バージョン管理の利用 

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > 変更管理 > バージョン管理 >

バージョン管理の利用

ここでは、Enterprise Architectでバージョン管理機能を利用する場合の、一般的な手順について説明します。これらの機能は パッケージのバージョン管理に関するサブメニューから呼び出すことができます。

 

 

ガイド:

項目

説明

バージョン管理の基本設定

最初に、Enterprise Architect内でバージョン管理機能を利用するためのバージョン管理の設定を行う必要があります。

この設定は、プロジェクトに対して設定を行います。この設定を行うことで、パッケージに対してバージョン管理を適用することができます。

パッケージの設定

パッケージの中身をバージョン管理するためには、パッケージの設定ダイアログから、設定済みのバージョン管理と結びつける必要があります。

一括コミット

一括コミットの機能を利用すると、指定したパッケージの子パッケージまで含めて、まとめてコミット操作を実行できます。

一括チェックアウト

 

一括チェックアウトの機能を利用すると、指定したパッケージの子パッケージまで含めて、まとめてチェックアウト操作を実行できます。

パッケージのコミット

コミットの機能を利用すると、パッケージ内の編集内容をバージョン管理ツールにコミットします。

パッケージのチェックアウト

バージョン管理されているパッケージの内容を編集するためには、パッケージをチェックアウトしなければなりません。

チェックアウト機能を呼び出すと、対象のパッケージをチェックアウトし、編集可能な状態になります。

チェックアウトの取り消し

チェックアウトの取り消し機能を実行すると、チェックアウト後に行った全ての変更内容を破棄し、チェックアウト前の状態に戻すことができます。

別のユーザーが作成したパッケージを追加し共有

バージョン管理されているパッケージで、現在のプロジェクトに含まれないパッケージを、簡単に取得して現在のプロジェクト内で参照・編集できるようにすることができます。

バージョン管理の一括適用

指定したパッケージに含まれる全てのパッケージを対象に、まとめてバージョン管理対象のパッケージに設定することができます。

バージョン管理されているパッケージ構成の出力

バージョン管理されているパッケージ構成をまとめて別のプロジェクトに移す際には、階層管理ファイルを利用すると効率的です。

出力したパッケージ構成の読み込み

出力した階層管理ファイルを読み込むことで、バージョン管理されているパッケージの構造をまとめて読み込むことができます。

バージョン履歴の参照

バージョン管理されているパッケージは、過去のバージョンの状態を取得・参照することができます。

また、場合によっては過去のバージョンをチェックアウトし、過去のバージョンに対して編集を行い最新のバージョンとして保存することもできます。

パッケージの状態の確認

指定したパッケージを対象に、バージョン管理ツールとの接続が適切に行われているか、プロジェクトファイル側で保持している状態が適切かどうかを確認することができます。

バージョン管理されているパッケージの状態の全更新

プロジェクト内のすべてのバージョン管理パッケージを対象に、チェックアウト・インなどの状態が適切かどうかを確認し、必要に応じて状態を正しい値に更新することができます。

 

注意:

  • バージョン管理ツールに対しての入出力処理には時間がかかる場合があります。特に、パッケージ内に多くのパッケージや要素が含まれている場合には多くの時間がかかります。パッケージの階層構造がある場合には、個々のパッケージをバージョン管理の対象とすることをお勧めします。入れ子になっているパッケージのバージョン管理の項目もご覧ください。
  • 複製の機能とバージョン管理機能の両方を利用することは極力避けてください。
  • また、バージョン管理されているXMIファイルを、Enterprise Architectから編集する以外の方法で内容を更新することは極力避けてください。Enterprise Architectがパッケージの状態を認識できず、バージョン管理機能が利用できなくなる場合があります。

 

 

参照: