モデルブラウザのリソースタブ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > リファレンス情報 >

モデルブラウザのリソースタブ

モデルブラウザ内のリソースタブはモデル要素やスクリプト・ドキュメントなどのツリーを含みます。 このタブからドキュメントのテンプレートやコード生成テンプレート・テンプレートなどを利用することができるようになります。

モデルブラウザ内のリソースタブは現在のプロジェクトに追加された要素やパターンを保持し、再利用や情報の追加に利用できます。

 

 

利用手順:

リボン

  • ホーム > 画面と設定 > 共有 > リソース
  • プロジェクト > リファレンス情報 > リソース

キーボード

Alt+6

 

 

注意:

  • Enterprise Architectのコーポレート版以上でセキュリティ(アクセス権)を有効にしている場合、「リソース」タブの内容を編集するために「リソースの構成」の権限が必要です。
  • リソースタブの多くのグループについては、右クリックしたコンテキストメニューからヘルプを呼び出すことができます。

 

 

詳細:

項目

説明

ドキュメント生成

ドキュメント生成テンプレートのフォルダには、以下のような多数のフォルダが含まれています。それぞれのフォルダに格納されているテンプレートについて、さまざまな機能を呼び出すことができます。

 

  • ショートカット - このフォルダには、ドキュメント生成機能のダイアログで作成したドキュメント定義のショートカットが保存されます。ショートカットを右クリックして、定義した内容のドキュメントを生成することができます。そのほか、右クリックメニューから削除やグループの定義などが可能です。
  • 既定のテンプレート - このフォルダ以下には、Enterprise Architectが既定で提供しているテンプレートが含まれています。これらのテンプレートを右クリックし、テンプレートの内容を表示したり、コピーして新しいテンプレートを作成したりすることができます。  
  • ユーザーテンプレート - このフォルダには、「テンプレート」「テンプレート部品」「表紙」「スタイルシート」「目次」の1つのフォルダが含まれます。独自に作成したテンプレートが、その種類に応じてこれらのフォルダのうちの1つに格納されます。テンプレートを編集したり、コピーしたりすることができます。既存のテンプレートについては、右クリックして表示されるメニューから、名前の変更や移動・削除を行うことができます。

 

ヒント:

ショートカットを追加する場合には、ドキュメントの生成ダイアログにある「ショートカットとして保存」ボタンを押します。すると、指定した名前のショートカットが追加されます。このショートカットを右クリックすることで、ドキュメントを生成したり、生成したドキュメントをを開いたりすることができます。

付属ドキュメント

このフォルダには、付属ドキュメントのテンプレートが格納されます。このテンプレートは、Enterprise Architectが既定で提供するテンプレートの他、ユーザーが独自に定義するテンプレート・MDGテクノロジーが提供するテンプレートなどが含まれます。子これらのテンプレートを元にして、独自の新しいテンプレートを作成することもできます。

また、テンプレートをグループでまとめて管理することもできます。グループの割り当てを変更することもできます。

カスタムドキュメント

カスタム ドキュメントのフォルダには、要素に対してカスタム ドキュメントを生成するために利用できるユーザー定義のテンプレートが格納されます。カスタムドキュメントのタブで要素を選択し、適用するテンプレートを指定すると、ドキュメントが自動的に生成されます。

HTMLドキュメント

このフォルダ内のテンプレートは、HTMLドキュメントの生成の際に選択できます。新しくHTMLテンプレートを作成する場合には、フォルダを右クリックして HTMLテンプレートの作成 を選択して下さい。テンプレート名を入力すると、テンプレートエディタが起動し内容を編集できます。既存のテンプレートについては、右クリックして表示されるメニューから、名前の変更や移動・削除を行うことができます。

(参考:HTMLテンプレートHTMLテンプレートで利用可能なタグ

MDGテクノロジー

プロジェクトに読み込まれているMDGテクノロジーファイルを表示します。

このフォルダを右クリックして「テクノロジーの読み込み」を実行することで、MDGテクノロジーのXMLファイルを読み込むことができます。

  • プロジェクトに読み込みを選択すると、このモデルブラウザ内のリソースタブのフォルダに表示され、このプロジェクトでのみ利用可能となります。
  • 実行中のマシンに読み込みを選択すると、読み込みを実行した利用者では他のプロジェクトでも利用できますが、他の利用者は利用できません。

 

MDGテクノロジーがプロファイル・パターン・コード生成テンプレートなどを持つ場合には、それぞれサブフォルダが表示され、その中に表示されます。必要に応じて、それぞれの個々の項目を参照・利用することもできます。

 

プロジェクトに読み込んだMDGテクノロジーが不要になった場合には、右クリックして削除することができます。

MDGテクノロジーをプロジェクトに読み込んだ場合、プロジェクトを開くたびに読み込みます。そのため、MDGテクノロジーの内容が大きい場合には、プロジェクトを開く処理時間が延びる場合があります。

(参考:MDGテクノロジーの管理

モデルパターン

モデルパターンのフォルダには、モデルテンプレートと同じような内容を独自に作成し追加することができます。

(参考:パターンの読み込み

マトリックスプロファイル

マトリックスプロファイルは全ての定義された関係マトリックスのプロファイルが含まれています。

ダブルクリックすることで、保存された設定と関連するパッケージの情報を含んだ関係マトリックスを表示することができます。

(参考:マトリックスプロファイルの作成

XSLスタイルシート

XSLスタイルシートのノードにはXSLスタイルシートを読み込むことができます。読み込んだ後は、そのXSLスタイルシートをモデルの出力ダイアログにおいて一覧から利用することができます。

もし出力時にそのXSLスタイルシートを選択した場合には、Enterprise Architectでは生成されたXMIをファイルに保存する前に、XSLスタイルシートを適用します。これによりXML出力を簡単に変形させることができます。

UMLプロファイル

プロファイルを利用すると、既存のUML要素を拡張し、独自の要素や接続を定義・利用することができます。

読み込んだプロファイルはフォルダ内に表示され、内容の参照や定義された要素の作成が可能です。また、不要なプロファイルを削除することもできます。

 

プロファイルの内容が更新された場合に、作成済みの要素に対してタグ付き値や制約の定義を更新することもできます。

(参考:モデルブラウザ内のリソースタブ内のUMLプロファイル)

パターン

複数の要素やその要素間の関係などをまとめたパターン(テンプレート)です。GoFのデザインパターンがその著名な例です。

 

注意:

セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、リソースの管理のアクセス権が必要です。

 

 

参照: