Enterprise Architect : Enterprise Architect バージョン14.1 ビルド1428 リリースのお知らせ
投稿者: tkouno 投稿日時: 2019-2-6 17:10:28 (360 ヒット)

本日、バージョン14.1 ビルド1428をリリースいたしました。

バージョン14.1でのいくつかのバグ修正を行いました。ぜひ最新バージョンをご利用ください。

ダウンロード(サポートユーザー用):
https://www.sparxsystems.jp/registered/reg_ea_down.htm

★マークのついている項目は、日本語版ユーザーからの指摘項目(バグおよび機能追加要望)です。

Enterprise Architect Version 14.1 リリースメモ (ビルド1428)


○SysML
・SysMLのブロック要素を右クリックし、ポートを追加できるように修正しました。★
・SysMLアドインで、集約から作成したプロパティ要素のプロパティを変更したときに、集約の向きが「未定義」になる問題を修正しました。★
・SysMLアドインで、プリミティブ型と同名のValueType(など分類子)がある場合の動作を修正しました。★
・SysMLの単位(Unit)要素や数量の種別(QuantityKind)要素が作成できない問題を修正しました。

○ダイアグラム内の操作
・シーケンス図で、プロファイルで定義した要素を正しく表示するように修正しました。
・F3キーで最後に作成した接続を繰り返し作成する際に、クイックリンクでプロファイル定義の接続を作成した場合の動作を修正しました。★
・シーケンス図の複合フラグメント要素をライフラインの前に配置できるように修正しました。★
・SysMLおよびステートマシン図で表示されるフレームが、フレーム内の要素の移動時に不適切に調整される場合がある問題を修正しました。★
・ライフラインから相互作用の利用へのクイックリンクルールを追加しました。★

○画面・操作
・UMLのステートマシン図を他のパッケージに移動できない問題を修正しました。★
・ツールボックスから要素をドラッグしてプロジェクトブラウザに直接新規作成する場合の動作を改善しました。
・付属要素のサブウィンドウ内で、アクティビティ要素およびプロパティが表示されない問題を修正しました。★
・要素の選択を変更した場合に、設計支援サブウィンドウの表示内容が正しく表示されるように改善しました。
・要素のノート内に、ダイアグラムの画像へのハイパーリンクがある場合の動作を改善しました。
・シグナル送信アクション要素を選択時に、Enterprise Architectが不正終了する場合がある問題を修正しました。★
・BPSimのパラメータの設定で、ダイアログを開く際にエラーになる場合がある問題を修正しました。★
・クラウド上のプロジェクトを利用時に、完全ロックを実施後でないとグループロックができない問題を修正しました。
・30日間のリソース および 30日間の役割 の検索ルールでエラーが発生する問題を修正しました。
・カンバンのモデルテンプレートが追加できない点を修正しました。
・いくつかのモデルテンプレートの説明が表示されない問題を修正しました。

○データベース設計
・列のプロパティダイアログ内でのノートの編集を自動的に保存するように改善しました。
・生成するDDLの文字コードをUTF8に変更しました。

○スキーマコンポーザー
・CIMおよび汎用スキーマの生成で、複数の名前空間を持つプロファイルの生成に対応しました。
 ・パッケージのURIプロパティで、名前空間を指定します。
 ・パッケージの別名で、既定の名前空間のプレフィックスを指定します。
・スキーマの読み込みの際に、既定値ですべての既知の拡張子を表示するようになりました。
・スキーマコンポーザーの成果物をコピーした場合に、プロファイル情報も正しくコピーするように修正しました。

○その他
・スクリプト内で Session.Inputが利用できなくなっていた問題を修正しました。
・VBScript以外のワークフロースクリプトを利用している場合に、プロジェクトファイルを開く処理が遅くなる問題を修正しました。
・外部実行の状態マシンのコード生成で、トレースコードの生成が無効になっている場合のコード生成結果を改善しました。
・SBPI連携(他ツールとの連携)機能が、コーポレート版以上で利用可能になりました。
 (この機能の利用にはProクラウドサーバが必要です。)
・OpenIDのログイン時に、sparxsystems.comの画像を表示しないように修正しました。★
・OpenIDの接続に成功した場合に、空のメッセージボックスが表示される場合がある問題を修正しました。
・ユニファイド版以上でもBPSimが実行できない問題を修正しました。★
・BPMN2.0用のアドインを追加しました。要素のダブルクリック時に表示される画面で、よく使うプロパティを簡単に設定できます。
・自動レイアウトのルール「関係要素」の名称を「一列」に変更しました。

印刷用ページ このニュースを友達に送る