チェックリスト要素



「チェックリスト」要素をご紹介します。

このチェックリスト要素はバージョン12.0で追加された要素で、その後の
バージョンでいくつか機能強化されています。

名前の通り、基本的には単なるチェックリストです。 項目を定義し、
その項目にチェックを入れる(完了を明示する)ことができます。

ツールボックスの「拡張要素」グループにありますので、ダイアグラム内に
ドロップし、作成してみて下さい。ダブルクリックすると項目を
指定する画面が表示されますので、項目を指定します。
チェックを入れた場合の表示形式についても指定できます。

チェックするには、ダイアグラム内でチェックボックスをクリックします。

ただそれだけの要素ですが、ダイアグラムごとに何らかの項目を設けて
管理・明示したい場合があるのではないでしょうか。そんな場合に役に立ちます。