ダイアグラム

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 >

ダイアグラム

 

ダイアグラムは要素を配置し、要素間の関係を接続という形で表現するための場所です。

 

Enterprise Architectでは、すべての種類のUML/SysMLダイアグラムをサポートし、独自の拡張をしたダイアグラムもサポートしています。ダイアグラムはパッケージに格納されます。また、要素の子として配置される場合もあります。ダイアグラムはパッケージから別のパッケージへと移動させることができます。

 

ダイアグラムに配置され、利用される基本的な要素は次の通りです。

 

 

ダイアグラムの作成

ダイアグラムを新規に作成し、その中に要素を配置する作業を進める中で利用できる、さまざまな機能があります。

 

 

 

ヒント:

ダイアグラムの内容が小さくて読みづらい場合には、以下の方法で内容を拡大表示することができます。

  • [Ctrl] キーを押しながらマウスのホイールを回転させる
    (この方法での変更は、他のダイアグラムには影響しません。他の人が別のマシンから対象のダイアグラムを開いた場合にも、拡大して表示されます。)
  • Enterprise Architectのウィンドウの右下付近にあるスライダで拡大する
    (この方法の場合には、設定を実行したマシンでは、他のダイアグラムも同じ拡大率で表示されます。他の人が表示する際の拡大率には影響しません。)

 

ダイアグラムの内容は、以下の方法でスクロールすることができます。

  • 縦方向: マウスのホイールを回転させる
  • 横方向: [SHIFT] キーを押しながらマウスのホイールを回転させる
  • 縦横自由: マウスのホイールボタンを押しながらマウスを移動する