virtualのメソッドを
 正しく読み込めていない問題を修正しました。★
・Subversionで「パッケージの取得」機能が動作しない場合が
 ある問題を修正しました。★
・バージョン管理機能の設定がない場合にバージョン管理の
 設定を解除しようとすると発生する問題を修正しました。★
・ローカルオプションダイアログの「ダイアログラムの振る舞い」の
 「別名」に関する設定の説明が正しくなかった点を修正しました。★
・MySQL利用時にRTFテンプレートのエディタが利用できない場合が
 ある問題・および画像ファイルのアップロードができない問題を修正しました。★
 (前回ビルドでも利用できない場合への対応です。MySQL ODBCドライバ3.51.12のご利用が必要です。)


その他の修正内容は次の通りです。
https://www.sparxsystems.jp/registered/reg_ea.htm#releasememo


★★


« 1 ... 127 128 129 (130) 131 »