ワークフロースクリプト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > スクリプト >

ワークフロースクリプト

注意:

バージョン15.0からは、スクリプト以外のアドインについても、 EA_Connectイベントで対応することで、ワークフローの処理を実装できるようになりました。そのため、このページの内容は過去のバージョンとの互換性のために残し、今後の機能追加・変更は行いません。

 

Enterprise Architectではワークフロースクリプトを定義して組織の方針やプロジェクトのガイドラインに適応したモデリング環境を構築することができます。

 

プロジェクトの管理者は、それぞれの利用者がモデルを利用する際の方法にあわせてワークフロースクリプトを定義・利用することができます。例えば、プロセス(手順)に応じた作業・秘密保持・標準への準拠・変更の監視などの目的で利用できます。また、個々の利用者のモデルの変更権の管理のために利用することもできます。

 

 

利用手順:

リボン

アドイン・拡張 > ツール > スクリプト

 

項目

説明

プロジェクトの管理

チームでの設計開発において適切に管理された状態にするためには、設計開発のガイドラインやポリシーが明確に定義されているかどうかが重要です。

もし適切なポリシーや手続きが正しく理解されていなかったり、あるいは正しく従われていない状態の場合には、プロジェクトの成功が危うくなります。また、人間の間違いや設計者がルールを守らない状態からの回復のコストによっても、適切に管理された状態を維持できない可能性があります。

設計開発とポリシー・手続き

ワークフローを管理したり、役割に応じたアクセス権を定義したり、変更のイベントを把握したりすることで、このようなポリシーや手続きを設計開発のプロセスに取り入れることができます。

この方法は、ポリシーや手続きに従って開発するためのコストを下げることができます。また、協調的な設計開発を支援することもできます。さらに、プロジェクトが予定されたとおりに進むことは、チームにとって大きな自信になります。設計開発チームは最適なガイドラインに従うことで、モデルの正当性・変更管理・一般的な設計開発の原理を維持することができます。

スクリプト

 

Enterprise Architectではワークフロースクリプトを定義し、こうしたポリシーやガイドラインに厳密に対応することができます。プロジェクトの管理者はスクリプトを定義し、設計者がモデルを作成・活用する方法を管理することができます。

例えば、セキュリティ(アクセス権)の管理やモデルの利用方法・変更状況の把握などが可能になります。さらに、スクリプトによって、アクセス権や所属しているグループを考慮しながら各設計者がモデル要素を変更する権利を制御することができます。

スクリプトの初期化

プロジェクトが開かれると、現在のユーザーおよび所属するグループに対応してワークフローエンジンが自動的に初期化されます。

このユーザーとグループの情報は、モデルを誰が参照可能で、誰が編集可能であるかを決定します。事前に指定されたイベントが発生すると、ユーザー名・アクセス権・要素の名前やバージョンなどのプロパティを元にスクリプトエンジンが初期化されます。

スクリプトの実装

ワークフロースクリプトでは変更管理やアクセス権・モデルの評価についてのルールを定義します。

もし設計者がルールに反した変更を行おうとした場合には、その変更処理が却下されます。設計者はなぜその変更が却下されたのかを知ることができます。また、処理はログとして記録されます。このログ情報はポリシーの見直しや改善に役立ちます。

このような機能によって、人間の間違いを減らし、適切にプロジェクトが管理されている状態を維持することができます。

 

注意:

  • ワークフローの機能はコーポレート版以上で利用できます。
  • ワークフローの機能を利用する場合には、セキュリティ(アクセス権)機能を有効にしなければなりません。
  • ワークフロースクリプトの作成・編集などの管理のためには、ワークフローの管理のアクセス権が必要です。ただし、このアクセス権が有効なユーザーに対しては、ワークフロースクリプトは実行されません。スクリプトの内容にかかわらず、常にバージョン・状態などの値は編集可能です。ワークフロースクリプトを適用するユーザーは、このアクセス権を無効にしてください。

 

 

参照: