インストールと設定

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > Proクラウドサーバの利用 > 有償ライセンスで利用できる機能 > WebEA >

インストールと設定

Proクラウドサーバは標準的なWindowsインストーラのパッケージとして提供されます。インストール時の既定のインストール先は、64ビットOSの場合には C:\Program Files (x86)\SparxSystems Japan\Pro Cloud Server\WebEA\ となります。

 

クラウドサービスのインストールおよび設定については、クラウドサーバについてのドキュメントをご覧ください。

 

注意:

なお、インストールするマシンに、既存の(無料の)クラウドサーバやWAN高速化サーバがインストールされている場合には、Proクラウドサーバのインストール前にアンインストールしてください。

 

 

WebEA サーバのシステム要件

WebEAサーバを動作させるための必要条件は次の通りです。

 

 

インストールの手順

WebEAをインストールするには、いくつかの手順を実行する必要があります。環境によっては、いくつかの手順については実行する必要がない場合や、権限を持つ他の人が実施する必要があるかもしれません。なお、Proクラウドサーバはすでにインストール済みで、正常に動作していると仮定します。

 

#

操作方法

1

Proクラウドサーバ上に存在するモデルについて、WebEAから利用可能とするモデルを決めます。

また、同時に下記の点についても確認・検討します。それぞれのモデルについてのオプションが決まります。

  • 対象のモデルでは、セキュリティ(アクセス権)の機能が有効になっているかどうか
  • モデルの利用者にユーザーIDとパスワードを入力させるかどうか
  • 要素のディスカッションを参照可能にするかどうか
  • 要素のディスカッションを追加可能にするかどうか
  • 新しい要素を追加可能にするかどうか、追加可能にする場合、どの種類を追加可能にするか
  • 要素に関する補足情報を追加可能にするかどうか、追加可能にする場合、どの種類を追加可能にするか
  • 要素のノート欄を編集可能にするかどうか
  • テスト項目を編集可能にするかどうか
  • 担当者と作業の割り当てを可能にするかどうか
  • ウォッチリストの既定値をどうするか

2

手順1で利用すると決めたモデルについて、Enterprise ArchitectからProクラウドサーバ経由で問題無く参照・利用できるかどうかを確認します。

(参考:ポートの設定

3

手順1で利用すると決めたモデルについて、データベースマネージャから 'Pro Features' のオプションを有効にします。Proクラウドサーバに付属するデータベースマネージャを利用してください。

(参考:プロジェクトの追加

ヒント:

購入したライセンスキーの情報を、以下のような形で追記してください。

LICENSE={00000000-0000-0000-0000-000000000000}

4

SSProCloud.configファイルにおいて、'OSLC_SUPPORT' の設定を「1」に変更します。WebEAから利用するすべてのポートに対して設定してください。

ヒント:

以下のようにOSLC_SUPPORTの項目を編集し、OSCL機能を有効にます。

OSLC_SUPPORT=1

5

Windowsサービス 'Sparx Systems Professional Cloud' を再起動し、変更した内容が反映されるようにします。

6

手順1で利用すると決定したプロジェクトについて、 'Enable extended OSLC interface for WebEA' のオプションが選択されていることを確認します。

'Sparx Systems Cloud Services Configuration Client'で、Configureボタンを押し、 'Enable extended OSLC interface for WebEA' にチェックが入っているかどうか確認します。

7

WebサーバでPHPが利用できるように、必要に応じてダウンロード・インストールします。

ヒント:

Apache/PHPを利用可能な、よく利用されているパッケージにXAMPPがあります。WebEAの利用に必要なコンポーネントを全て含み、Windows, Linux, MacOS Xで動作します。WebEAは、XAMPPのバージョン7.1.1でテストを行い、問題無いことを確認済みです。

注意:

WebEAはXAMPPのインストール中のApacheとPHPのみを利用し、MySQL, FileZilla Mercury, Tomcatなど他のコンポーネントは必須ではありません。これらのコンポーネントはインストールしないように設定してください。

8

Webサーバを設定し、WebEAのページが表示されるようにしてください。具体的な手順は、利用するWebサーバによって変わります。

一般的には、WebEA用のWebサイトを新しく作成し、ポート番号を指定します。また、外部からの不適切な利用ができないように設定します。

 

ヒント:

XAMPPの既定の設定では、Webサーバの既定のポートは80です。また、ファイルは 'C:\xampp\htdocs' に格納されます。このフォルダにはいくつかのファイルが含まれていますが、WebEAではこれらのファイルは利用しません。

9

WebEAの全てのファイル ('C:\Program Files (x86)\SparxSystems Japan\Pro Cloud Server\WebEA\') をWebサイトのフォルダにコピーします。

 

ヒント:

'C:\Program Files (x86)\SparxSystems Japan\Pro Cloud Server\WebEA\' のフォルダごと、 'C:\xampp\htdocs' の中にコピーしてください。

更新インストール時の注意:

WebEAフォルダ内の設定ファイル \includes\webea_config.ini  および \includes\webea_strings.ini は、上書きしないように気をつけてください。

10

WebEAのインストールフォルダ (既定値では'C:\Program Files (x86)\SparxSystems Japan\Pro Cloud Server\WebEA\') にあるすべてのファイルを、Webサイトに対応するフォルダにコピーします。

注意:

WebEAの\includes\ フォルダについては、PHPからのみアクセス可能とし、外部から内容を参照できないように制限することを強くおすすめします。このフォルダには重要なファイルが含まれています。例えば、Apacheの設定ファイルでは以下のように設定します。

 <Directory "{website_path}/includes">

 AllowOverride none

 options none

 Require all denied

 </Directory>

必要なファイルを全てコピーしたら、Webサーバを再起動します。

ヒント:

XAMPPの場合には、コントロールパネルから再起動できます。

11

手順の1番での決定事項に沿って、 \includes\webea_config.ini  ファイルを編集します。

WebEAの設定ファイルに詳細は「WebEAモデルの設定」ページをご覧ください。

ヒント:

  • 'C:\xampp\htdocs\includes\webea_config.ini'の内容を編集し、また'SSCS_'で始まる設定を設定済みのクラウドサーバを参照するように設定してください。
  • 過去にバックアップしたiniファイルがあり、同じ内容で復元する場合にはそのファイルをそのまま利用して設定を再利用できます。

12

サーバとは異なるマシンから、Webブラウザで http://{yourwebserver}/login.php を開きます。WebEAの最初の画面が表示されれば、Webサーバに関する設定は成功しています。この画面に表示される内容はwebea_config.iniファイルで設定した内容になります。

13

以下、追加の情報です。:

  • 必要に応じて、異なるWebサイト(サブディレクトリ)を作成し、異なる設定・異なるプロジェクトを利用可能にすることもできます。例えば、あるグループには http://{yourwebserver}:180/ で利用するようにし、別のグループには URL http://{yourwebserver}:200/ で利用するようにすることもできます。
  • ファイアウォールの設定を確認し、WebサーバとEnterprise Architectの間の通信が遮断されないようにしてください。
  • Proクラウドサーバが別のマシンにある場合には、ファイアウォールの設定を確認し、WebサーバとProクラウドサーバの間の通信が遮断されないようにしてください。

 

 

HTTPS と SSL

SSLを利用する場合で、自己証明の証明書を使う場合の注意事項は、こちらのページをご覧ください。

 

 

プロジェクトの設定

項目

説明

プロジェクトのオプションの

設定

Enterprise Architectのプロジェクト内の情報は、WebEAで直接表示可能な形式では保存されていません。そのため、WebEAでモデルの内容を表示する場合には、モデルの内容が変更された際に自動的に表示可能な形式のデータを生成するように設定する必要があります。

Enterprise Architectを起動して対象のプロジェクトを開き、「ホーム」リボンの「画面と設定」パネルにある「オプション」ボタンをクリックし、「プロジェクト」ボタンを押してください。プロジェクトのオプションダイアログのクラウドグループの「データの自動生成」の内容が、設定が必要な項目となります。

 

 

「ダイアグラムの保存時に画像マップを自動的に生成」の設定は、ダイアグラムの内容を変更し保存した際に、Webで参照可能なデータを自動的に生成し、プロジェクト内部に保持します。

「付属ドキュメント保存時にHTMLを自動的に生成」の設定は、同様に要素の付属ドキュメントを変更し保存した際に、Webで参照可能なデータを自動的に生成し、プロジェクト内部に保持します。

これらの設定が無効の場合、WebEAで内容を表示することができません。

既存のプロジェクトをWebEAで参照可能にする場合には、最初に「生成」ボタンを押し、既存の内容のデータを生成してください。このボタンを押さないと、変更していない内容については、Enterprise Architectから変更されるまではWebEAから参照ができません。

 

(参照:プロジェクトに保存されるオプションワーカープロセス

ユーザーIDの作成と利用

WebEAでアクセス権(セキュリティ)の機能を利用する場合には、以下のいずれかを選択することができます。

  • それぞれのユーザーごとのユーザーIDとパスワードを使う。この場合は、Enterprise Architectでプロジェクトを開く場合と同じような動作です。
  • WebEA側の設定によっては、すべての利用者が同じユーザーIDを利用することとし、入力を省略することもできます。

(参照:ユーザーの管理)

 

 

謝辞

WebEAは以下の既存のコンポーネントを利用しています。WebEAを迅速・効率的な実現に大きく貢献した、これらのコンポーネントの作者に感謝いたします。

 

 

参照: