macOSにEnterprise Architectをインストール

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  概要 > はじめて利用する方へ > インストール > LinuxやmacOSにEnterprise Architectのインストール >

macOSにEnterprise Architectをインストール

ここでは、macOS環境にWineを利用してEnterprise Architectをインストールし、利用するための手順を説明します。ここに記載している内容の他に、アドインやSubversion等のインストールについては別ページにて説明しています。

 

注意:

macOS Catalina以降ではWineは利用できません。有料製品のCrossOverを利用するか、オープンソースのWine-Crossoverを利用するかのいずれかとなります。Wine-Crossoverを利用する場合は、以下の説明に含まれないダイアログなどが表示される場合があります。

 

 

Wineのダウンロードとインストール

WineHQのWebサイト https://www.winehq.org を開き、利用しているmacOSで利用可能な最新版のWineをダウンロードしてください。なお、'development'版は利用せず、'stable'版を利用することをお勧めします。Webサイトの指示に従い、インストールしてください。

 

Wineのインストールと実行には、XQuartzが必要です。インストールされていない場合には、事前に https://www.xquartz.org/ からdmgファイルをダウンロードし、インストールしてください。

Wineのインストール後、アプリケーションフォルダ内のWineを実行し、表示されるターミナルで「winecfg」を実行して必要なファイルを自動生成してください。

 

Wine-Crossoverを利用する場合には、https://github.com/Gcenx/wine-on-mac をご覧ください。

以下のコマンドでインストールできます。

brew install --no-quarantine gcenx/wine/wine-crossover

 

 

Winetricksのダウンロード

WinetricksはEnterprise Architectの実行に必要なコンポーネントのインストールを支援するスクリプトです。

Webサイト https://wiki.winehq.org/Winetricks でファイルをダウンロードできます。

 

注意:

  • 'Winetricks'のWebページが見つからない場合、WineHQのサイトの検索機能で 'winetricks' のキーワードで検索してください。
  • Winetricksについては、wget を使う方法など下記以外の方法でもインストール可能です。

 

#

操作方法

1

Webブラウザで以下のURLを開きます。: https://wiki.winehq.org/Winetricks

2

ファイルのリンクを探します。このヘルプの作成時点では、

https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks です。

リンクを右クリックして「リンク先のファイルをダウンロード」を選択してファイルをダウンロードし、Applicationsフォルダに配置します。

3

ファイル名が 'winetricks.txt' になっている場合には、'winetricks' に変更してください。

変更する場合は、ターミナルウィンドウで以下のコマンドを実行します。

  • mv  /Applications/winetricks.txt  /Applications/winetricks

4

'winetricks' が実行できるように設定してください。

設定する場合は、ターミナルウィンドウで以下のコマンドを実行します。

  • chmod  +x  /Applications/winetricks

 

.NETフレームワーク4.7.2のインストール

多くのアドインでは.NETフレームワーク4.7.2以降が必要です。(Enterprise Architect本体は.NETアプリケーションではありませんので、Enterprise Architect自体の動作には不要です。)

.NETフレームワーク4.7.2のライブラリのインストールには Winetricksを利用します。

 

#

操作方法

1

ファインダーを利用し、アプリケーションフォルダを探します。

'Wine' (あるいは 'Wine Stable') をダブルクリックし、Wine環境が利用できるターミナルウィンドウを開きます。

ターミナルウィンドウで以下のコマンドを実行します。過去のバージョンの.NETフレームワークも含めて全てダウンロード・インストールするため時間がかかります。Enterprise Architectの動作確認が目的であれば、この作業は後で行うことをお勧めします。
(インストールしない場合には多くのアドインは動作しませんが、Enterprise Architect本体の起動・動作確認は可能です。)

  • /Applications/winetricks  dotnet472

 

フォントのインストール

利用するフォントをインストールすることをお勧めします。

インストールする際には、 Winetricksを利用します。その前に、パッケージを管理する 'Homebrew' と、CAB形式のファイルを利用するための 'cabextract' をインストールする必要があります。

 

#

操作方法

1

Homebrewのインストール

HomebrewはmacOSでのパッケージ管理ツールです。

Homebrewのインストール方法は、外部のWebサイトなどをご覧ください。

2

'cabextract'のインストール

'cabextract'はMicrosoftのCAB形式のファイルを解凍するためのツールです。

'cabextract'をインストールするには、ターミナルウィンドウで以下のコマンドを実行します。

  • brew install cabextract

3

ファインダーを利用し、アプリケーションフォルダを探します。

'Wine' (あるいは 'Wine Stable') をダブルクリックし、Wine環境が利用できるターミナルウィンドウを開きます。

ターミナルウィンドウで以下のコマンドを実行します。

  • /Applications/winetricks allfonts
  • /Applications/winetricks fakejapanese_ipamona

 

さらに、以下のコマンドを実行すると、日本語表示を多少改善できます。

  • /Applications/winetricks fontsmooth=rgb

4

(この内容は、Enterprise Architectを起動した後に、必要に応じてお試しください。)

上記の内容を設定しても、まだ見た目がよいとは言えない場合には、以下の設定にすると、改善できます。
(「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」は一例ですので、お好みに応じて指定してください。)

 

  1. wine regedit を実行し、Windowsのレジストリエディタを起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes を開き、「MS Shell Dlg」および「MS Shell Dlg 2」の値をメモします。
  3. HKEY_CURRENT_USER\Software\Wine\Fonts\Replacements を開くと、フォント名と、Wine環境で利用するフォントの組み合わせが定義されています。先ほど記録したフォント名の項目が存在する場合には、ダブルクリックして「データ」の値を「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」などのフォントに設定します。存在しない場合にはレジストリエディタの背景で右クリックして「新規 | 文字列値」を選択して項目を増やし、値の名前を元のフォント名に、「データ」の値を「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」などのフォントに設定します。
  4. 同様に、日本語に関する他のフォントについても「データ」の値を「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」に設定します。
  5. winecfgを起動し、「デスクトップ統合」のタブ内の「項目」の以下の項目について「フォント」ボタンを押し、同じく「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」を設定します。
    • アクティブタイトルのテキスト
    • ヒントのテキスト
    • メッセージボックスのテキスト
    • メニューのテキスト

 

「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」は一例ですので、Wine環境から利用できる他のフォントもお試しください。

 

以下のURLから、設定の一例となるレジストリファイルをダウンロードできます。圧縮ファイルに含まれる2つの.regファイルをregeditで読み込んでください。上記の手順の1から5の手順を実行した結果が含まれています。

https://www.sparxsystems.jp/bin/FontSetting_MacOS.zip

 

 

Wineを利用してEnterprise Architectをインストールする

Wineを利用してアプリケーションをインストールすると、ユーザーのホームディレクトリの 'wine' フォルダ以下にインストールされます。

Enterprise Architectの既定のインストールディレクトリは、'wine\drive_c\Program Files\SparxSystems Japan\EA' です。

 

#

操作方法

1

Windows版のEnterprise Architectのインストーラを入手します。

2

ファインダーを利用し、アプリケーションフォルダを探します。

'Wine' (あるいは 'Wine Stable') をダブルクリックし、Wine環境が利用できるターミナルウィンドウを開きます。

3

以下のコマンドで、Enterprise Architectをインストールします。インストールの手順はWindows版と同じです。ファイル名は一例です。

  • wine msiexec /i easetupfullJa160_1601_x64.msi

4

インストールが完了すると、デスクトップに「Enterprise Architect.lnk」ファイルおよび「Enterprise Architect.desktop」ファイルが作成される場合がありますが、これらはmacOS環境では利用しませんので削除してください。

5

以下のコマンドで、Enterprise Architectを起動します。

  • wine ~/.wine/drive_c/Program\ Files/SparxSystems\ Japan/EA/EA.exe

起動後に、Dockに表示されるEnterprise Architectのコンテキストメニューから「オプション」→「Dockに追加」を実行しておくと、毎回コマンドを実行する手間を省くことができます。

 

 

Wine環境で、新しいバージョン・ビルドのEnterprise Architectをインストールする

新しいバージョン・ビルドのEnterprise Architectをインストールする場合には、既存のEnterprise Architectをアンインストールする必要があります。

 

#

操作方法

1

新しいバージョン・ビルドのEnterprise Architectのインストーラを入手します。

2

ファインダーを利用し、アプリケーションフォルダを探します。

'Wine' (あるいは 'Wine Stable') をダブルクリックし、Wine環境が利用できるターミナルウィンドウを開きます。

ターミナルから以下のコマンドを実行します。

  • wine uninstaller

3

インストール済みのEnterprise Architectをアンインストールします。

  1. 一覧からEnterprise Architectを選択します。
  2. Removeをクリックします。
  3. 画面の指示に従いアンインストールします。

4

新規インストール時と同じ手順でインストールします。

 

以上で、macOS環境でEnterprise Architectを利用するための準備は完了です。ライセンスの登録・取得など、インストール後の操作はWindows版と共通です。

 

参照: