スクリプト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト >

スクリプト

 

Enterprise Architectのスクリプト機能を利用すると、さまざまな追加機能を簡単に定義して利用することができます。スクリプト機能は、JavascriptとMicrosoft JScipt/VBScriptの形式が利用できます。スクリプトの中では、"Repository"オブジェクトを利用して、開いているモデルの内容を参照・編集することができます。また、スクリプトをデバッグすることもできます。

 

 

利用しているスクリプトエンジン

 

 

利用できる言語

 

スクリプト機能を利用すると、以下のようなことが実現できます。

 

 

スクリプトのグループ

 

スクリプトはグループと呼ばれるパッケージに格納して管理します。

グループには種類を指定する必要があります。グループの種類を指定することで、スクリプトを利用できる場面が決まります。

 

 

既定のスクリプトの保管場所

最初のグループは常に Local Scriptグループです。ここには、全てのプロジェクトで共通に利用できるサンプルスクリプトおよびEnterprise Architectの定数を定義しているインクルードファイル(定義ファイル)が格納されています。

このグループにはスクリプトを追加したり、編集したり、削除したりすることはできません。

このグループのスクリプトは、Enterprise Architectのインストールディレクトリの下のScriptsディレクトリに含まれる内容が表示されています。

 

 

スクリプトを利用する

スクリプトの管理はスクリプトサブウィンドウで行います。このサブウィンドウは「アドイン・拡張」リボン内の「ツール」パネルにある 「スクリプト」で実行できます。スクリプトサブウィンドウには次の項目が含まれます。

 

 

Local Scriptグループ以外のグループはすべてユーザーが作成したグループとなり、自由に作成・削除できます。

ユーザーが作成したグループはすべてプロジェクト内に保存され、他のプロジェクトでは利用できません。必要に応じて、スクリプトエディタからファイルとして保存したり、リファレンス情報として出力し別のプロジェクトで利用することができます。

 

 

注意:

  • この機能はコーポレート版以上で利用できます。

 

 

参照: