Enterprise Architect : Enterprise Architect バージョン16.0 ビルド1605.1 リリースのお知らせ
投稿者: tkouno 投稿日時: 2022-9-21 13:51:03 (169 ヒット)

Enterprise Architect バージョン16.0 ビルド1605.1を本日リリースいたしました。
ビルド1605以降に、SysMLアドインを中心に多くの機能追加および修正を行いましたが
次のリリースまでまだしばらく時間がかかるため、ビルド1605.1としてリリースします。

なお、ビルド1605.1は日本独自のリリースです。英語版のリリースはありません。
(修正・変更点も、日本語版に関係する内容のみとなります。)

特にSysMLをご利用の方は、ぜひビルド1605.1をご利用ください。

ダウンロード(サポートユーザー用):
https://www.sparxsystems.jp/registered/reg_ea_down.htm

Enterprise Architect Version 16.0 リリースメモ (ビルド1605.1)

○SysMLへの修正・改善
・SysMLのクイックリンクの選択肢で不要な(from)を削除しました。
・制約ブロック要素のパラメータで型によらず、常にparametersに表示されるように修正しました。
・SysML 基本要素のみ のパースペクティブの内容を調整しました。

○SysMLアドインへの追加・修正
・コネクタおよびオブジェクトフローに対して、流れる要素を編集する機能を追加しました。
・ポートの自動レイアウト機能を強化しました。
・「集約の作成時に向きを明示」の設定を追加しました。
・充足(Satisfy)の一覧を追加しました。
・要求のVerifiedBy, SatisfiedBy, TraceToを出力する要求関係表の機能を追加しました。
・アクティビティ図と内部ブロック図の整合性を確認する機能を追加しました。
・アクティビティ図内のオブジェクトフローで結ばれる要素間の型の不一致を確認/修正する機能を追加しました。
・検索・Excel出力のメニューの順番を変更しました。
・要求の自動カウンター機能で、子要求の場合の番号の自動設定機能を追加しました。
・「ブロック要素のプロパティダイアログを表示」の設定が反映されない問題を修正しました。
・EAPXなど一部の環境で、Excel出力がエラーになる問題を修正しました。
・標準ポートの型として指定できる要素の種類を修正しました。
・ブロックへのプロパティの追加で、parts,values区画に型指定なしでは追加できないように修正しました。
・内部ブロック図内の情報機能で、ポートのみの場合も出力対象に追加しました。
・フロープロパティ作成時にプリミティブ型を指定しても無視される問題を修正しました。
・プロパティに型を設定した際に、結びつく既存の集約がある場合でも再度作成してしまう場合がある問題を修正しました。
・ブロックにポートを追加するとその型を持つアクティビティパーティションにポートが追加されるEnterprise Architectのバグへの暫定回避策として、プロジェクトを閉じる際に不要なポートを削除する処理を追加しました。
・要求の自動カウンター機能で、本来の値よりも1多い値を設定してしまっているバグを修正しました。

○その他
・EAP/EAPXから変換する場合に、パスに日本語文字が入っていると失敗する問題を修正しました。
・ドキュメント生成で、(シーケンス図 テンプレート) を追加しました。
・ドキュメント生成テンプレートエディタで、シーケンス図のメッセージに関するフィールドのメニュー名が翻訳されていない問題を修正しました。
・ユーザーオプションの「ハンドルの位置」の「内側」と「外側」の動作が逆になっている問題を修正しました。
・ダイアグラムのプロパティから、全てのダイアグラムでページ境界を非表示 の設定を削除しました。
・PFDアドインで、直線・直交線の場合に、フローを「飛び越え表示」するように改善しました。
・DFDアドインで、プロパティ画面で属性を変更しても画面にすぐに反映されない場合がある問題を修正しました。
・DFDアドインで、 データストア・ターミネータに分類子を指定した場合の表示を変更しました。