ダイアグラムが作成できない場合の対処法



バージョン14.0から、利用できる記法を切り替えることのできる
パースペクティブ機能が追加されました。これと合わせて、
「ダイアグラムの追加画面を開いても中身が表示されない」という
ご質問をいただくことが増えました。この内容について紹介します。


パースペクティブ機能は、Enterprise Architectの画面の右上にある
「パースペクティブ」と書かれたボタンを押すと呼び出すことができます。
利用する記法を絞り込むための機能です。例えば、「システムズエンジニアリング」の
中にある「SysML」を選択すると、SysMLの9つの図を作成できます。

一方で、パースペクティブを指定しても、ダイアグラムの追加画面を開いても
図の種類が何も表示されない場合があります。
これは、以下のいずれかが原因です。

1 「MDGテクノロジーの設定」で関係する内容が無効になっている
2 別途、無料アドインをインストールする必要がある
3 Enterprise Architectのエディションで利用できない

1は、「アドイン・拡張」リボンの「MDGテクノロジー」パネルにある
「設定」ボタンを押すと表示されるMDGテクノロジーの設定画面で
チェックが入っていない記法は、パースペクティブを選択しても
利用することはできません。

2は、USDMやDFD等が該当します。

3は、例えばプロフェッショナル版では上記の「SysML」の
パースペクティブを選択しても、SysMLは使えません。


ダイアグラムの追加画面が空の場合には、上記の内容を
確認してみてください!

パースペクティブは自分で追加することもできますので、例えば
UMLとDFDの2つのみが使える、というような独自の定義を
追加して利用することもできます。