Enterprise Architect 13.0/13.5の新機能のご紹介

ここでは、Enterprise Architectの最新版であるバージョン13.0/13.5の情報をお知らせします。

バージョン13.0は2016年10月7日にリリースいたしました。バージョン13.5は2017年7月18日にリリースいたしました。サポートが有効な方は、ダウンロードページからインストーラをダウンロードできます。

バージョン13.5について

バージョン13.5は、新製品「Proクラウドサーバ」に関連する機能追加や内部動作変更への対応が中心となります。それ以外の主な追加機能につきましては、以下のPDFドキュメントをご覧ください。

Enterprise Architect13.0/13.5機能ガイド (2017/07/18最終更新)

バージョン13.5におきまして、製品の使用許諾契約を変更しました。
バージョン13.5 使用許諾契約
バージョン13.0までの使用許諾との差分(PDF)
よくある質問

バージョン13.0の主な強化ポイント

バージョン 13.0での主な強化ポイントを3つご紹介します。それ以外の強化ポイントの概要につきましては、以下のPDFドキュメントをご覧ください。

Enterprise Architect13.0/13.5機能ガイド (2017/07/18最終更新)

そのほかにも、400項目以上の機能強化・バグ修正が含まれます。

リボンの採用とOffice2016スタイルの追加

バージョン13.0では、今までのメインメニューに代わりOfficeで採用されているリボン形式のメニューが表示されるようになりました。今までのメニュー構成を大幅に見直し、目的や状況に応じたリボンのグループを提供します。また、画面全体のスタイルとして、Office2016スタイルが選択できるようになりました。

派生開発などに便利な機能の搭載

作成したモデルを派生させて新しいバージョンの設計を進める場合や、現状(As-Is)のモデルから理想(To-Be)のモデルを作成する場合などに効率よく進めることのできる機能を搭載しました。この機能は、いくつかの機能を利用して実現しており、変更箇所を視覚的に把握したり、複数のモデル間の追跡が可能になっています。

この機能の詳細は、機能ガイドに具体的な例で説明しています。

ダイアグラム内の操作・表現の強化

ダイアグラム内での操作・表現についても、さまざまな強化を行いました。

接続を選択した場合にもクイックリンクのアイコンが表示され、接続からのノート要素の作成や関連間の汎化などの表現の記載が可能になりました。

要素のタグ付き値の種類として「プログレスバー」型を追加し、以下のように要素にプログレスバーを表示できるようになりました。

機能ガイド

Enterprise Architect13.0/13.5機能ガイド

使用許諾契約の変更に関するよくある質問

以前のバージョンとの差分がわかる資料はありますか?
バージョン13.0までの使用許諾との差分(PDF)のファイルをご覧ください。
APIやアドインを利用して、Enterprise Architectで作成したデータを抽出し活用するツールを作成・利用しています。使用許諾契約違反となりますか?
「当社が提供するソフトウェアを使用する以外の方法」でない限りは問題ありません。APIやアドインは、当社が提供するソフトウェアを使用する方法であり、使用許諾契約違反にはなりません。
Enterprise Architectの機能で出力したXMIファイル(XMLファイル)やCSVファイルを利用して、他のツールの入力データにしています。使用許諾契約違反となりますか?
「当社が提供するソフトウェアを使用する以外の方法」でない限りは問題ありません。Enterprise ArchitectのXMIファイルやCSVファイルの入出力機能は、当社が提供するソフトウェアを使用する方法であり、使用許諾契約違反にはなりません。
Enterprise ArchitectのAPIを利用し、デスクトップ版でソースコード生成が可能なアドインを独自に作成しました。使用許諾契約違反となりますか?
デスクトップ版ではソースコード生成の機能は利用できません。第4条6項に該当するエディションによる機能制限の回避に該当しますので、使用許諾契約違反となります。アドイン側で、プロフェッショナル版以上でのみ利用可能になるように制限することで、使用許諾契約違反にはなりません。
(振る舞い図からのソースコード生成が可能な場合には、Enterprise Architect Suiteの各エディションでのみ動作可能となるように制限する必要があります。)
Enterprise ArchitectのEAPファイルをODBC・DAO・JDBC等で直接参照・編集するツールを作成しています。使用許諾契約違反となりますか?
そのツールがライセンスを持たない人でも技術的に利用可能であれば、使用許諾契約違反となります。
Enterprise Architectのスタンダードライセンスをサーバにインストールし、リモートデスクトップで利用します。同時に利用するのは1名のみです。使用許諾契約違反となりますか?
第1条1項にあるように、そのサーバを利用可能な人数分のスタンダードライセンスを購入していない限り、使用許諾契約違反となります。
(実際に利用する可能性のある人数ではなく、技術的に利用可能な人数です。例えば、そのサーバがアクティブディレクトリのメンバーで利用者の制限がない場合には、そのアクティブディレクトリに登録されているユーザー数分だけのスタンダードライセンスが必要です。)
なお、フローティングライセンスの場合には使用許諾契約違反とはなりません。
Enterprise Architectのスタンダードライセンスを1台のマシンにインストールし、利用者はそのマシンの前に移動して直接利用しますが、利用者は1名ではありません。使用許諾契約違反となりますか?
第1条1項にあるように、そのマシンを利用可能な人数分のスタンダードライセンスを購入していない限り、使用許諾契約違反となります。
(実際に利用する可能性のある人数ではなく、技術的に利用可能な人数です。)
この場合には、そのマシンにログオンし操作可能な人数分のスタンダードライセンスが必要です。なお、フローティングライセンスの場合には使用許諾契約違反とはなりません。
この使用許諾の変更は、バージョン13.0以前のバージョンにも適用されますか?
バージョン13.5以降でのご利用にのみ適用されます。

以前のバージョンの強化ポイント

Enterprise Architectバージョン12.1での強化ポイントについては、こちらのページをご覧ください