Linux/macOS環境でODBCドライバのインストール

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  概要 > はじめて利用する方へ > インストール > LinuxやmacOSにEnterprise Architectのインストール >

Linux/macOS環境でODBCドライバのインストール

注意:

Enterprise Architect バージョン16.0(以降)では、ODBCドライバをインストールする必要なく、Enterprise Architectが持つドライバを利用することで、DBMSリポジトリに直接接続できます。スタートページで「サーバリポジトリに接続」を選択してください。

別の方法として、Proクラウドサーバを利用する方法もあります。

 

ODBCドライバのインストール

Enterprise ArchitectのプロジェクトとしてDBMSを利用する場合には、そのDBMSに接続するためのODBCドライバをインストールする必要があります。

インストールするには、まずODBCドライバのインストーラを入手し、wineコマンドでインストールします。

インストール後に、ODBCデータソースの設定が必要です。Enterprise Architectを起動し、「プロジェクト」リボンにある「独自に追加したツール」内の「ODBC データソース:」を実行してください。

 

Linux環境でのインストール

#

操作方法

1

ターミナルを開き、以下のいずれかの方法でODBCドライバのインストーラを実行します。

 

msiファイルの場合

  • wine  msiexec  /i   <odbc-driver_name>.msi

 

exeファイルの場合

  • wine  <odbc-driver_name>.exe

 

 

macOS環境でのインストール

#

操作方法

1

ファインダーを利用し、アプリケーションフォルダを探します。

'Wine' (あるいは 'Wine Stable') をダブルクリックし、Wine環境が利用できるターミナルウィンドウを開きます。

2

以下のいずれかの方法でODBCドライバのインストーラを実行します。

 

msiファイルの場合

  • wine  msiexec  /i   <odbc-driver_name>.msi

 

exeファイルの場合

  • wine  <odbc-driver_name>.exe