MDG Integration/Technology/Linkについて

MDGシリーズは、Enterprise Architectの開発元であるSparx Systems自身が開発した、Enterprise Architectとあわせて利用できるアドイン製品です。

MDG Integrationシリーズ

MDG Integration for Office

「MDG Integration for Office」はEnterprise Architectで作成したモデルと、Microsoft Office製品のドキュメントとを連携させることのできるアドインです。

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Technologyシリーズ

MDG Technology for SysML

SysMLのためのアドイン「MDG Technology for SysML」を販売中です。Enterprise Architect プロフェッショナル版でSysMLを利用したい場合に利用するアドインです。

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Technology for Zachman Framework

「MDG Technology for Zachman Framework」アドインを利用すると、Enterprise ArchitectでZachman Frameworkに基づいたモデリングを効率よく行うことが可能になります。

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Technology for UPDM

「MDG Technology for UPDM」アドインを利用すると、Enterprise Architectで「Unified Architecture Framework Profile 1.0」(DoDAF・MODAF)に基づいたモデリングを効率よく行うことが可能になります。

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Technology for TOGAF

「MDG Technology for TOGAF」アドインを利用すると、Enterprise ArchitectでTOGAFに基づいたモデリングを効率よく行うことが可能になります。

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Technology for DDS

DDS(Data-Distribution Service)のためのアドイン「MDG Technology for DDS」を販売中です。Enterprise Architectとこのアドインを利用すれば、DDSに準拠したモデリングを安価に行うことができます。DDSは、OMGによって定義され、分散リアルタイムアプリケーションの設計開発に役立ちます

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Linkシリーズ

MDG Link for DOORS

MDG Link for DOORSはIBM社のDOORSで作成した要求項目をEnterprise Architectの要素として生成・同期することができます。

詳細はこちらをご覧ください。

MDG Link for Visio

MDG Link for VisioはMicrosoft Visioで作成した図をEnterprise Architectに読み込むことができます。

詳細はこちらをご覧ください。