掲示板一覧   -   トピック一覧
   Enterprise Architect 全般
     バージョン16.0 32ビット版への移行について


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
nakapon
投稿日時: 2022-6-29 16:31
EA Administrator
投稿: 312

バージョン16.0 32ビット版への移行について

サポート宛てにいただきましたご質問の要約です。

○ご質問

現在、EAバージョン15.2を使用していますが、バージョン16.0の32ビット版
への移行を検討しています。バージョン16.0の機能ガイドは確認した上で
以下の質問があります。

1.32ビット版であれば、現行のEAP/EAPXファイル、新規のQEA/QEAXファイルの
 どちらもファイル変換等は行わずに利用できますか?

2.32ビット版でEAP/EAPXファイルを開いて更新した後に
 EAP/EAPXファイル形式のまま保存できますか?
 その場合、QEA/QEAXファイルでの保存も選択できますか?

3.32ビット版であれば、現行のアドインをそのまま利用できますか?

4.現在、Subversionでバージョン管理をしていますが、32ビット版への
 移行にあたって何らかの変更・設定が必要になりますか?


○回答

1.はい、利用できます。

2.EAP/EAPXファイルを開いて、EAP/EAPXファイル形式のまま
 保存できます。

 EAP/EAPXファイルをQEA/QEAXファイル形式で保存したい場合は
 下記ヘルプの「EAP/EAPXファイルの変換」をご利用ください。
 https://www.sparxsystems.jp/help/16.0/transfereap.html

 尚、変換の種類としてQEAXは選択できないため、
 QEAに変換後、要すれば拡張子をQEAXに変更ください。
 (QEAとQEAXは形式は全く同じですので拡張子を変更いただいて構いません。
  QEAXの場合には複数人で利用のための追加制御を行います。)

3.弊社提供のアドインにつきましては、そのままご利用いただけます。
 ただし、一部のアドインにつきましては、QEA/QEAX対応でリリースが
 発生していますので、QEA/QEAXをご利用の場合には最新アドインの
 インストールが必要となることがございます。

 弊社提供アドインのうち、動作期間限定アドインの更新につきましては
 下記ツールからも実施できますので、合わせてご紹介をさせていただきます。
 (EAビルド1605以降は、EAのインストールで本ツールもインストールされます)
 https://www.sparxsystems.jp/products/EA/tech/AddinUpdater.htm

 弊社提供以外のアドインにつきましては
 アドイン提供者様にご確認をいただけますでしょうか。

4.変更・設定の必要はございません。


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ