複数言語

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > プロジェクトオプション >

複数言語

モデル内の要素などが複数の言語で表現される場合に、どの言語の情報を持つのか、自動的に翻訳するかどうかを指定することができます。

 

複数言語の機能を利用する場合には、このプロジェクトオプションのページで設定することが必要です。自動翻訳についての設定も行うことができます。また、自動翻訳した内容を参照のみとするか、編集可能とするかを指定することもできます。

 

複数言語に関する設定を変更した場合には、対象のプロジェクトを再読み込みしてください。

 

 

利用手順:

リボン

ホーム > 画面と設定 > オプション > プロジェクト > 複数言語

 

設定項目

項目

説明

有効

このチェックボックスにチェックを入れることで複数言語の機能が有効になります。

翻訳ツール

自動翻訳機能を利用する場合には、自動翻訳のエンジンを設定します。Proクラウドサーバ上のプロジェクトの場合でコーポレート版以上の場合には、MicrosoftおよびGoogleの選択肢が表示されます。

複数の言語についての入力欄を表示するが自動翻訳を利用しない場合には、「手動」を選択して下さい。

ノートを自動翻訳

ノートの内容が変更された場合に自動的に自動翻訳を実行する場合には、このチェックボックスにチェックを入れてください。チェックを入れない場合で自動翻訳機能が有効になっている場合には、ノートを右クリックして翻訳を実行した場合のみ自動翻訳機能が呼び出されます。

 

自動翻訳に関する機能の動作が適切に動作しているか確認できるまでは、このチェックボックスのチェックを外しておき手作業でその結果を確認することをお勧めします。

自動翻訳したノートを編集可能にする

このチェックボックスにチェックを入れることで、自動翻訳したノートの内容を編集することができます。チェックを入れない場合、自動翻訳した結果は参照のみとなります。

ノートの内容を編集した場合には、それ以降は自動翻訳で更新されなくなります。必要に応じて、手作業で自動翻訳を適用する必要があります。

登録タグ(APIタグ)

必要に応じて、利用する自動翻訳エンジンに渡すAPIタグを指定します。

登録キー(APIキー)

利用する自動翻訳エンジンに渡すAPIキーを指定します。

主言語

ノートサブウィンドウやノート欄に入力する既定の言語を指定します。この内容は、自動翻訳の実行時に翻訳エンジンに渡されます。

利用言語

複数言語として利用する言語にチェックを入れてください。設定した言語について、名前・別名・ノートを追加指定できます。

閉じる

このボタンを押すと変更内容を保存しダイアログを閉じます。

 

 

注意:

  • 自動翻訳の機能を利用するためには、Proクラウドサーバのバージョン4.1以降と、コーポレート版以上のエディションのEnterprise Architectが必要です。
  • 要素として用語が定義されている場合で、その用語が自動翻訳の対象に含まれる場合には、用語部分を翻訳の対象外にしたり特定の翻訳用語を割り当てることができます。この場合には、自動翻訳機能へ渡される文字列が変わります。

 

 

参照: