ユーザーガイド

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > Proクラウドサーバの利用 > 有償ライセンスで利用できる機能 > WebEA >

ユーザーガイド

WebEAを利用することで、Enterprise Architectで作成したモデルをEnterprise Architectの画面とは異なる形式で参照することができます。モデルの内容を参照するだけでなく、コメントを追加することもできます。参照は、パソコン(PC)からだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスから参照することが可能で、Enterprise Architectのインストールは不要です。モデルの参照にはインターネットに接続できる環境さえあればどこからでも参照できます。そのため、特に利害関係者や顧客が内容を参照する際にとても便利です。また、プロジェクトの管理のためのEnterprise Architect独自の要素である問題点・変更点等の要素を作成したり、ユースケースやコンポーネントなどの設計に関する要素を追加することもできます。

 

また、モデルの一部に対してアクセスを制限することもできます。これにより、それぞれの利用者は自分に関係がある内容のみを参照し、その内容のみに集中することができます。Enterprise Architectからモデルを変更した場合には即時に反映されますので、古い内容を参照しているというようなことはありません。

 

WebEAはモデルを参照するインターフェースです。Webブラウザを利用して簡単に利用できます。

 

利用手順:

WebEAのサーバ名やポート番号などを、Webブラウザのアドレス欄に入力してください。

 

一般的なWebEAのサーバへのパスの指定例は次の通りです。

     http://demo.sparxpublic.com

 

WebEAのサーバはIPアドレスで指定することもできます。また、ポート番号を変更している場合には、ポート番号の指定も必要です。

     http://11.22.33.44:800

 

Webサーバ側の設定で、サブディレクトリに配置している場合には、その位置の指定が必要です。

     http://11.22.33.44:800/WebEA/

 

 

内容を正しく入力していれば、WebEAのログイン画面が表示されます。

 

 

この画面には、利用可能なモデル名が一覧で表示されます。利用するモデルにチェックを入れてください。

 

 

謝辞

WebEAは以下の既存のコンポーネントを利用しています。WebEAを迅速・効率的な実現に大きく貢献した、これらのコンポーネントの作者に感謝いたします。

 

 

参照: